fc2ブログ

咲来駅 ~かつて音威子府開拓の中心だった地~

音威子府駅から宗谷本線を旭川方面へ南下して4.6km、一駅目に咲来駅がある。中川郡音威子府村字咲来に所在、咲来と書いて”さっくる”と読ませる難読地名、その由来について角川日本地名大辞典より引用して紹介。
『古くはサクルー・サクル・サツル・パンケサクル・パンケサツルなどともいい、作留とも書いた。大正元年咲来駅開設により咲来の表記が確立。地名は、アイヌ語のパンケサ・ルー(下流の夏路の意)に由来する(北海道蝦夷語地名解)。かつてパンケサックル川沿いにアイヌがオホーツク海側と往来していたことを物語る。江戸期の松浦武四郎「丁巳日誌」に「パンケサツル」「ヘンケサツル」が見える。』

明治37年(1904)パンケサックル駅逓所(翌年に常盤駅逓所と改称)を開設、同38年(1905)から入植が始まり、同40年(1907)咲来簡易教育所(後に咲来尋常小学校)を設置、同41年(1908)咲来団体地区に奈良・富山・秋田の団体が移住してきた。同44年(1911)東北帝国大学農科大学(現 北海道大学)付属天塩第1演習林看守所を設置、大正元年(1912)鉄道院宗谷線(現 宗谷本線)恩根内駅~音威子府駅間が延伸開通し咲来駅開業、天塩第1演習林看守所が派出所に改称し同3年(1914)上音威子府へ移転したが、鉄道開通により農作物や木材の集散地として市街地が繁栄、大正中期の商業関係20軒(内3軒が旅館)、大正12年(1923)には市街地に75戸・338人を数えた。

昭和10年(1935)に咲来の住民は253世帯・1591人(市街地は81世帯・458人)、同22年(1947)咲来中学校開校、同25年(1950)咲来石炭の採掘が始まるも同32年で終了する。同35年(1960)には266世帯・1364人(市街地は118世帯・490人)を数え市街地は最盛期を迎えるが、昭和40年代に入ってから離農が急増して同45年(1970)には21世帯・106人まで減少し過疎化が進む。昭和57年(1982)咲来駅の貨物取扱い廃止、同59年(1984)2月に荷物扱いが廃止され、11月には旅客業務の駅員を配置しない無人駅となった。

無人化後に木造駅舎が解体され貨車駅舎を設置、時期がはっきりしないが1990年代前半に貨車駅舎を撤去し現在の待合所が設けられた。JR北海道の調査(H28~R2の5ヶ年平均)で乗車人員1日平均1名以下の「極端にご利用の少ない駅」とされ廃止の危機にあったが、2021年度より地元自治体(音威子府村)による維持管理に移行した。




空中写真_咲来_CHO779-C8B-4_1977(昭52)
空中写真データ:国土地理院 整理番号CHO779-C8B-4を基に作成
昭和52年(1977)撮影、咲来駅周辺の空中写真。当時は千鳥式に配された相対式ホーム2面2線と、青っぽい屋根の木造駅舎を有する駅構造。天塩川の川岸に咲来小学校があった。


咲来駅_1980年代後半
1980年代後半に撮影した貨車駅舎時代の咲来駅。


咲来駅
旧駅前広場より咲来駅。現在は単式ホーム1面1線に待合所を有する無人駅。


咲来駅
ちょうど15:59発稚内行普通が到着。


咲来駅
列車の扉が開くも乗降客は無し。


咲来駅
次の音威子府駅へ向けて発車。


咲来駅
少々劣化気味の駅名標。


咲来駅08
駅名標より名寄方面。


咲来駅
稚内方面乗車口より名寄方面。


咲来駅
ホームより稚内方面。


咲来駅
待合所内には石油ファンヒーターらしき暖房を設置。


咲来駅
トイレも完備。


咲来駅
出入口。


咲来駅
鉤の手に配された待合ベンチ。


咲来駅
ベンチ上に駅ノート。


咲来駅
きっぷ運賃表。


咲来駅
発車時刻表。


咲来駅
何となく明るい雰囲気を感じる待合所だ。


咲来駅前
駅前には旧日本通運咲来営業所の建物がポツンと残る。


咲来駅前02
旧日本通運咲来営業所は夏場にライダーハウスとして再活用されている。


咲来駅
基礎を残す木造駅舎跡。


咲来駅
駅無人化後に木造駅舎が撤去され貨車駅舎を設けていた。


咲来駅
駅舎跡より稚内方面。


咲来駅前
咲来駅より駅前通り。


咲来駅前
音威子府側線路沿いにブルーシートに覆われる貨車が置いてあった。


咲来駅前
個人所有地のようで立入禁止。不法侵入者は警察に通報するとの警告が。なのでこれ以上近づけません。


咲来小学校跡
昭和52年(1977)撮影の空中写真に見えていた咲来小学校跡に。現在は天塩川の河川敷と堤防となって消失している。


咲来小学校跡
今は”楢の大樹の碑”が設置されて往時を偲ぶのみ。


咲来小学校跡
”楢の大樹の碑”


咲来市街
咲来市街より駅前通り(駅方面)。


咲来市街
かつては商店や旅館が軒を連ねた咲来市街だが、今も営業を続ける商業施設は無い。


咲来小学校
現在の咲来小学校。昭和60年(1985)咲来中学校跡地(1982年閉校)に校舎を新築、天塩川沿岸より移転してきた。


咲来小学校
校門のプレート。


咲来小学校
咲来小学校は平成19年(2007)に廃校、それから15年の月日が流れたが「思い出 感動 夢ありがとう 咲来小学校」の看板を今も掲げている。


咲来小学校
かつて子供たちが走り回ったであろう名残り雪のグランド。


咲来小学校
静寂に包まれたグランドから校舎を眺め、咲来を後に。


訪問日:2022年5月3日(火)
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP
24日目(2016/10/9)島田宿→藤枝宿 MAP
25日目(2016/12/24)藤枝宿→岡部宿 MAP
26日目(2017/3/19)岡部宿→丸子宿→府中宿 MAP
27日目(2017/5/6)府中宿→江尻宿 MAP
29日目(2017/11/4)由比宿→蒲原宿 MAP
30日目(2018/2/11)蒲原宿→吉原宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター