FC2ブログ

三枚橋から須雲川左岸を歩いて小田原へ


【2019年5月2日(木)旧東海道 箱根宿→小田原宿】
箱根八里の難所越えを果たし、三枚橋から須雲川左岸を小田原へ向かって歩む。その道中にある山崎という地は、慶応4年(1868)に起きた戊辰戦争局地戦の一つ、箱根山崎の戦いと呼ばれる古戦場で、旧幕府遊撃隊と小田原藩を先鋒とする新政府軍がここで交戦した。この一戦で遊撃隊長の伊庭八郎は左手を失ないながらも、最後の箱館戦争まで新政府軍に抗戦、隻腕の剣客として知る人も多いことだろう。少々話は逸れるが、この遊撃隊に加わっていた林忠崇をご存じだろうか。上総国請西藩(現 千葉県木更津市請西)の藩主でありながら、自ら脱藩して家臣を引き連れ遊撃隊に参陣したという異端の人物。藩主が脱藩してまで薩摩・長州に抗戦した例は後にも先にも例がない。私的には非常に興味がそそられる人物、いずれ請西藩の旧地を訪ねたい。




三枚橋北詰
三枚橋北詰。現在は国道1号から神奈川県道732号が分岐する地点だが、かつては右折が小田原へ向かう旧東海道、左折すれば江戸期に開かれた箱根七湯に続く七湯道だった。


三枚橋北詰
三枚橋北詰を右折し須雲川左岸を小田原へ向かう。


国道1号 湯本
須雲川左岸に延びる国道1号。その横を小田急ロマンスカーが走り抜けてゆく。


国道1号 湯本
歩道の防護柵には大名行列を模した粋な飾りが。江戸期には数多くの大名行列がここを往来したことだろう。


国道1号 湯本
広く山肌を削って通される国道1号。江戸期とは随分と地形や道は異にしているのだろう。


山崎の古戦場碑
国道1号から旧東海道が左に分岐。この辺りが山崎と呼ばれる地で、その分岐点に山崎の古戦場碑がある。


山崎の古戦場碑
山崎の古戦場碑。「明治維新の際 官軍東上ノ途 此地ニ於テ 伊庭八郎等ノ殉幕浪士ト遭遇 激戦の後 是を撃破セリ」と刻む。箱根振興会の建立。


旧東海道 山崎
山崎の集落を行く旧東海道。


山崎の石仏
山崎の集落内に残る小さな石仏。


牛頭天王神社
山崎の東外れ、箱根登山鉄道下を潜り抜けて牛頭天王神社へ通じる参道の入口。ここは湯本村の村人たちが疫病退散を祈願して祀った神社である。


牛頭天王神社
牛頭天王神社の参道石段。明治26年(1893)に石段を敷設したときの記録によれば、石段の数は118段もあるらしい。今日のところは参拝を控えよう…。


旧東海道 山崎
山崎の集落を過ぎ、ここで旧道は国道1号に合流する。写真は合流地点から京・箱根方面。その合流点には”箱根町交通安全都市”のモニュメント。


旧東海道 入生田
上の写真地点から国道1号を150m程進むと再び旧道が左に分岐して現れる。


駒ノ爪橋跡
駒ノ爪橋跡。左手路傍にある解説板によれば、天保年間(1830~44)に書かれた『新編相模国風土記稿』の入生田村の頁に、「駒留橋 東海道中湯本村界の清水に架す。石橋なり。長3尺(90cm)幅2間(3.6m)、両村の持。橋上に頼朝卿馬蹄の跡と云あり。旅人此橋に足痛の立願す。」と、載っていると説明する。つまり、駒ノ爪橋には源頼朝が乗る馬蹄の跡が残っており、旅人が足が痛まないよう祈願していたらしい。


駒ノ爪開渠
橋跡近くを流れる沢。そこを渡る箱根登山鉄道の橋は、駒ノ爪開渠と名付けられている。


入生田踏切
旧道を進んで入生田踏切。


旧東海道 入生田
踏切を越えれば入生田の町並み。


入生田駅
箱根登山鉄道の入生田駅。


山神神社参道
入生田の旧東海道から山神社参道が延びる。


山神神社
そこそこに石段を登れば入生田の山神神社。


山神神社
山神神社拝殿。


長興山紹太寺総門跡
東海道に面して建てられていた長興山紹太寺総門跡。ドイツ人の博物学者ケンペルが、元禄4年(1691)江戸へ向かう途次、この総門を見て「金張りの文字のついた石造りの門が立っている」と『江戸参府紀行』に書き残している。


長興山紹太寺総門跡
総門跡の道路脇に残る石。総門に使われていたものといわれる。


長興山紹太寺
江戸時代初期に小田原藩主稲葉氏の菩提寺だった長興山紹太寺。元は小田原城下の山角町(現 南町)にあったが、寛文9年(1669)2代藩主稲葉正則が当地へ移転させ、現在の寺号を称して父母と祖母春日局の霊を弔った。往時は広大な寺域に七堂伽藍を配する黄檗宗関東一の寺院だったが、安政年間と明治初年の火災で焼失。紹太寺の法灯は難を逃れた子院の清雲院が継いだ。今も大きな寺域を持ち、境内裏手には稲葉氏一族と春日局の墓がある。


松樹王の刻銘石
境内にある「松樹王」の刻銘石。入生田と風祭の東海道筋境にあった境界石で、左側面に「長興山境」とあり寺領を示していた。往時には7箇所あったと伝わり「長興山の七つ石」とも言われたという。


馬五郎橋
入生田から風祭の集落に入り、万松院川を馬五郎橋で渡る。この橋の西詰が風祭一里塚跡で、解説板が設置されているのだが見逃した。
風祭一里塚は江戸日本橋から21里(約82km)、京三条大橋からは92番目で実測約432km地点(七里の渡しを27.5km、天竜川池田の渡し迂回分を+2kmとして測定、薩埵峠上道ルートによる)にあたる。


風祭駅
箱根登山鉄道の風祭駅。


旧東海道 風祭
風祭駅付近、箱根病院前を行く旧東海道(江戸・小田原方面)。


旧東海道 風祭02
風祭の集落。江戸期の風祭村は小田原藩領で、小田原宿の助郷を務めた。


妙覚寺
日蓮宗妙覚寺。


郷の詩碑
風祭の集落東外れ、旧東海道沿いにある「郷の詩」碑。

舟出して 港も近き 里の名はげに 白浪の 風祭かな 行こうか板橋 もどろか箱根 思案の涙橋


君田島踏切
君田島踏切を渡ったところで国道1号に合流。上を小田原厚木道路が通る。


日蓮聖人思親の地
君田島踏切横から延びる登山道。入口に「日蓮聖人思親の地」を掲げる冠木門が立つ。日蓮聖人が象ケ鼻の巨石に上り、遠く故郷の房総を望み両親を偲んだ。そして曼荼羅本尊を書き、石宝塔を建て、仏を刻んで安置し、病から民衆を救済すべく祈願したという。


君田島踏切
君田島踏切を列車が通過。


象ケ鼻
台地が須雲川に突き出た地点を、鉄道と国道が所狭しと通されている。この突き出た台地が象ケ鼻と呼ばれている場所らしい。江戸期にはそこそこの難所だったことが想像できる。


国道1号 上板橋
象ケ鼻の西麓で国道1号から旧道が左に分かれる。


三界万霊塔
旧道入口にある三界万霊塔。


宗福院地蔵堂(板橋地蔵尊)
象ケ鼻西麓の旧道筋にある宗福院地蔵堂(板橋地蔵尊)。古くから”板橋のお地蔵さま”と呼ばれ周辺地域で信仰を集めた。当地では死者が出た時、その家族や縁者が3年間にわたりこの地蔵尊に参詣する習俗があり、縁日(毎年1月と8月の23・24日)に参詣すると故人に似た人に必ず会えるとの伝えがある。


内野邸
板橋の旧東海道筋にある内野邸。3代100年近くに渡って醤醸造業を営んだ店舗兼住宅で、明治36年(1903)に建てられた。


旧東海道 板橋
下田豆腐店(とうふ工房)前より板橋の町並み(京・箱根方面)。


下田豆腐店
下田豆腐店にあった貼り紙。「本年3月30日をもちまして100余年の下田豆腐店の幕を閉じる事になりました」と書かれており、最近になって廃業したらしい。醤油醸造業の内野家と歴史の長さはほぼ同じ。こういった老舗の店が消えるのは残念なことだ。


板橋の牛頭天王
板橋の牛頭天王。板橋村の住人が疫病退散を祈願し牛頭天王を祀った神社。地元古老の記憶では明治43年(1910)に建立したと解説版にあり。


旧東海道 板橋
牛頭天王への参道入口、旧東海道沿いにある建物。レトロな洋風建築と土蔵が並び建ち、和洋折衷な感じ。


廣瀬畳店
こちらも老舗感たっぷりの廣瀬畳店。


旧東海道 板橋
板橋の東外れ。先に見える東海道新幹線の高架橋を潜り抜ければ小田原宿京方入口の板橋見付跡だ。


FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP
24日目(2016/10/9)島田宿→藤枝宿 MAP
25日目(2016/12/24)藤枝宿→岡部宿 MAP
26日目(2017/3/19)岡部宿→丸子宿→府中宿 MAP
27日目(2017/5/6)府中宿→江尻宿 MAP
29日目(2017/11/4)由比宿→蒲原宿 MAP
30日目(2018/2/11)蒲原宿→吉原宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター