FC2ブログ

駿河の旅もいよいよ佳境

【旧東海道歩き 第33日目】沼津駅→沼津宿→三島宿→三島駅



【2018年9月16日(日)旧東海道 沼津宿→三島宿】
久々に旧東海道歩き。沼津宿から三島宿へ向かう。沼津宿を東見付跡から出た旧東海道は、狩野川右岸を進んで下石田・木瀬川に。黄瀬川を渡れば長かった駿河国の旅もいよいよ佳境、行政区域は沼津市から清水町となり、八幡・新宿を経ていよいよ伊豆国の三島宿に入る。新宿と三島宿の境が駿河国と伊豆国の境で、境川という小さな川が流れている。




平町一里塚跡
約4ヶ月ぶりに沼津宿江戸方外れの平町一里塚跡に。


日枝神社
まずは平町に鎮座する日枝神社へ。旧東海道から延びる参道は山王通りに分断されている。


日枝神社
日枝神社で本日の道中安全祈願。


平町一里塚跡
日枝神社から平町の一里塚に戻り、次の三島宿へ向けて歩みを進めよう。


平作地蔵尊
狩野川畔の旧東海道筋、黒瀬橋近くにある平作地蔵尊。


平作地蔵尊
平作地蔵尊がある場所は日本三大仇討の一つ、鍵屋の辻の決闘(伊賀越の仇討ち)ゆかりの地で、仇討ちを果たす渡辺数馬が妻とした”お米”の実家の茶屋跡。”お米”の父平作は自身の命をかけて仇である河合又五郎の行方を聞き出した。人々はその義侠心に心打たれ、平作地蔵尊を建立したという。


浪人川排水機場
平作地蔵尊の東側、浪人川と狩野川の合流部にある浪人川排水機場。


旧東海道 浪人川付近
浪人川付近の旧東海道。


狩野川
旧東海道に並行して狩野川が流れているが、現在は堤防に上らないと水面を望めない。


狩野川
川岸には黒い鳥の群れ。カワウだろうか。


旧東海道 沼津市大岡
狩野川右岸、東へ延びる旧東海道。


富士隠れ坂跡
富士隠れ坂。往時は切通しの急坂だったが、現在は均されて面影を残さない。北側に見えていた富士山が、切通しによって姿を隠したことに坂名の由来がある。


東海道道標
富士隠れ坂跡にある東海道道標。駿府へ十五里。


下石田バス停
下石田バス停。


旧東海道 東下石田交差点付近
東下石田交差点付近、県道380号線から旧道が右斜め方向に分かれる。


沼津領傍示石
下石田村と木瀬川村の境だった地点、沼津領傍示石が残る。


沼津領傍示石
沼津領傍示石。「従是西 沼津領」と刻む。ここから西側が水野家5万石の沼津藩領だった。


これより木瀬川
これより木瀬川。ここで沼津藩領を出るわけだ。


潮音寺
木瀬川(現 沼津市大岡)にある亀鶴山潮音寺。


亀鶴姫の碑
潮音寺境内にある亀鶴姫の碑。平安時代末期、木瀬川村の長者小野氏に亀鶴姫という一人娘がおり、駿河の三美人といわれる程に才色兼備の女性だった。亀鶴姫は幼き頃に両親と死別、18歳のときに源頼朝が”富士の牧狩”の宴に再三召すが応ぜず、黄瀬川上流の百沢の滝に身を投げたという。小野氏の遺財で碑が建てられ、亀鶴山観音寺を建立、明治12年(1879年)に廃寺となった後に当地へ移転した。

み佛の 深きめぐみぞ 頼みなる 身は瀧きつ瀬の あわと消ゆとも

亀鶴姫が残した辞世の一首。


旧東海道 沼津市大岡(木瀬川)
沼津市大岡(木瀬川)を行く旧東海道。


大岡の八幡神社
木瀬川の南側に鎮座する八幡神社。


黄瀬川橋
沼津市と清水町の境を流れる黄瀬川。


黄瀬川橋
黄瀬川に東海道(静岡県道145号)を通す黄瀬川橋。


智方神社
黄瀬川橋を渡ってすぐの北側、清水町長沢に鎮座する智方神社。


智方神社のクスノキ
智方神社のクスノキ。清水町で最大の樹木。足利方に敗れ殺害された護良親王(後醍醐天皇の皇子)の御首がここに葬られ、その目印にクスノキが植えられたと伝わる。小説家井上靖が沼津中学校への通学時、この木の下で休んでいたともいう。


長沢の松並木
清水町長沢に残る松並木。


対面石八幡神社参道
旧東海道(静岡県道145号)に面する八幡神社の参道入口。本日は例大祭前日で、宵宮祭が開かれるようだ。


対面石八幡神社
清水町八幡に鎮座する八幡神社。ここが地名の由来になっているのだろう。


対面石
八幡神社境内にある対面石。治承4年(1180年)平家と源氏が富士川を挟んで対峙したとき、源頼朝と奥州から駆け付けた義経が、この2つの石に腰かけて対面したと伝わる。


八幡バス停
旧東海道(静岡県道145号)筋の八幡バス停。


旧東海道 清水町八幡
清水町八幡を行く旧東海道。


宝池寺の一里塚
清水町八幡から伏見に入ってすぐ、伏見一里塚。


玉井寺一里塚と宝池寺一里塚
伏見一里塚は江戸日本橋から29里(約114km)、京三条大橋からは85番目で実測約403km地点(七里の渡しを27.5km、天竜川池田の渡し迂回分を+2kmとして測定、薩埵峠上道ルートによる)にあたる。両塚が現存しており、玉井寺側(写真手前)は往時のまま、宝池寺側(写真奥)が昭和60年(1985年)に改修されている。


白隠の遺墨
玉井寺に残される”白隠の遺墨”。


宝池寺
宝池寺門前にある伏見一里塚。


伏見南バス停
伏見南バス停。


大野商店
伏見南バス停近くにある大野商店。旧商家を感じさせる佇まい。


清水町新宿の常夜灯
清水町新宿の常夜灯。弘化3年(1846年)建立、秋葉大権現と富士浅間宮を刻む。


千貫樋交差点
千貫樋交差点。ここが清水町新宿の東端。


境川橋
清水町と三島市の境に架かる境川橋。下を境川が流れる。ここがかつての駿河国と伊豆国の境。


境川と千貫樋
境川橋より境川上流。建物の間、奥に見えるコンクリート橋が千貫樋である。千貫樋については次の記事で改めて紹介しよう。


境川橋
境川と境川橋。ここで長かった駿河の旅は終わり。


FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP
24日目(2016/10/9)島田宿→藤枝宿 MAP
25日目(2016/12/24)藤枝宿→岡部宿 MAP
26日目(2017/3/19)岡部宿→丸子宿→府中宿 MAP
27日目(2017/5/6)府中宿→江尻宿 MAP
29日目(2017/11/4)由比宿→蒲原宿 MAP
30日目(2018/2/11)蒲原宿→吉原宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター