原宿

【2018年5月4日(金)旧東海道 原宿】
1200px-Tokaido53_Hara.jpg
東海道五十三次之内原 朝之富士
ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「原宿」より引用

江戸日本橋から東海道五十三次を13宿目、京都三条大橋から41宿目となる原宿。浮島ヶ原に地名の由来があるとされる。天保14年(1843年)当時の人口1939人、家数398軒、うち本陣1、脇本陣0、旅籠屋25軒。当初は東町に脇本陣を設けていたが天保9年(1838年)の大火で焼失、以来脇本陣は無く、幕末の一時期に香貫屋・若狭屋の旅籠が脇本陣を務めた。宿場は西町・東町・大塚町で構成され宿内町並み東西11町(約1.2km)、西見付外に六軒町、東見付外に大塚新田の家並みが続く。臨済宗中興の祖、白隠禅師の出生地で、宿内には白隠禅師ゆかりの旧跡が多くある。名物は鰻の蒲焼と白酒。広重は「東海道五十三次之内原 朝之富士」の題で、泰然自若に聳える富士を背景に浮島ヶ原を往来する旅人の様子を描いた。




原・一本松一里塚跡
一本松から原地区に入って間もなく、原・一本松一里塚跡がある。江戸日本橋から33里(約130km)、京三条大橋からは82番目で実測約390km地点(七里の渡しを27.5km、天竜川池田の渡し迂回分を+2kmとして測定、薩埵峠上道ルートによる)にあたる。


静岡県道163号 原
丸山牛乳店付近、旧東海道(県道163号)。かつて原・一本松一里塚の東側は問屋新田のという地名を称した。


沼川第二放水路
沼川第二放水路を越えて。


静岡県道163号 原
旧東海道(静岡県道163号)の道幅が急激に狭くなる。これは松並木がここまで続いていた名残り。ここから先が旧六軒町の家並み。


原宿西木戸跡
原宿京方入口の西木戸跡。


高嶋酒造
宿内に入って間もなく、右手に高嶋酒造。原の地酒”白隠正宗”の醸造元。


安泰山徳源禅寺
安泰山徳源寺参道。


徳源寺本堂
徳源寺の境内地は源頼朝が巻狩りで当地を訪れた際に陣屋を置いたとされ、御殿場という地名を残している。


安泰山徳源寺02
翌日は子供の日、「徳源寺子安地蔵尊大祭」が開かれる。


原宿
徳源寺参道入口付近、原宿の町並み。


本陣渡邉家跡
旧原宿西町にある本陣渡邉家跡。阿野全成(源義朝七男、義経の兄で頼朝の異母弟)の子孫である渡邉家は、代々平左衛門を名のり原宿の本陣をはじめ問屋・年寄・名主を務める名家で、明治元年(1868年)には明治天皇が東幸の折に御小休された。6600坪の広大な敷地を持つ本陣だったが、今や昔の感で往時の様子を伺い見ることはない。


原宿問屋場跡
キムラ手芸店の場所が問屋場跡。


昌原寺
龍守山昌原寺。日蓮宗で一塔両尊を本尊に祀る。徳川家康の側室お万の方(養珠院)が開基し、大仙院日燿上人の開山。


帯笑園
昌原寺参道東側にある帯笑園(たいしょうえん)。原宿の素封家、植松家の庭園があった場所で、幕末から明治期にかけて街道一の名園と讃えられた。ドイツ人医師で博物学者のシーボルトも紀行文の中で絶賛している。現在、敷地は半分となり多くの花卉名木が失われたが、沼津市により景観の復元整備が進められている。


原宿高札場跡
浅間神社前、ここが高札場跡。


浅間神社
旧原宿西町に鎮座する浅間神社。


興国寺城通り
旧東海道の原交番東交差点より北へ延びる興国寺城通り。この直線道の突き当りに興国寺城跡がある。後北条氏の祖、北条早雲が居城にしたとされる。


白隠禅師誕生地
白隠禅師誕生地。白隠禅師(1685~1768)は名を慧鶴、号を鵠林と称し、臨済宗中興の祖。19歳から32歳まで全国行脚の修行を経て、原宿の松蔭寺住職となり全国各地で禅宗の教えを広めた。「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠」と称えられた。


白隠禅師産湯の井戸
白隠禅師誕生地に残る産湯の井戸。ここは白隠禅師の母の生家”味噌屋”があった場所で、後に父が長澤家を分家して”沢潟屋(おもだかや)を名のった。


白隠禅師誕生地
白隠禅師の碑。


西念寺
地元で”天神さん”と呼び親しまれる西念寺。鎌倉時代に時宗開祖である一遍上人の弟子、素現和尚により開創。往時は山門や観音堂等もあったが、延宝年間(1673年~81年)に堂宇焼失、明治26年(1893年)鉄道火災で本堂が類焼した。現在の本堂は大正15年(1926年)の再建。


西念寺天満宮
西念寺境内にある天満宮。白隠禅師が幼少の頃に日々参拝したと伝わる。


松蔭寺
西念寺の東隣りにある松蔭寺。かつて白隠禅師が住職を務めていたことから、地元では”白隠さん”と呼び親しまれる。境内に白隠禅師ゆかりの”すり鉢の松”があったが、平成22年(2010年)に枯死して伐採されたという。現在は二代目があるらしいが、訪問時にそれを知らず見ていない。


松蔭寺境内
松蔭寺境内。


松陰寺墓地より富士山
松陰寺墓地より夕闇が迫る富士を望み。


長興寺
海上山長興寺。”こんぴらさん”と呼び親しまれる。松蔭寺と同じく臨済宗。江戸時代中期に松蔭寺に参集した修行者たちの宿坊だったと伝わる。松蔭寺とここ長興寺を繋ぐ小路は白隠道と名付けられていた。


白隠禅師の旧宿坊
長興寺境内西辺、白隠道の路傍に「白隠禅師の旧宿坊」碑がある。


清梵寺参道
”お地蔵さん”と呼び親しまれる清梵寺の参道。ここですっかり日が暮れてしまったので、本日の歩き旅は終いに。みます屋食堂から漏れる灯りが眩しい。


【旧東海道歩き 第31日目】吉原本町駅→吉原宿→原宿→原駅 歩行距離約20km
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP
24日目(2016/10/9)島田宿→藤枝宿 MAP
25日目(2016/12/24)藤枝宿→岡部宿 MAP
26日目(2017/3/19)岡部宿→丸子宿→府中宿 MAP
27日目(2017/5/6)府中宿→江尻宿 MAP
高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター