信州上田城の夜桜

以前から浜松城の次は上田城に行こうと決めていた。今年の大河ドラマ”真田丸”を見ている方に説明は不要と思うが、浜松城は徳川家康が元亀元年(1570年)から天正14年(1586年)までの居城、上田城は真田昌幸が天正11年(1583年)から慶長6年(1601年)まで居城としており、徳川と真田が家を守るため、互いに深謀遠慮をもって敵味方となり戦国の世を生き抜いた時代に本拠としていた両城である。上田城下では天正13年(1585年)に第一次上田合戦、慶長5年(1600年)関ヶ原合戦直前に第二次上田合戦があり、真田昌幸はいずれも徳川を退けている。上田城は真田が天下にその名を知らしめた城、今年は大河ドラマの主要な舞台であり、城址に設ける大河ドラマ館には連日多くの観光客が押し寄せている。いつ行くの?今でしょ!ちょっと古いか…。




上田駅
上野駅から長野新幹線に乗車して約1時間半、上田駅に到着。さすがは真田が本拠とした地、駅舎に飾る六文銭に目が引かれる。


科野大宮社
まずは上田駅から城とは逆の南東方向へ。城下南東端辺り、科野大宮社から旧北国街道を歩き城下を散策しよう。


科野大宮社と旧北国街道
科野大宮社と旧北国街道。ここ境内前の街道筋に上田宿東入口となる木戸と番所を設けていた。


旧北国街道 常田
旧常田村(現 上田市常田2丁目)を行く旧北国街道。正面に虚空蔵山を望む。上田城下南東端にあたる常田(ときだ)の地は城下囲八邑の一村。鎌倉時代に常田庄と呼ばれ、真田昌幸が上田城築城後に屋敷割をして町を形成した。


毘沙門堂
常田にある毘沙門堂。岩門の大日堂で寺子屋を開いていた活文禅師が、文政12年(1829年)ここへ移り寺子屋を続け生涯を終えた。活文禅師に教えを受けた一人に佐久間象山がいるという。


北国街道 横町
旧北国街道は長野県道79号で突き当り丁字路を右折。県道沿いに続く横町(現 上田市中央2丁目)の町並み。


日輪寺
横町と常田町の境にある日輪寺。真田家の祖先、海野幸義によって天文14年(1545年)建立された。


宗吽寺
海堂山宗吽寺。日輪寺の北隣にある。上田藩主千石氏と松平氏の祈願所だった。


宗吽寺石幢
宗吽寺境内の石幢。陰刻銘より南北朝時代の作とわかっているが、月形の窓は後世の改変。台石も後世に補われたもの。


北国街道横町
横町の旧北国街道(長野県道79号)。横町という町名は海野町から南に折れた街道筋に町家を並べたことから。海野町が発展するにつれ町家が増加し、横町に町家が形成されるに至った。横町と北側の鍛冶町に寺が多くあるのは、城下町防備のためだといわれる。


旧北国街道海野町
横町交差点を西に曲がれば海野町(現 上田市中央2丁目)。真田昌幸が上田城築城の際、海野郷(現 東御市本海野)より住民を移住させて形成した商人町。原町寄りの南側に上田宿本陣柳沢太郎兵衛家があった。


高市神社
商店街の一角にある海野町の市神、高市神社。海野町では当初1・6の日に六斎市を開いたが、享保9年(1724年)3・5の日に変えられた。市神は市商いの繁盛を祈願して祀られた。


運の石
高市神社に祀る運の石。ご神体の代わりに九度山(真田昌幸と信繁の配流地)から移した神石で、これを撫でれば良運を授かるという。”海野”と”運の”で語呂を合わせているようにも思えるが、真相は定かでない。


旧北国街道 海野町
海野町の西端、中央2丁目交差点。直進すれば上田城追手口、枡形を設け番所を置いた。旧北国街道はここを右へ曲折して原町(現 上田市中央3丁目)に。


旧北国街道 原町
原町の旧北国街道。上田城下で最初に形成された町が海野町と原町で、上田宿の中心をなした。原町は上田城築城の際、原之郷(現 上田市真田町本原)より住民を移住させたのがはじまり。問屋場を置き代々滝沢助右衛門家が務めた。


原町市神
原町市神社。社殿は明治12年(1879年)の再建。


原町問屋場跡
原町にあった問屋場、滝沢助右衛門家跡。蕎麦処太平庵の北隣で、現在は駐車場。


池波正太郎真田太平記館
問屋場跡の北側にある池波正太郎真田太平記館。


猿飛佐助像
真田太平記館前にある猿飛佐助像。城下の所々に真田十勇士像が見られる。


蛭沢川
原町の北端を流れる蛭沢川。旧北国街道(国道141号)を横切っている。


北国街道 木町
中央3丁目交差点の西側、木町(現 上田市中央4丁目)の町並み。旧北国街道は原町方面の奥から左の小路に曲折し、木町北隣の柳町へ続く。


木町橋と蛭沢川
木町の中央を縦断する蛭沢川。現在は木町橋が架かる。江戸時代にはここを境に東側が商人町、西側が武家屋敷だった。


北国街道 木町
木町橋より木町西側の町並み。かつて木町橋袂には木戸が設けられ木町口と称した。


霧隠才蔵像
柳町入口にある雲隠才蔵像。真田十勇士を探しながらの城下町散策も楽しい。


柳町の縁結び地蔵
柳町入口の縁結び地蔵。水琴窟を据える。新居宿の旅籠紀伊国屋で心地よい音色を楽しんだ水琴窟、再びこんなところでその音を聴くことができるとは。


北国街道 柳町
上田城下の最大の見どころ、柳町(現 上田市中央4丁目)へ。太郎山を背景にして往時の面影を残す商家が並ぶ。


岡崎酒造
見事な酒林を軒先に吊るす岡崎酒造。寛文5年(1665年)創業。主力銘柄は”亀齢”。

岡崎酒造
http://www.ueda.ne.jp/~okazaki/


森田屋
軽食喫茶店の”森文”。卯建を持つこの商家は明治9年(1876年)の建築で、元は森田屋の屋号で呉服商を営んだ。


北国街道 柳町
柳町の北端、旧北国街道は左に折れ、直進すれば上田大神宮に至る参道。


おお西
旧北国街道から上田大神宮参道が分かれる十字路南東角にある蕎麦屋”おお西”。こだわりの手打ち信州そばを堪能できる名店らしい。ここは江戸末期に年寄役の小宮山滝兵衛家跡で、小宮山家は大正期に製糸工場を経営。明治から大正期にかけて”蚕都上田”と呼ばれ、蚕糸業が盛んな時代があった。上田紬は今も上田が誇る伝統工芸の一つ。


保命水
蕎麦屋”おお西”の建物際で水を落とす保命水。この水は上田城鬼門を守る海善寺から湧出する水を引く。


神宮橋と上田大神宮
柳町から北、神宮橋の先には上田大神宮が鎮座。


菱屋
柳町の十字路北西角にある菱屋。武田味噌の直売所。


北国街道 柳町
矢出沢川に架かる緑橋から柳町方向。ここが柳町と紺屋町の境。


蛭沢川
柳町の西側を流れる蛭沢川。川岸に柳が多くあったことから柳町の名がついたとか。


緑橋
緑橋の先は紺屋町(現 上田市中央4丁目)。海野郷の染物業者金沢氏がこの地に移って町が成立、それに伴い紺屋職人が移住したことが町名の由来。


泉屋
紺屋町にある泉屋。 解説板によれば、文政9年(1826年)紺屋町大火後、上田藩が職人町再建のため海野宿より移設した建物で、泉屋小泉弥重が藍染め工房に利用、天保9年(1838年)から米・大豆・小豆・塩等を商う穀屋に。明治になって蚕種の製造販売をはじめ、蚕種製造と養蚕指導員を各地に派遣する「益蚕社」本店として第二次大戦中まで使用された。屋根に見える煙出しは蚕種製造のため明治期に付け加えられたもの。


八幡宮
紺屋町より八幡宮に向かって延びる参道。この八幡宮は上田城鎮護のため真田昌幸が海野郷より移したといわれる。


紺屋町口跡
紺屋町西端、城下西入口の紺屋町口跡。木戸を設け北側街道筋に番所を置いていた。ここより西側は鎌原(かんばら)村となるが、江戸末期には紺屋町西隣が町場化して下紺屋町と呼ばれ、紺屋町は上紺屋町とも称された。


旧北国街道 鎌原
鎌原の旧北国街道。上田城下北側に位置する鎌原(現 上田市中央西1丁目)の地は城下囲八邑の一村。真田昌幸が上田城築城時、太郎山麓付近の新屋等から住民を移して村を形成した。


和田龍酒造場
明治20年(1887年)創業の和田龍酒造場。

和田龍酒造場
http://www.wadaryu.com/


鎌原で城下散策は終わり。上田城址へ夜桜見物に向かおう。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

上田城址

上田城の夜桜を堪能した翌日、真昼間の上田城と桜はもちろんのこと、”真田丸”の大河ドラマ館を見ておきたい。まずはドラマの主人公真田信繁(幸村)の父昌幸が本拠とした上田城を概説。上田城は千曲川の支流、尼ヶ淵北側の河岸段丘上に城域を持ち、本丸を取り囲むように二の丸、更に外側の東側に三の丸、西側に小泉曲輪を配する縄張りで、梯郭式と呼ばれる平城。城郭の南側を流れる尼ヶ淵が天然の水濠をなす。上田城が築城されるに至ったきっかけは、天正10年(1582年)に起きた本能寺の変。織田信長が本能寺に斃れて織田政権が崩壊、空白地帯となった旧武田領の甲斐・信濃・上野に周辺の徳川・北条・上杉といった有力大名が侵攻を開始、真田をはじめとする信濃国衆は生き残りをかけてどこにつくかの選択を迫られ、昌幸は北条を離反して徳川方に従属する。昌幸は上杉への抑えとして尼が淵の地に城を築くことを徳川家康に提言、上田城の建造に着手して天正11年(1583年)に完成し真田の本拠となった。天正13年(1585年)沼田領の扱いを巡って真田と徳川は意見を違え、真田は徳川を離反し上杉に通じたため、これに激怒した家康は真田討伐を開始、真田の名を世に知らしめる第一次上田合戦へと繋がっていくわけである。

真田と徳川は2度にわたって上田の地で矛を交えている。1度目は前述の第一次上田合戦、2度目が慶長5年(1600年)関ヶ原の戦い本戦直前、徳川秀忠率いる東軍3万8千が中山道を西上、西軍に与した昌幸と信繁(幸村)はこれを上田城で迎え撃ち、徳川の軍勢を退けている。これを第二次上田合戦と呼ぶ。上田の地に足止めされた秀忠率いる軍勢が関ヶ原合戦に間に合わなかったことは有名な話だ。しかし、関ヶ原の戦いは東軍の大勝に終わり、昌幸と信繁は東軍に与した信幸(後の信之、昌幸の長男で信繁の兄)等の嘆願により死罪は免れ、上田城を明け渡して高野山に蟄居。徳川にとって忌々しい上田城は徹底的に破却され堀すら埋めらてしまう。寛永3年(1626年)仙石忠政が上田城を再建、本丸に7基の櫓と2基の櫓門が建てられた。今に見る上田城は仙石氏時代のもので、真田氏時代の構造はわかっていないのが実状。大河ドラマのオープニングや本編に出てくる上田城の姿は、実のところ仙石忠政が再建した上田城が基になっている。本丸の南・北・西櫓が現存、本丸・二の丸には土塁や堀、石垣等縄張りの遺構をよく残す。




上田城二の丸東虎口
本日は上田城正面入口の二の丸東虎口から登城。


上田城二の丸堀跡
二の丸橋より二の丸堀跡南側を望む。かつて水堀だったが現在は空堀。二の丸堀の東辺は昭和2年(1927年)開業の真田傍陽線(さなだそえひせん)という鉄道が通され、おそらくこの鉄道の敷設工事で水堀が埋め立てられたのだろう。真田傍陽線は昭和47年(1972年)に廃止、写真の二の丸橋下が公園前駅跡でホームが残存している。


上田市立博物館
二の丸跡にある上田市立博物館。ここは三十三間堀の北側に辺り、かつて6棟の米蔵が建ち並んでいた。


上田市立博物館
上田市立博物館では真田氏関連特別企画展を開催中。後ほど見学しよう。


上田城櫓門・南櫓・北櫓
本丸東虎口の櫓門・南櫓・北櫓。まだ朝の8時過ぎだけに昨夜ほど観光客は多くない。


上田城南櫓と空堀
南櫓と空堀。向こうの低地が尼ヶ淵跡。


上田城内堀
内堀筋には桜が満開。


上田城櫓門・北櫓
上田城のシンボル的建物である本丸東虎口の櫓門と南・北櫓、実は明治維新後に解体されてしばらく石垣だけが残り、南・北櫓は上田遊郭へ移築し”金州楼”と”万豊楼”という遊女屋に転用されていた。昭和初期に妓楼として使われていたが廃業、東京の料亭へ売却されることになったが、市民の間で保存運動が起こったことをきっかけに保存会が立ち上がり、寄付金なども集まって櫓は買い戻され、昭和18年(1943年)から昭和24年(1949年)かけて移築再建された。両櫓を繋ぐ櫓門は平成6年(1994年)の復元。


真田石
櫓門石垣の真田石を横に見ながら櫓門を潜り抜けよう。


上田城櫓観覧券売場
上田城櫓観覧券売場で観覧券を購入し。


本丸東虎口櫓門
櫓門の内部へ。観光客が武者窓から銃口を外へ向ける。


上田城東虎口
櫓門より東虎口を望む。


上田城櫓門・南櫓
櫓門より南櫓。六文銭の羽織を着たガイドさんが観光客を案内する。


武者窓と鉄砲狭間
南櫓の武者窓と鉄砲狭間。


尼ヶ淵跡
南櫓より尼ヶ淵跡を眼下に見る。川筋は完全に消え失せているが、ここに尼ヶ淵の川水が残っていれば上田城の雰囲気をすこぶる感じるのだが…。


眞田神社
本丸に鎮座する眞田神社には今日も多くの参拝客が訪れる。


真田井戸
眞田神社本殿横にある真田井戸。本丸唯一の井戸で直径2m、深さ16.5m。抜け穴伝説はよく知られたところで、城北の太郎山麓の砦や上田藩主居館(現 上田高校)に通じていたとも。


本丸西櫓
本丸西櫓へ。


上田城本丸西虎口
本丸西側入口の西虎口。今は石垣を残すのみだが、往時ここには櫓門が構えていた。


上田城西櫓
上田城西櫓内部。この櫓だけは何故か明治維新後に解体されることなく上田城で唯一残った建物。寛永年間(1624年~44年)から現存するとみられ、建築当初の部材と姿形を残す。


本丸西虎口と西櫓
本丸西虎口と西櫓。


本丸北西隅櫓跡
本丸北西隅櫓跡より西櫓方向の土塁。


上田城本丸北西隅櫓跡
本丸北西隅櫓跡。


本丸北東隅櫓跡
本丸北東隅櫓跡。本丸の鬼門にあたる北東隅には2棟の櫓が設けられていた。本丸と二の丸の北東隅を切り欠き凹ませているのは鬼門除けのため。京都御所の築地塀にも見られる手法。


上田城本丸・櫓門
本丸を櫓門から出て真田丸大河ドラマ館を見に行こう。


真田丸大河ドラマ館
二の丸に設ける真田丸大河ドラマ館。入場券を買い求める観光客が長蛇の列をなして並ぶ。私は宿泊先のホテルルートイングランド上田駅前に予約した際、入場券付プランを選択したことが功を奏した。休日ならば事前に入場券を入手しておくことがおススメ。


真田丸大河ドラマ館
大河ドラマ館に展示する赤備えの甲冑。館内はほとんど撮影禁止で、これだけは撮影可だった。大河ドラマのクライマックスであろう”大坂夏の陣”のシーンで、この甲冑を身にまとい家康本陣へ突撃する堺雅人を見れることだろう。


上田招魂社
大混雑でゆっくり見ることもままならない大河ドラマ館を出て、二の丸にある上田招魂社へ。戊辰戦争、日清・日露戦争、大東亜戦争で国のために命を捧げた英霊を祀る。ちょうど祭礼日だったよう。


二の丸西虎口水堀跡
二の丸西虎口南側の水堀跡。右手が小泉曲輪跡。


上田城百間堀跡
二の丸西虎口北側の百間堀跡。野球場になっている。


小泉曲輪跡
上田城址散策の最後は尼ヶ淵跡から上田城を見ておこう。ここは小泉曲輪南辺の段丘崖。現在は駐車場になっているが、尼ヶ淵の川水が迫っていたことを想像できよう。


尼ヶ淵の崖
二の丸南辺の段丘崖。


尼ヶ淵の崖
段丘崖には3層の地層が見られる。上から上田泥流層(火山が崩壊した土砂等が堆積)、火砕流由来層、染屋層(川の作用で砂礫が堆積)。写真に見える横筋の切れ目が火砕流由来層で、ここがもろく崖が崩れてしまう恐れがあったため、享保18年(1733年)から石垣を築いて川の浸食から守った。


尼ヶ淵跡
上田城と尼ヶ淵跡。やはり上田城はここからの眺めが一番いい。


尼ヶ淵跡と本丸南櫓
尼ヶ淵跡は芝生広場となり赤備えの甲冑を着用して記念撮影する観光客も。


尼が淵と本丸西櫓
尼ヶ淵跡と本丸西櫓。


上田城址芝生広場
尼ヶ淵跡の芝生広場では何かのショーのリハーサル中。


上田市観光会館
上田城址を出て大手通りに。写真は上田市観光会館前より二の丸方面。追手口から二の丸にかけての大手通り筋は江戸時代に上級武士の屋敷が並ぶ武家町だった。


清明小学校(御中屋敷跡)
三の丸にあった御中屋敷跡の西辺。右手は清明小学校で敷地の大部分が御中屋敷跡にあたる。かつては水堀と土塁を周囲に巡らしていた。仙石政俊在城時の正保4年(1647年)に作成された絵図に古屋敷とあることから、真田氏時代に築かれた屋敷地だったようだ。仙石藩政末期には作事場として使用されていたらしい。


大手通り
追手門跡と二の丸東虎口跡を結ぶ大手通り。この沿道は上級武士の武家屋敷が並び新参町と呼ばれた。現在の上田市大手1丁目・2丁目。


上田藩主居館(御屋敷)表御門跡
表御門の向こうは上田高等学校の敷地と化すが、往時は真田氏をはじめに仙石氏、松平氏と続く上田藩主の居館跡で、”御屋形”と呼ばれた。


上田藩主居館(御屋敷)跡
寛政2年(1790年)建築の表門は重厚で威厳を感ずる薬医門。今を盛りに咲く桜と、水堀には使命を終えた花びらが集まり表門を上下から桜色に彩る。


上田藩主居館(御屋敷)跡の水堀
白壁の土塀、水堀に桜、藩主居館らしい景観を残す。


上田藩主居館(御屋敷)跡の水堀
上田藩主居館(御屋敷)跡の水堀。


上田藩主居館(御屋敷)裏門跡
上田高等学校の正面入口は居館裏門跡にあたる。


真田太平記館
上田散策の最後は真田太平記館を見学に。池波正太郎作品の世界観を満喫。


野沢菜のおやき
東京へ向かう新幹線車内にて。千本桜祭り期間中に設けられる上田城真田茶屋で買った”おやき”。


野沢菜のおやき
やっぱ”おやき”は野沢菜が一番!


撮影日:2016年4月10日(日)
真田を訪ねる旅、次は年内中に松代へ行きたい。
FC2ブログランキング

テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター