中山道よ・・・去らば。

【旧日光街道歩き 第1日目】日本橋→千住宿→草加宿



【2009年5月2日(土) 旧日光街道 日本橋→千住宿 道中】
五街道の起点である日本橋。ここから中央通りを南へ行くと旧東海道・旧甲州街道への道筋であり、北に行けば旧日光街道・旧中山道への道筋である。今回の歩き旅は旧日光街道の行く先、日光東照宮を目指す。まずは日本橋から旧中山道と旧日光街道は道筋を共にするが、400メートル程で分岐点にさしかかり、旧中山道は中央通をそのまま北に進んで筋違橋跡(現 万世橋付近)方面へ、旧日光街道は日本橋三井タワーのある交差点を右折して大伝馬本町通りを浅草橋方面へ向かう。


中央通り
日本橋から北の方角、中央通りを望む。いざ!日光東照宮へ!


日光(奥州)街道・中山道分岐点
日光(奥州)街道・中山道分岐点周辺の地図。

中央通り・日本橋室町
中央通りの日本橋室町付近。写真左側の建物が日本橋三井タワー。

中央通り・旧中山道と旧日光街道の分岐点
中央通りと大伝馬本町通りの交差点。ここが江戸時代の日光(奥州)街道と中山道の分去れとも追分とも言うべき分岐点。直進する道が筋違橋(現 万世橋付近)方面へ向かう旧中山道の中央通りであり、ここを右折すれば旧日光街道の道筋である。

2年前に旧中山道を歩いていた自分の幻影が過ぎ去ってゆく。中山道よ・・・去らば!


大伝馬本町通り・日本橋本町
旧日光街道の道筋、大伝馬本町通り(昭和通りから中央通り方面を望む)。道の突き当たりに見える建物が日本銀行。江戸時代、日本銀行の敷地には金座(勘定奉行支配下にあった金貨鋳造所)が置かれ、小判や一分金の鋳造・鑑定を行っていた。江戸の昔から金融の中枢だった場所なのだ。


大伝馬本町通り・日本橋大伝馬町
旧日光街道は日本橋横山町まで大伝馬町本町通りの道筋を辿る。


浜町川跡
日本橋大伝馬町と日本橋横山町の境界にはかつて浜町川が流れていた。写真手前の交差点から次の交差点の間が浜町川跡で、埋め立てられるまでここに橋が架けられていた。この先から現金卸問屋が集う、横山町問屋街の町並みとなる。


FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

横山町・馬喰町

【2009年5月2日(土) 旧日光街道 日本橋→千住宿 道中】
旧日光街道は大伝馬本町通りから横山町大通りに名を変えて横山町問屋街へ入っていく。

現在の横山町は隣の馬喰町と共に繊維関係を主とした問屋が密集する地域であるが、江戸時代から明治時代にかけての横山町は日用品を扱う問屋街として、馬喰町は日光・奥州街道江戸入口の旅宿街として繁栄してきた。また、馬喰町は徳川家康が関ヶ原合戦の出陣前に馬揃えを行ったという初音の馬場があった場所で、歌川広重の描いた「江戸名所百景」や「江戸名所図会」で往時の様子を見ることができる。


横山町問屋街
横山町問屋街の大伝馬町側入口。


横山町問屋街
横山町大通り沿いには多くの衣料品等繊維関係の問屋が軒を連ねる。


横山町問屋街
横山町問屋街の浅草橋側入口。旧日光街道の道筋は問屋街を抜けると清杉通りを浅草橋方面へ向かう。


浅草橋交差点
清杉通りと靖国通りが交差する浅草橋交差点。すぐ先は神田川に架かる浅草橋で、右に行けば両国橋である。明暦の大火(1657年)後に両国橋西詰にあたるこの一帯は火除け地として広小路が設けられ、ここに茶屋や見世物小屋等の店が多く出て江戸有数の盛り場の賑わいをみせた。


FC2ブログランキング

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

浅草橋

【2009年5月2日(土) 旧日光街道 日本橋→千住宿 道中】
清杉通りから江戸通りに合流して神田川に架かる浅草橋を渡る。

浅草橋は今でこそ何の障害も無く渡ることができるが、江戸時代には浅草橋南詰に浅草御門(浅草見附)と呼ばれる枡形の城門が構えており、江戸城の奥州道中口を厳重に警備していた。とは言っても、大坂の役で豊臣家が滅んだ後、平和が長く続いた世の中ではそれほど厳重ではなく形式だけの城門だったのだろう。

明暦の大火(1657年)では小伝馬町の牢屋敷から囚人が脱走したという誤報により浅草御門が閉ざされてしまったため、逃げ場を失った人々が焼死・溺死して多数の犠牲者を出したという。この惨事を教訓にして大川(隅田川)に両国橋が架橋され、前述した火除け地として両国広小路が設けられた。浅草御門は明治6年(1873年)に撤去され、今は痕跡を留めていない。


柳橋
浅草橋から柳橋を望む。柳橋は元禄11年(1698年)の架橋。神田川の最下流、墨田川との合流部に位置することから当初は「川口出口之橋」と呼ばれた。新吉原へ向かう猪牙船(ちょきぶね)がここから出船していたため、吉原通いの遊興客が集い船宿や料亭が建ち並んで大いに賑わった。江戸末期から明治・大正・昭和期にかけては花街として繁栄を極め、新橋と共に「新柳二橋」と並び称されるほどだったが、今となっては柳橋花街は完全に消滅してしまい、往時の面影を見つけるのも難しい。


浅草橋
柳橋から浅草橋を望む。橋の下を流れるのは神田川で隅田川へ出る屋形船の係留地となっている。橋の左側袂が南詰にあたり、浅草御門の跡地である。


浅草橋・総武線ガード下
総武線・浅草橋駅のガード下を潜り抜けて蔵前方面へ。


FC2ブログランキング

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

蔵前・駒形

【2009年5月2日(土) 旧日光街道 日本橋→千住宿 道中】
江戸通りを蔵前から駒形へ。

蔵前はその名の通り浅草御蔵と呼ばれる幕府の米蔵があった場所で、現在の蔵前橋が架かる隅田川西岸一帯がその跡地である。浅草御蔵は元和6年(1620年)に創設され、隅田川河岸に舟入堀8本と大倉庫群を備える大規模な米蔵であり、大阪・京都二条の米蔵と共に三御蔵と称された。

駒形の地名の由来は駒形橋西詰にある駒形堂にある。今から溯ること約1400年もの昔、時は飛鳥時代の推古天皇36年(628年)のこと、漁師が江戸浦(隅田川の下流付近)にて漁の最中に観世音菩薩像を発見し、その仏像を持って上陸したのが駒形堂の地だという。この観世音菩薩像を本尊に祀るのが浅草観音こと浅草寺なのである。


浅草御蔵跡
浅草御蔵跡を蔵前橋から望む。米蔵があった痕跡は全く留めていない。


蔵前橋
蔵前橋にて。屋形船に乗るのは辰巳芸者か、柳橋芸者なのか・・・。往時の隅田川に思いを馳せて。


浅草御蔵跡碑と蔵前橋
浅草御蔵跡碑と蔵前橋。ちなみに蔵前橋の架橋は比較的新しく、関東大震災後の昭和2年(1927年)のことである。


江戸通り・蔵前
蔵前を行く江戸通り(旧日光街道)は国道6号でもある片道3車線の幹線道路。車の往来が激しい。


駒形どぜう
駒形に入ると、まず目に付くのがここ”駒形どぜう”。創業200余年の老舗であり、どぜう鍋は初代から続く名物料理。”どぜう”とはドジョウのことで、越後屋助七の発案で名付けられ暖簾となった。味は・・・今だ食したことが無いので書けません。後日また。


隅田川・駒形橋付近
駒形橋から隅田川を望む。右岸に見えるのは世に名高い”うんこビル”。とある新潟県民が東京観光に来てわざわざ写真を撮りに行ったというほどだから、今や東京名所と言っても過言ではないだろう。


駒形堂
駒形橋の西詰、江戸通りに向かって本堂が建つ駒形堂。当初は隅田川に向かっていたというが、幾多の変遷を経て現在の向きになったという。本堂は平成15年に再建されたもので、馬頭観世音を本尊に祀る。


FC2ブログランキング

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

浅草寺

【2009年5月2日(土) 旧日光街道 日本橋→千住宿 道中】
飛鳥時代に隅田川で漁師の網にかかり、駒形堂の地に揚げられた観世音菩薩像を本尊とする浅草寺。今や大勢の観光客で賑わう東京名所の一つとなっているが、その寺暦は相当古く、大化元年(645年)に勝海上人(しょうかいしょうにん)がこの観世音菩薩像を秘仏の本尊として観音堂を建立したことに起源があるという。

以来、庶民の信仰地となるのだが、鎌倉時代に将軍の篤い帰依を受けるようになると、世に名を知らしめて伽藍の荘厳さは増し、江戸時代初期徳川家康によって幕府の祈願所と定められてからは江戸文化の中心として繁栄を極めた。現在は観光地・浅草の中心となって国内外問わずの観光客で賑わい、また浅草寺の分身(明治期の神仏分離令によって分祀)である浅草神社の例大祭(三社祭り)では150万人もの人出を集める。


雷門
浅草寺参道の仲見世通り入口にある雷門。浅草といえばやはりこれでしょう。門の右に風神、左に雷神が祀られていることから正式には風雷神門という。現在の門は昭和35年(1960年)の再建で、パナソニックの創始者・松下幸之助の寄進による。


仲見世
雷門から宝蔵門にかけての参道は有名な仲見世である。観光客が溢れんばかりに賑わっていた。


浅草寺宝蔵門
朱塗りの荘厳な宝蔵門は仁王像が祀られていることから仁王門とも呼ばれる。ここを潜り抜ければ浅草寺本堂に辿り着く。現在の門は昭和を代表する実業家・大谷米太郎の寄進で、昭和39年(1964年)に再建された。


浅草寺本堂
三代将軍徳川家光が創建した浅草寺本堂は昭和20年(1945)の戦災により焼失。後の昭和33年(1958年)に再建されたのが現在の本堂である。しかし今は改修中・・・。


吾妻橋
雷門から吾妻橋方面へ向かう。うんこビルが間近に・・・見えたよ。


FC2ブログランキング

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

隅田公園

【2009年5月2日(土) 旧日光街道 日本橋→千住宿 道中】
吾妻橋西詰から江戸通りを言問橋方面へ向かう。

この辺りは江戸通りと隅田川の間に墨田公園があるので、喧騒の車道を歩くよりも公園内を歩こう。隅田川を眺望しながら緑の中を歩けて気持ちが良い。もちろん滝廉太郎作曲のあの名曲を口ずさみながら。
春のうららの隅田川~ のぼりくだりの舟人が~♪
らーららー、ららーららー♪ 
歌詞が出てこない・・・。
と、軽口はこのくらいにして、少々話は重くなる。

墨田公園の言問橋西詰に”あヽ 東京大空襲 朋よ安らかに”と刻まれた石碑がある。太平洋戦争中の昭和20年(1945年)3月、東京大空襲によってこの付近一帯は猛火に見舞われ、両岸から逃げ場を求めて人々が言問橋に殺到。惨状は凄まじく、そこに容赦なく炎と熱風が襲いかかり、ついに逃げ場を失った人々が隅田川へ飛び込み、また橋上で焼死するなど、隅田川は死体で埋めつくされたという。墨田公園はその遺体が仮埋葬された場所であり、戦争の忌まわしい記憶が残る場所なのである。今の平和な日本があることに、多くの方々の犠牲があったことを忘れてはいけない。


墨田公園
都会であることを忘れさせ、新緑が心地よい墨田公園。上野・飛鳥山ともに江戸時代から続く桜の名所である。


言問橋
墨田公園から隅田川と言問橋を望む。


戦災により亡くなられた方々の碑
戦災により亡くなられた方々の碑。自分の立っているこの地が東京大空襲という戦災の惨劇があったことを思う。


花の碑
武島羽衣作詞・滝廉太郎作曲の隅田川、いや・・・「花」の歌詞が刻まれている「花の碑」。江戸の昔も近代都市となった今も、ゆったりと流れる隅田川の流れだけは変わらないのではないだろうか。


FC2ブログランキング

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

まつちやまの聖天さん

【2009年5月2日(土) 旧日光街道 日本橋→千住宿 道中】
墨田公園から待乳山聖天と今戸神社に寄り、旧日光街道の道筋である吉野通りを北上する。

"待乳山(まつちやま)の聖天さん"と江戸庶民から親しまれてきた待乳山聖天こと、本龍院。良縁成就、夫婦円満、そして商売繁盛のご利益があるとして広く信仰を集めてきた。隅田川西岸の小高い山の上にあり、江戸時代にはここから見る隅田川の眺望が良いことから江戸名所の一つであった。歌川広重の錦絵や江戸名所図会等に描かれており、往時の様子を知ることができる。


待乳山聖天入口
待乳山聖天の登り口。標高10m程度の小さな山ではあるが、平地しかないこの辺りではちょっとだけ目立つ存在。


待乳山聖天・築地塀
江戸時代の名残を唯一とどめている築地塀(ついぢべい)。


待乳山聖天
階段を上りきった山頂に待乳山聖天の本堂が構える。


待乳山聖天からの眺め
待乳山聖天からの眺め。眼下には隅田川の流れが・・・のはずが。ここで江戸時代にタイムスリップできたらなあ・・・と、つくづく思う。


今戸神社
待乳山聖天を下りて今戸神社に寄る。江戸時代、今戸辺りには焼き物職人が多く住み、ここで作られる土器類や土人形は今戸焼と呼ばれ、江戸を代表する焼き物の生産地だった。招き猫の発祥地とも伝わる。


「沖田総司終焉の地」碑
今戸神社は幕府の御典医で新選組の良き理解者であった松本良順が居住していたことから、新選組の一番隊組長を務めた伝説の剣士、沖田総司終焉の地とも伝わる。私がもし歴史上の人物に会えるというなら、是非会ってみたい一人。新選組局長の近藤勇や副長の土方歳三は写真が残っているのに、何故か沖田総司の写真は無い。本当に美男だったのか、それとも平目顔だったのか・・・。


FC2ブログランキング

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

小塚原刑場跡

【2009年5月2日(土) 旧日光街道 日本橋→千住宿 道中】
今戸から吉野通りを北上して南千住へ。小塚原刑場跡の延命寺と回向院に寄る。

徳川家康の入府以来、江戸が城下町として、また商業町として大きく繁栄するにつれ幾多の変遷は経てきたが、江戸の仕置場(刑場)といえば鈴ヶ森刑場と小塚原刑場が特に知られている。他にも新選組局長の近藤勇が処刑された板橋刑場や八王子の方にも刑場が置かれたが、とにかく江戸の刑場といえばこの2ヶ所である。鈴ヶ森刑場は江戸への東海道入口(品川区南大井)に、小塚原刑場は江戸への日光街道入口(荒川区南千住)に置かれ、江戸時代から明治初期にかけて、磔・斬首・獄門などの刑が執行されてきた。小塚原刑場では安政の大獄で捕らえられた吉田松蔭・橋本左内・頼三樹三郎、他に有名なところでは高橋お伝・鼠小僧次郎吉などが刑場の露と消えた。


涙橋交差点
吉野通りと明治通りの交差点に泪橋の名だけが残っている。泪橋は暗渠と化した思川(二番用水)に架かっていた橋で、現在は見る影も無い。小塚原刑場に送られる罪人が涙を流してこの橋を渡り、今生の別れを惜しんだ罪人の身内が泣いて見送り・・・、そんな由来がある悲しい橋なのであった。


吉野通り・南千住駅付近
南千住駅付近の吉野通り。日比谷線・常磐線をここで越える。


延命寺と首切地蔵
日比谷線と常磐線の間の僅かな敷地にある延命寺と首切地蔵。ここが江戸時代に多くの人間(埋葬された死体は約20万人という)を処刑してきた小塚原刑場跡である。首切地蔵は寛保元年(1741年)に刑死者の菩提を弔うために建立された。


小塚原の首切地蔵
首切地蔵のアップ。どんな過酷な歴史を見てきたのでしょうか。


小塚原回向院
延命寺から常磐線を挟んだ場所に小塚原回向院がある。ここは寛文7年(1667年)、本所回向院の住職が道中の病死者や刑死者を弔うために常行堂という名で開基した寺で、安政の大獄で葬られた吉田松蔭・橋本左内・頼三樹三郎の墓や罪人の高橋お伝、鼠小僧次郎吉などの墓がある。


鼠小僧・高橋お伝らの墓
おそれながら、小塚原回向院の墓所を1箇所だけここで紹介。左から鼠小僧次郎吉、片岡直二郎、高橋お伝、腕の吉三郎の墓が並ぶ。


FC2ブログランキング

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

千住大橋

【2009年5月2日(土) 旧日光街道 千住宿】
南千住から山谷通り(コツ通り)を通って千住大橋へ向かう。

千住大橋は隅田川に架橋された最初の橋で、徳川家康が江戸へ入府して4年目の文禄3年(1594年)のことである。以後、奥州道中・水戸佐倉道等の東北方面へ行き来する大名行列や旅人の利便に供し、千住の発展に貢献してきた。隅田川の古称である大川に架かる唯一の橋だったことから、当初は単に”大橋”と呼ばれていたが、明暦の大火(1657年)以後に防災上の理由から大橋(現 両国橋)が架けられてからは、千住の冠を付して千住大橋と呼ばれるようになった。


南千住七丁目交差点
山谷通り(コツ通り)・南千住七丁目交差点。
南千住から千住大橋方面の国道4号(現 日光街道)へ続く山谷通りは、通称を”コツ通り”とも呼ばれる。”コツ”とは”骨”のことで、小塚原刑場に火葬場があったからとか、付近から大量の人骨が出土したからとか、諸説あるのだが、いずれにしても小塚原刑場に名の由来があることは間違いないだろう。


素盞雄神社
南千住・町屋・三河島・三ノ輪等、この地域一帯の総鎮守である素盞雄(すさのお)神社。境内に瑞光石(ずいこうせき)と呼ばれる奇岩が祀られており、神社創建の由緒となっている。延暦14年(795年)この奇岩が僅かに光を放ち、その光の中に素盞雄命(すさのおのみこと)、事代主命(ことしろぬしのみこと)の二神が現れたという。この二神が祭神として祀られている。


瑞光石
これが二神降臨の伝承を残す瑞光石。一見するだけでは奇岩と呼ぶほどの石でもないが、解説板によると『文政12年(1829年)編纂の”江戸近郊道しるべ”には、大橋架橋の際、この瑞光石の根が大川まで延びていた為に、橋脚が打ち込めなかったという伝承が紹介さています』とある。嘘か真か・・・真ならとんでもない巨石が土中に眠っているわけだが。


千住大橋
現在の千住大橋は関東大震災の復興事業で、昭和2年(1927年)に架橋された。近年になって国道4号(現 日光街道)の交通量が増大し、昭和48年(1973年)下流側にも橋が架けられ、上りと下り車線が分担されている。


熊野神社
千住大橋南詰、周りを民家に囲まれひっそりと佇む熊野神社。この小さな社が千住大橋とは切っても切れない関係にある。初めて千住大橋が架橋される時、当時普請奉行を務めた伊奈忠次が成就を祈願。文禄3年(1594年)橋が無事に完成すると、その残材を使って社殿を修理した。以後、橋が架け替えられる度に祈願と社殿修理が慣例となった。


千住大橋
千住大橋を渡り北千住へ。


千住大橋と隅田川
千住大橋と隅田川。旧橋の遺構と思われる木杭が、今も水中に残されているという。


FC2ブログランキング

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

千住のやっちゃ場

【2009年5月2日(土) 旧日光街道 千住宿】
千住大橋の北詰、足立市場入口交差点から喧騒の国道4号(現 日光街道)を離れ、やっちゃ場跡の旧街道を経て千住宿の中心へと向かう。

”やっちゃ場”とは青物市場を指す言葉で、昔の俗語といったところである。投師(競り人)が「やっちゃ、やっちゃ」とセリ声をかけることから、いつしか”やっちゃ場”と呼ばれるようになったという。千住のやっちゃ場の成り立ちは戦国時代末期にまで遡り、青空市が江戸期の千住大橋の架橋によって発展して市場を形成し、神田・駒込と並び江戸の三大市場と称されるまでになった。千住河原町(千住宿の千住大橋寄り)の日光街道沿道に青物問屋が軒を連ね、以来、明治・大正・昭和にかけて活況を示したが、昭和20年(1945年)第二次世界大戦による空襲で被災すると、市場の機能は橋戸町(現 東京卸売市場足立市場)へ移され、千住のやっちゃ場は姿を消した。後の昭和54年(1979年)取扱量の増大から青果部門は北足立市場(足立区入谷)に移転して今日に至っている。


千住・旧日光街道入口
旧日光街道は千住大橋を渡った先、足立市場入口交差点から国道4号を右斜めへ分岐する。


千住宿奥の細道
千住の旧日光街道入口に設けられている”千住宿奥の細道プチテラス”。松尾芭蕉が”奥の細道”への旅立ちに際して矢立て初の句を詠んだのが、ここ千住宿なのである。平成16年(2004年)、芭蕉生誕360年を記念してここに石像が建立された。

行く春や 鳥啼き魚の 目は泪



やっちゃ場跡 やっちゃ場南詰
旧日光街道はやっちゃ場跡へ入る。旧日光街道沿道に青物問屋が軒を連ねて賑わったのも、今となっては昔のことである。


投師 葛西屋 谷清・谷塚屋
旧街道の両側に往時を偲ぶ屋号が掲げられ、それぞれにやっちゃ場に関する事やそこにあった青物問屋等に関する記述があって面白い。


日光街道と大師道の分岐点 日光街道・大師道分岐02
やっちゃ場跡の中心を行く旧日光街道。西新井大師へ向かう大師道(写真の右折する道)がここで分岐していた。


やっちゃ場北詰
やっちゃ場北詰の先から千住宿の中心へと入っていく。


FC2ブログランキング

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター