鈴鹿峠越え

【2013年10月13日(日)旧東海道 土山宿→坂下宿 道中】
近江国と伊勢国の境、東海道を往来する旅人はこの境に横たわる鈴鹿山脈を越えねばならない。標高378mの鈴鹿峠越えである。古代の東海道は伊勢国の鈴鹿関から加太越えで伊賀へ抜けるルートだったが、平安時代の仁和2年(886年)鈴鹿峠越えの新道(伊勢大路・阿須波道)が開かれて以来、こちらが東海道の本道になった。鈴鹿峠の近江側はなだらかな直線状の坂道に対し、伊勢側は峻険な斜面に敷設された八町二十七曲がりと呼ばれるつづら折れの難路で、東の箱根・西の鈴鹿と並び称される峠越えの難所だった。また、鈴鹿峠一帯は山賊が出没することで知られ、旅人にとってはその恐怖に耐えながらの峠越えとなり、このことも難所と呼ばれた所以の一つなのだろう。峠付近には鏡のような岩肌を持っていたという鏡岩があり、山賊は峠を登ってくる旅人を岩肌に映し見ては襲っていたとの伝説も。鏡岩が”鬼の姿見”とも称される所以である。


より大きな地図で 鈴鹿峠越え を表示


鈴鹿峠旧道出入口
国道1号を離れ、ここから鈴鹿峠旧道へ。


鈴鹿峠旧道
舗装された小路の鈴鹿峠旧道を登ろう。


鈴鹿峠旧道03
振り返って京方面を撮影。写真右は国道1号。


万人講常夜燈
舗装道の旧道を登って間もなく、峠付近で万人講常夜燈に迎えられる。江戸時代中期、四国の金比羅参りの講中が建立したもので、高さ5m44cmの巨大な石灯篭。地元の山中村や坂下宿、甲賀谷の人々三千人の奉仕により完成したという。


鈴鹿峠旧道
峠付近の旧道は未舗装路になり、それらしい雰囲気に。沿道に茶畑が広がる。


鈴鹿峠
特に苦労も無く鈴鹿峠に到着。


近江・伊勢境界碑
滋賀県と三重県の境にある近江・伊勢境界碑。ここから先はかつての伊勢国、三重県だ。


鈴鹿峠02
鈴鹿峠を三重県側に入り、滋賀県を名残惜しみつつ振り返って撮影。かつての峠付近は澤という立場で、松葉屋・鉄屋・伊勢屋・井筒屋・堺屋・山崎屋という6軒の茶屋があり甘酒が名物だったという。鈴鹿峠を往来する旅人は足を休めつつ、甘酒にほっと一息ついたことだろう。残念ながら往時の様子を窺い知ることはできないが、わずかに石垣等の遺構が残存している。


鈴鹿峠03
鈴鹿峠を三重県側に入ってすぐ、「鈴鹿峠」の解説板が立つ。ここから西に山中へ少し入ったところに田村神社旧跡と鏡岩がある。


田村神社旧跡
田村神社旧跡。かつて田村神社が鎮座していた場所だが、現在はその名を刻んだ石柱が立つのみ。鈴鹿峠の山賊を討伐したとの伝説がある坂上田村麻呂を祭神に祀っていた。


鈴鹿山の鏡岩
これが鈴鹿山の鏡岩。鏡とは程遠い岩肌である。現地の解説板によると「岩面の一部が青黒色の光沢を帯びている。これは鏡肌(スリッケンサイド)と呼ばれ、断層が生じる際に強大な摩擦力によって研磨され、平らな岩面が鏡のような光沢を帯びるようになったものをいう。」と書かれており、鏡岩の山賊伝説はあくまで伝説ということか。


鏡岩からの眺め
鏡岩からの眺め。三重県側の山麓が眼下に見渡せ、ここで山賊が襲う旅人の品定めをしていたのかもしれない。


鈴鹿峠
鏡岩から旧東海道に戻って。


鈴鹿峠旧道
八町二十七曲がりと言われた難所、三重県側の鈴鹿峠旧道を降ろう。


鈴鹿峠旧道
途中、茶屋跡と思われる石垣が見られる。


鈴鹿峠旧道にて
鈴鹿峠旧道にて。最近見かけなくなった気がするアゲハ蝶。
旅人に尋ねてみた どこまで行くのかと いつになれば終えるのかと 旅人は答えた 終わりなどないさ 終わらせることはできるけど♪
ポルノグラフティのお気に入りのフレーズが頭をよぎる。


鈴鹿峠旧道
石畳の階段道。近年に敷設のものか。


馬の水飲み鉢
平成4年(1992年)関町教育委員会により復元された馬の水飲み鉢。かつて往来する人馬のために水溜めが置かれていたことを偲ぶ。


鈴鹿峠の芭蕉句碑
鈴鹿峠旧道筋にある芭蕉句碑。ここは松尾芭蕉も歩いたであろう道、句を諳んじながら芭蕉に思いを馳せて。

ほっしんの 初に越ゆる 鈴鹿山


鈴鹿峠旧道
鈴鹿峠旧道は国道1号横で平坦地に。東海道自然歩道の案内板等がある。


鈴鹿峠旧道
旧道は高架橋の国道1号と交差。


鈴鹿峠旧道
鈴鹿峠旧道。苔生す石畳に八町二十七曲がりの面影が色濃く残る。


鈴鹿峠灯籠坂
片山神社の鳥居が見えれば急坂の下りは終わり。この辺りの急坂は沿道に灯籠が並んでいたことから”灯篭坂”と呼ばれた。


片山神社
灯籠坂を降りきった所に片山神社の鳥居が立つ。鈴鹿峠江戸方方上り口にあたる。中山道や会津西街道の過酷な峠越えを経験した者にとっては少々物足りない感じ。


片山神社
鎌倉時代にこの地に鎮座したと伝わる片山神社。坂上田村麻呂の山賊退治のまつわる伝説の女性、鈴鹿御前を祀ったことに縁起があるとされ、江戸時代には”鈴鹿権現”等とも呼ばれた。そんな由緒ある神社なのだが、平成11年(1999年)神楽殿を残して焼失。現在も本殿が再建されることなく荒れた状態なのは残念の一言しかない。


片山神社
焼失を免れた神楽殿も崩落寸前の状況。何とかならないものか…。


FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

坂下宿

【2013年10月13日(日)旧東海道 坂下宿】
鈴鹿峠の南麓、その上り口に鎮座する片山神社から約2km江戸方寄りに坂下宿は位置する。その宿場名は鈴鹿峠越えの坂道下にあったことに由来。阪之下とも書かれる。元々は片山神社の江戸方一帯の狭隘地に宿場があったが、慶安3年(1650年)の大雨で大規模な土砂崩れや土石流が起きたのか、町は壊滅的な被害を被り人的損害も大きかったといい、翌年に町全体が東側の現在地へ移転した。東海道難所の一つ鈴鹿峠を控えることから、参勤交代に往来する大名の宿泊や休憩が多かったのだろう、3軒もの本陣と1軒の脇本陣が置かれていたのが特徴。一般の宿泊も多かったようで、宿場規模の割に旅籠の数が多い。

江戸日本橋から数えて48宿目、京都三条大橋からならば6宿目となる坂下宿。天保14年(1843年)当時の宿内町並5町56間(約647m)、人口564人、家数153軒、本陣は梅屋と大竹屋、松屋の3軒、脇本陣が小竹屋の1軒、旅籠48軒。名物は蕎麦切や鮎の鮨、櫛等。坂下宿から約3km江戸方の東海道筋、鈴鹿川の対岸に名所筆捨山を望む筆捨茶屋があり、歌川広重は「東海道五十三次之内 阪之下」の題でここを浮世絵に描いてる。


より大きな地図で 坂下宿 を表示


坂下宿古町
片山神社から旧東海道を江戸方に向かって間もなく、ここ鈴鹿川源流の谷間が慶安3年(1650年)以前の坂下宿である。寛永14年(1637年)に寺社の他111軒の人家があったことが当時の検地帳から確認できるという。現在は古町という地名が残るのみで、家一軒すら見当たらない。


坂下宿古町
江戸時代末期の坂下宿家並図によれば古町にも数軒の民家があり、おそらくはその遺構なのだろう、土台の石垣が木立の中の所々に見られる。


坂下宿古町にて
鈴鹿川源流の畔に小屋。古町で唯一見られた建物。何なのか確認したところ↓


古町の石仏
小屋内には石仏が大事に安置されていた。


坂下宿古町
右手に鈴鹿川源流、山の斜面を開削して旧東海道は通されている。


坂下古町07
狭隘地を通り抜ければ国道1号の側道に合流。


荒井谷一里塚跡付近
旧東海道と国道1号の側道合流地点付近に荒井谷一里塚があったというが、国道敷設の際に撤去されたのだろう、その遺構はもちろんのこと、跡地を示すものすら無い。江戸日本橋から108里目(約424km)、京三条大橋からは17番目(実測で約71km地点)となる一里塚。


岩屋観音
万治年間(1658年~1660年)実参和尚が巨岩に穴を穿ち阿弥陀如来・十一面観音・延命地蔵を安置したという岩屋観音。御堂の横に清滝の水が落ち別名を清滝観音とも言う。葛飾北斎の錦絵”諸国滝廻り”全8図のうちの一つに取り上げられ、「東海道坂ノ下 清滝くわんおん」の画題で描かれている。


坂下宿
坂下宿に入って。京方出入口から鈴鹿峠方面を望む。


金蔵院跡
近隣で火事があり消防車やパトカーが停まる物々しい雰囲気。その消防車右奥に見える土台は金蔵院跡。別称を鈴鹿山護国寺と呼び、江戸時代初期には将軍家の御殿が置かれ、徳川家康や家光が休息に利用したとされる。慶安3年(1650年)の洪水後に古町より現在地へ移転したが、明治になって廃寺となり石垣だけが残されている。


坂下宿
坂下宿の町並み。


坂下宿
旧商家らしき民家の軒先からは放水ホースが。


中の橋
坂下宿の中央部、中乃橋。かつて中乃橋周辺には本陣や脇本陣が建ち並び宿場の中枢をなした。


小竹屋脇本陣跡
坂の下では大竹小竹 宿がとりたや小竹屋に

鈴鹿馬子唄に歌われた小竹屋脇本陣跡(写真右手)。”大竹小竹”の大竹とは本陣の大竹屋を指しており、本陣に宿をとるのは無理だが、せめて脇本陣の小竹屋には泊まってみたいという意が込められているという。


法安寺
中乃橋の北側にある法安寺。この寺の庫裡玄関は松屋本陣の門を移築したもので、坂下宿本陣の唯一残る貴重な遺構。


梅屋本陣跡
坂下宿にあった本陣3軒のうちの一つ、梅屋本陣跡(写真右手)。写真を見ての通り、現在は本陣の様子を想像するには難しい。


大竹屋本陣跡
坂の下では大竹小竹…の、大竹屋本陣跡。庶民が憧れた本陣も今は…。


前田屋
前田屋製菓。江戸時代に坂下宿のお隣、関宿の名物だった団子餅”志ら玉”を復活させて製造販売する。こし餡をくるむ白の生地に、赤・黄・緑の飾り玉をのせる可愛らしい見た目の”志ら玉”は、東海道を往来する旅人に親しまれた。関宿に販売店があるのでそちらで購入しよう。


坂下集会所
松屋本陣跡に建つ坂下集会所。


松屋本陣跡
松屋本陣跡碑。法安寺の庫裡玄関となった門はかつてここら辺にあったはず。


坂下宿
坂下宿東側の町並み。


河原谷橋
坂下宿江戸方入口に架かる河原谷橋。


FC2ブログランキング

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター