有松

【2014年6月8日(日)旧東海道 鳴海宿→池鯉鮒宿 道中】
鳴海宿を出て約1kmも歩けば有松の町並み。有松は江戸時代初期に尾張藩が移住者を募り、鳴海宿と池鯉鮒宿の間に成立させた間の宿。移住者の一人、竹田庄九郎は絞り染めの手業を考案して手拭いの製造販売を始め、後に豊後から移住してきた医師三浦玄忠の夫人が国元の括り絞りの技法(三浦絞)を持ち込んだことで、有松の絞り染めは大きな進歩を遂げ、”有松絞り”のブランドが確立する。”有松絞り”の浴衣や手ぬぐい等は東海道を往来する旅人の土産として人気を博し、鳴海等の周辺地域にも広がりをみせたため、有松村は天明元年(1781年)尾張藩に絞り染めの庇護を訴え、営業独占権を与えられた。以来、有松は製造販売の中心地となり、豪壮な絞問屋の店が並んで大きく発展、今に往時の町並みを伝えている。有松の近隣に名の知れた鳴海宿があり、江戸では”鳴海絞り”の名が定着していたようで、現在は”有松・鳴海絞り”と表記されることが多い。

東海道五十三次之内鳴海 有松里
広重浮世絵「東海道五十三次之内鳴海 有松里 名ぶつ絞店」(蔦屋吉蔵版)
「東海道五十三次浮世絵 絵葉書集 絞りのふる郷有松」より




旧東海道 名古屋市緑区曽根
鳴海宿を出て曽根の旧東海道を進む。かつて鳴海宿と有松の間は松並木の街道だった。


神明社
曽根に鎮座する神明社。元伊勢伝承の神社だという。


四本木交差点
四本木交差点を行く旧東海道。


旧東海道 名古屋市緑区四本木
四本木を行く旧東海道。松並木の街道が延びていたはずだが面影は残っていない。


鎌研橋
手越川を鎌研橋で渡る。


名鉄名古屋本線踏切
鎌研橋の少し先、名鉄名古屋本線を越えた所に有松一里塚跡。江戸日本橋から87里目(約342km)、京三条大橋からは31番目(実測で約160km地点、七里の渡しを27.5kmとして測定)となり、復元一里塚が設置されている。


祇園寺
旧有松村の江戸方端にある祇園寺。


東海道五十三次二代目松
祇園寺前には東海道五十三次二代目松があるが、まだ若松で少々頼りない。有松村の成立時よりここにあったという樹齢300年を超える松が、昭和55年(1980年)に枯松となり伐採。その古松から採種し苗木を育て植えられたのが二代目の松。初代の松が有松という地名の由来に関係しているのかもしれない。


神功皇后車(西町)の山車庫
祇園寺の向かいにある神功皇后車(西町)の山車庫。西町の山車庫に格納する神功皇后車は、明治6年(1873年)に造られ、有松に現存する3基の山車のうち、もっとも古くから曳かれているもの。毎年10月第1日曜日の有松天満社秋季大祭で曳き出される。


小塚家住宅
明治期まで山形屋の屋号で絞問屋を営んだ小塚家。二階の塗篭壁と卯建に重厚感を見せる建物。往時の繁栄ぶりを彷彿とさせる佇まい。


岡家住宅
江戸時代末期建築の岡家住宅。一階の連子格子となまこ壁、二階は白漆喰の塗籠に縦格子窓を持つ。重厚ながらも美しさを併せ持つ気品ある建物。


竹田家住宅
竹田家住宅。こちらも他に負けじ劣らずの風格ある佇まい。笹加の屋号で絞問屋を営んだ。主屋は江戸期の建築と推定される塗篭造。有松は天明4年(1784年)の大火で村の大半を焼失、店を再建する際には燃えにくい漆喰による塗篭造、瓦葺屋根を採用し火災に備えた。


唐子車(中町)の山車庫
唐子車山車庫。中町の山車、唐子車を格納する。唐子車は天保年間(1830年~44年)に知多内海で建造、明治8年(1875年)に中町が購入した。


中濵商店
重厚感たっぷりの袖蔵を持つ中濵商店。


井桁屋
寛政2年(1790年)創業の井桁屋。今も有松絞を商う。

井桁屋
http://www2.ocn.ne.jp/~igetaya/4701.html


有松山車会館
有松山車会館。有松の山車3基(布袋車・唐子車・神功皇后車)を毎年交代で展示する。


服部家住宅
服部家住宅とその分家、服部幸平家住宅の倉。服部家(写真右奥)は寛政2年(1790年)創業の井桁屋を屋号にする絞問屋、主屋をはじめ井戸屋形・店倉・藍倉・門などの建物が残り、絞問屋の屋敷遺構を今に残す。その東隣に服部家から分家し井桁一の屋号を名のった服部幸平家の蔵(写真右手前)が残る。


名古屋有松郵便局
名古屋有松郵便局。有松の景観に配慮した局舎。


松野根橋
有松村の江戸方出入口、松野根橋。ここで本日の旧東海道歩きは終わり。夕闇迫る有松を戻ろう。


有松夜景
有松夜景、有松山車会館付近。


寿限無茶屋
築100年の古民家を改装して営業する寿限無茶屋。大きな狸の置物が客を迎える。

手打ちめん処 寿限無茶屋
http://www.mc.ccnw.ne.jp/jyugemu/


中舛竹田荘
有松絞の開祖とされる竹田庄九郎ゆかりと伝わる建物、中舛竹田荘。近年に老朽化が進み取り壊される予定だったところ、現名古屋市長の河村たかし氏のひと声で一転、所有者の竹田家をはじめとする市民の協力を得て、”有松まちなみ保存ファンド基金”を活用し改築。現在は高齢者向けのデイサービスセンターとして再生している。失われてしまっては戻すことが不可能なのが歴史的建造物、名古屋市長の判断がすばらしい。


小塚家住宅
日の光が途絶えて、ほのかな灯火に浮かぶ小塚家住宅。


有松夜景
ひと気の無くなった有松の町を一人歩いていると、江戸時代に賑わいをみせた広重の浮世絵に入ってしまったかのような錯覚に陥る。


イオンタウン有松
有松の旧東海道から有松駅前に移動。イオンタウン有松を見て広重の浮世絵から現代に引き戻される。


有松駅
有松駅より帰途につく。


【旧東海道歩き 第10日目】エクセルイン名古屋熱田→七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿→名鉄有松駅 歩行距離約16.3km
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

尾張と三河の国境に

【旧東海道歩き 第11日目】名鉄有松駅→桶狭間古戦場→池鯉鮒宿→名鉄知立駅



【2014年11月2日(日)旧東海道 鳴海宿→池鯉鮒宿 道中】
旧東海道を有松から次の池鯉鮒宿へ向けて歩こう。と言っても、今回は2日間の旅程を組んだが、11月1日(土)と翌日の午前中は桶狭間古戦場を散策する時間にあて、その桶狭間めぐりを終えた後の午後だけ旧東海道を歩いた。季節はすっかり日が短くなった11月だったこともあり、池鯉鮒宿(現 愛知県知立市)に辿り着いたころにはすっかり日が暮れ、桶狭間古戦場ついでに歩いたといった感じに。つぶさに歩いて回った桶狭間古戦場については次の記事に譲るとして、先に有松から池鯉鮒宿間の旧東海道歩きを記事に書くことにする。

かつて有松から東海道を東へ向かへば、有松の東外れに桶狭間古戦場を見て、落合村・前後村(阿野坂村・坂部村)・阿野村を過ぎたところで尾張と三河の国境をなした境川を渡り、立場の置かれる今川村(芋川村)・今岡村・一里山村を経て池鯉鮒宿に着く。江戸期に東海道の境川に架けられていた境橋は、尾張側が板橋、三河側が土橋の継ぎ橋だったといい、度々の洪水で流される度に修復されたという。そのうちに一続きの土橋になり、明治になって欄干付きの橋が架けられた。




旧東海道 名古屋市緑区有松
前の記事に書いた有松から歩き旅を再開。


竹田家住宅
有松絞りで繁栄した有松を今に伝える旧絞問屋の竹田家住宅。


岡家住宅
旧絞問屋の岡家住宅。


小塚家住宅
旧絞問屋の小塚家住宅。


有松・鳴海絞会館
有松・鳴海絞会館。有松絞りの展示販売はもちろんのこと、実演を見たり絞り染めの体験ができ、有松を訪れた際には足を延ばしたい施設。記念に有松絞りのハンカチを2枚購入、日本の伝統工芸はすばらしい。


服部家住宅
有松・鳴海絞会館前の服部家住宅。


山中歯科医院
有松の東端付近、山中歯科医院の立派な塀と土蔵。


手越川と松野根橋
有松の江戸方入口に流れる手越川。旧東海道には松野根橋が架かる。


絞里堂
有松の東外れにある絞里堂。有松絞りを商っているようだ。


大将ケ根交差点
大将ケ根交差点から国道1号に合流して東へ。


国道1号 名古屋市緑区境松
国道1号を200m程行くと右手に旧東海道が出現。


旧東海道 豊明市栄町舘
名古屋市から豊明市へ。


旧東海道 豊明市栄町舘
旧東海道は再び国道1号に合流、「桶狭間古戦場」の道路標識が見える。


中京競馬場前駅
中京競馬場前駅。ここはJRA中京競馬場の最寄駅。


よろいかけの松の旧地
中京競馬場前駅のプラットホーム下にある「よろいかけの松の旧地」碑。「桶狭間合戦縁起」(安政年間に古戦場で売られていた案内図)には「信長公鎧掛松名木也」とある一方、今川義元が鎧を掛けたと書く明治期の絵葉書もある。いずれにしても桶狭間合戦時には存在していた松の名木がここにあったが、大正12年に枯死。残骸が昭和30年頃まで残っていたようだ。現在はひっそりとこの碑があるだけで往時を偲びようもないが、その松を描いたとされる襖絵が大阪府堺市の大安寺に現存。寺伝によれば狩野永徳の筆、永徳が鎧掛けの松を描き終えた後、東国への旅中に再びこの松を見て枝を描き忘れていることに気づき、引き返して枝を描き足したとされ、”枝添えの松”とも称される。


国道1号 豊明市栄町南舘
豊明市栄町歩道橋より国道1号有松方面(京方)を望む。左手一帯が豐明市の桶狭間古戦場跡。1日半かけてじっくりと踏査してきたので次の記事に。


国道1号 豊明市栄町南舘02
豊明市栄町歩道橋から国道1号知立方面(江戸方)を望む。名鉄名古屋本線の高架橋が国道1号上に架かる。中京競馬場駅前から旧落合村(現 豊明市新栄町)にかけての旧東海道は、国道1号が通されたことで一部消失。


旧東海道 豊明市新栄町
現在の新栄町1丁目の旧東海道沿いに旧落合村の町家が並んでいた。


前後神明社
旧東海道から少し北に外れて国道1号沿いに鎮座する前後神明社。


戦人塚
前後神明社の東側台地上に桶狭間合戦の戦死者を埋葬供養したと伝わる戦人塚がある。塚上にある”戦人塚”と刻む碑は、元文4年(1739年)百八十回忌の供養祭で建立されたものと云う。


旧東海道 豊明市前後町五軒屋
旧落合村と旧阿野坂村の中間、前後町五軒屋を行く旧東海道。


旧東海道 豊明市前後町大代
豊明市前後町大代の旧東海道は緩やかな上り坂に。江戸時代に阿野坂村の町家が並んでいた辺りだろう。

 
前後駅前交差点
前後駅前交差点。阿野坂村と坂部村に属する旧東海道沿いの町家は、明治元年に成立した前後村に含まれた。


豊明郵便局
前後駅前交差点から豊明郵便局辺りにかけての旧東海道沿いが旧坂部村の町家と思われる。


阿野一里塚
旧坂部村の東外れにある阿野一里塚。江戸日本橋から86里目(約338km)、京三条大橋からは32番目(実測で約165km地点、七里の渡しを27.5kmとして測定)となる一里塚、風雨に長年晒されて往時の規模は保っていないが、両塚が現存する。


旧東海道 豊明市阿野町登
愛知県道57号線の下を通る旧東海道。この辺りは旧坂部村と旧阿野村の間にあたり、かつては松並木の街道。この先で国道1号に合流する。


ヒロセ合金
国道1号沿いにある”ヒロセ合金”。桑名宿にあった広瀬鋳物工場を前身とする企業。

関連記事
桑名宿


正戸川
正戸川を渡って。


国道1号 豊明駅前交差点
豊明駅の北側一帯が旧阿野村の中心部。正戸川と境川に挟まれた地で、現在の豊明市阿野町の行政区域が旧阿野村の村域と思われる。阿野坂村や坂部村も阿野村の一部にあたり、通行量が増大した東海道沿いに町家を発展させたようだ。同じ知多郡内に同名の村があり、区別するために東を付けて東阿野村と称した。


境橋
かつての尾張国と三河国の国境、境川に架かる境橋。江戸時代には中洲を境に尾張側が板橋、三河側が土橋の継ぎ橋が架けられていた。


境橋
うち渡す 尾張の国の 境橋 これやにかわの 継目なるらん

詠み手は江戸時代前期の公卿で歌人だった烏丸光広。古くから接着剤に使われた膠(にかわ)に”三河”をかけているようで、同盟関係にあった織田領尾張と徳川領三河の境を繋いでいたのがここなのだと、感慨に浸りながら境橋を渡ったのだろう。


旧東海道 刈谷市今川町阿野前
境橋を渡れば豊明市から刈谷市へ。旧東海道沿道には若松が並ぶ。


今川町交差点
旧東海道は今川町交差点で国道1号と交差し、旧今川村へ。


旧東海道 刈谷市今川町
刈谷市今川町を行く旧東海道。


旧東海道 刈谷市今川町02
今川町は元は泉田村(現 刈谷市泉田町)の出郷で芋川村(一説には現在の今岡町)とも称したようだ。江戸時代中期から幕末にかけて東海道の茶屋町として発展、東隣の今岡村と共に東海道の立場が置かれた。江戸時代には”芋川うどん”が名物で、現代の名古屋名物”きしめん”の起源とも云われる。明治11年(1878年)今岡村と共に逢見村の一部に。


洞隣寺
今岡町の旧東海道筋にある洞隣寺。天正8年(1580年)の開山、開基は刈谷城主水野忠重と伝わる。写真左に見える常夜灯は寛政8年(1796年)の建立。この寺の北側に芋川うどん発祥地の碑があるらしいが未確認。


一里山町新屋敷交差点
国道1号に合流して一里山町新屋敷交差点を行く。


一里山一里塚跡
国道1号に架かる一里山歩道橋辺りが一里山一里塚跡。国道が通ってしまったことで一里塚は失われ、街道の面影も残っていない。江戸日本橋から85里目(約334km)、京三条大橋からは33番目(実測で約169km地点、七里の渡しを27.5kmとして測定)となる一里塚。


逢妻橋
逢妻川に架かる逢妻橋を渡って池鯉鮒宿へ。


旧東海道 知立市西町宮後
逢妻川から池鯉鮒宿内に入る旧東海道。


恵比寿屋陶器店
暗闇の旧東海道筋に店内の灯りが眩しい恵比寿屋陶器店。


知立古城址
知立古城址。築城年代は不明、知立神社の神主だった永見氏が築いた居館に始まりがあるとされる。桶狭間合戦時には今川方の城だったが、今川義元を討ち取って勢いづいた織田勢の攻撃により落城。天正年間(1573年~93年)その城跡に刈谷城主水野忠重が御殿を建造し、後に徳川将軍上洛時の宿泊施設に利用されたが、元禄12年(1699年)大地震があり倒壊した。


知立古城址
知立古城址に物憂げな様子で黒猫が佇む。


都築屋菓子舗
池鯉鮒宿内の都築屋菓子舗まで歩いたところで本日の旧東海道歩きは終わり。


知立駅
知立駅から帰途につく。


【旧東海道歩き 第11日目】名鉄有松駅→桶狭間古戦場→池鯉鮒宿→名鉄知立駅 歩行距離約21km
FC2ブログランキング

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター