函館五稜郭

旧東海道から話は逸れて桶狭間の次は戊辰戦争最後の舞台となった函館五稜郭。訪れたのは年も押し迫った昨年暮れ。早朝の上野駅から東北新幹線はやぶさ1号新青森行に乗車、新青森駅からスーパー白鳥1号を乗り継いで函館駅に着いたのは正午過ぎ、函館朝市で土産のタラバガニや毛ガニをそそくさと買い、函館市電で五稜郭へ向かう。12月になって北日本は猛烈な大寒波に襲われ、各地で大雪や暴風雪の大荒れな天気が続き、例年雪の少ない函館辺りも結構な雪が積もっているのかと思いきや、予想に反して雪は例年よりも少ないくらい。そのため凍結した路面がつるつるの状態で、特に横断歩道は危険地帯、何度路上でこけそうになったことか…。北海道出身者にあるまじき醜態である。さてさて、本題に入ろう。

函館山から北東に約6km、函館市街中央の平地に位置する五稜郭は、江戸幕府により築城された稜堡式城郭。箱館の開港に伴い、箱館奉行所を置く函館山山麓では港に近く、外国船から艦砲射撃の射程距離に入るため、その移転地として安政4年(1857年)から築造がはじまり、7年もの歳月をかけて元治元年(1864年)にようやく完成した。その2年後には坂本龍馬の暗躍により薩長同盟が結ばれており、この時薩長を中心とする新政府軍に攻撃される運命を誰が予想していたことか。縄張りはヨーロッパ各地の城塞都市を参考にし、五角形をなす郭の周りを水堀や土塁・石垣で囲む日本では珍しい城郭で、他には長野県佐久市の龍岡城に見られるだけ。5つの角は大砲攻撃の死角をなくすため、突き出た形となっており、これを稜堡と呼ぶ。このため実際には五角形が変形して星形の縄張りとなっている。

五稜郭完成から3年後の慶応3年(1867年)、大政奉還により江戸幕府は政権を朝廷へ返上、翌年に新政府(明治政府)が成立する。箱館奉行所は新政府に移管され、後に箱館府と改称して蝦夷地の統治機関となる。戊辰戦争が大詰めを迎えつつある明治元年(1868年)8月、旧幕府海軍副総裁・榎本武揚は、旧幕府軍主力艦隊8隻を率いて品川沖を脱走、仙台で幕臣・大鳥圭介や新選組・土方歳三をはじめとする旧幕府陸軍と合流し、同年10月に鷲ノ木(茅部郡森町鷲ノ木町)から蝦夷地に上陸、軍を二手に分け箱館に向けて進軍を開始する。大鳥圭介率いる一隊は内陸路を進んで峠下(亀田郡七飯町峠下)で新政府方の箱館府軍や松前藩兵を撃退し五稜郭へ。一方の土方歳三率いる一隊は海岸路を進み川汲峠で箱館府軍を撃退し、湯の川を経て五稜郭に向かう。この報を受けた箱館府知事・清水谷公考は青森へ退却、旧幕府軍は無人の五稜郭を占拠する。旧幕府軍の勢いは止まらず、更に松前・江差へ進軍して蝦夷地全域を制圧した。

明治2年(1869年)4月、新政府軍は反撃を開始するべく乙部に上陸、三方から箱館に向かって進軍し、圧倒的な戦力をもって箱館を除く道南各地をほぼ制圧、同年5月に箱館総攻撃を開始。これにより五稜郭支城の四稜郭が陥落し、一本木関門付近で土方歳三が戦死、箱館市街は新政府軍により制圧され、箱館湾では旧幕府軍の艦隊がほぼ全滅する。箱館港にあった新政府軍の軍艦甲鉄は、旧幕府軍の本拠地・五稜郭に向けて艦砲射撃を開始、砲弾が旧箱館奉行所の太鼓櫓に命中し、箱館港からの艦砲射撃が五稜郭を充分に射程圏に捉えていることを旧幕府軍に知らしめる。続いて旧幕府方の弁天岬台場や千代ヶ岡陣屋が陥落し、ついに五稜郭にあった旧幕府軍の幹部は降伏を決め、道南各地で繰り広げられた旧幕府軍と新政府軍の7ヶ月に及ぶ攻防戦は終結した。




函館駅
約5ヶ月ぶりに函館駅に降り立ち。


函館朝市
まずは函館朝市へ。


蟹商
函館朝市内にある蟹商でタラバと毛ガニをセレクト。今年はカニの値段が高騰しているとの報道を耳にしていたが、やはり朝市も例外ではなかったようで。「去年より値段が高くなったねえ…。」と店の方に聞いてみたところ、「ロシアから入ってくる量が激減しているんだよね。」とのこと。ニュースになっていたので御存知の方も多いと思うが、ロシアで水揚げされた7割は密漁だったらしい。


函館駅前
函館駅前の風景が5ヶ月前とは一変。函館駅前で棒二森屋と並んで双璧をなしていた和光ビルが解体され、建設現場の状態に。函館を訪れる度、一服に利用していた和光ビル1Fのドトールはどこへ行ってしまったのか。


和光ビル跡
和光ビル跡に並ぶ工事現場の衝立。戦後に最盛期を迎えた函館駅前・大門地区の古写真を掲載していた。


五稜郭タワー
函館駅前から市電に乗り五稜郭へ。写真は五稜郭に隣接して聳える五稜郭タワー。


五稜郭跡
五稜郭には多くの観光客が訪れる。5ヶ月前に函館山を登ったときにも感じたことだが、観光客の大半は中国系観光客だったように見受けられた。


五稜郭跡
五稜郭の出入口、一の橋と二の橋を渡って郭内へ入ろう。


五稜郭跡
五稜郭の出入口前に設けられる半月堡より一の橋を望む。


五稜郭半月堡
半月堡は五稜郭の正面出入口を守備するために設置された防御施設で、近世城郭に言う馬出にあたり、三角形の特徴ある塁堡。戊辰戦争当時は旧幕府軍が新政府軍の進攻を受け、物々しい防備体制を敷いていたのだろうが、今は平和な光景を見るばかりである。


五稜郭跡二の橋
半月堡より五稜郭内に入る二の橋を望む。


五稜郭水堀
水面が凍結する五稜郭水堀。明治時代初期よりここで切り出された天然氷は、函館氷(五稜郭氷とも)と呼ばれ、東京に運ばれて販売されていた。冷凍庫が無かった当時、氷は貴重品だったのである。


五稜郭門番所跡
五稜郭門番所跡。郭内の正面出入口に置かれた門番の詰所、出入する者を監視した。


五稜郭タワー
本塁上より五稜郭タワーを望む。日が沈んでゆく。


箱館奉行所
平成18年(2006年)復元工事がはじまり、平成22年(2010年)に完成した箱館奉行所。箱館戦争時に新政府軍の艦砲射撃が着弾して破壊された太鼓櫓も現代に復活している。


武田斐三郎先生顕彰碑
観光客が群がるここに何がある?


武田斐三郎先生顕彰碑
観光客が引けて見に行ったら、ここにあるのは武田斐三郎先生顕彰碑。函館奉行支配諸術調所教授役という長い肩書を持つこの御仁は、五稜郭の築城設計と監督を務めた人。多くの人が顔を触った形跡と思われるのだが、顔だけが金色になっている。何らかのご利益があるのか。


箱館奉行所
これが復元された箱館奉行所。


慶応4年(1868年)に撮影された箱館奉行所の古写真
慶応4年(1868年)に撮影された箱館奉行所の古写真(現地解説板より)。上の写真と比較してほしい。忠実に復元されていることがわかる。


供溜腰掛跡
箱館奉行所前にある供溜腰掛跡。奉行所を訪れた人の従者が待機していた建物があった。今後の復元に期待。


箱館奉行所
函館奉行所を内部見学しよう。入館料は一般個人は500円。


箱館奉行所大広間
箱館奉行所大広間。手前から四之間・三之間・二之間と続き最奥が床の間や違い棚、天袋等を設ける一之間。座敷の襖を全て開け放つと72畳もの大広間となる。


箱館奉行所表座敷
箱館奉行所表座敷。箱館奉行の執務室にあたり、奉行所内で最も格式の高い部屋。


箱館奉行所 定役元締・定役手附室
庶務や経理を行なう定役の執務室。定役室と隣の調役室は五稜郭や箱館戦争に関するパネル等を展示する。


式台の埋め甕
内玄関に展示される式台の埋め甕。平成17年(2005年)発掘調査の際、玄関式台と内玄関式台跡から発見された信楽焼の大甕で、能舞台に事例がある音を反響させる目的や、建築に関わる儀式的な目的があったと推測されるが、理由ははっきりわかっていない。玄関式台跡で5個の甕、内玄関式台跡に3個の甕が埋められていた。


五稜郭タワー
箱館奉行所を後にし、五稜郭タワーへ移動。一般大人料金の840円を支払い、エレベータで展望室へ。


五稜郭模型
展望室に展示される五稜郭の模型。箱館奉行所をはじめとする往時の建物の様子がよくわかる。


五稜郭
そして本物の五稜郭を望む。


箱館奉行所
箱館奉行所が復元されたことで五稜郭の魅力は確実に増した。その予定があるのか知らないが、模型に見るような往時の建物を全て復元し、箱館戦争を扱う映画やドラマのロケ地になれば、観光地としての注目度は抜群だろう。


函館市街と函館山
展望室より函館市街と函館山を望む。函館山裏の津軽海峡にはイカ釣り漁船の漁火が。素晴らしい眺め。


函館山
函館山を背景にした夜景もすばらしい。


五稜郭タワーにて
午後5時よりイルミネーションが点灯する模様。しばし待つことに。


土方歳三のブロンズ像
展望室に鎮座する土方歳三のブロンズ像。新選組副長を務めた土方歳三は、鳥羽伏見や甲州勝沼、宇都宮城、会津と各地を転戦、新政府軍に対し徹底抗戦するが、ついに箱館戦争で銃弾を受け戦死した。最後まで幕府を守るために戦ったラストサムライであろう。


五稜郭タワー
イルミネーション点灯時間を待ちながら、五稜郭に関する展示を見よう。これが模型とパネルを使った展示で、なかなか興味深い。訪れた時には是非とも時間を割いて見学してほしい。


五稜星の夢イルミネーション
五稜星の夢イルミネーションが点灯!展望室からは星形に彩る全貌を見ることができなかったのが少々残念、もう少し高い位置から見ることができれば良かったのだが、それは無茶な要望というものだろう。


五稜郭タワー
展望室を降りて1階アトリウムに。


五稜郭タワー
光り輝くイルミネーションに照らされ、箱館戦争で使われた30ポンド短カノン砲や仏式四斤山砲(いずれも実物大模型)を展示する。


五稜郭タワーと五稜郭水堀
五稜郭タワーを後に。次に函館を訪れた時は四稜郭に行ってみようと思う。


撮影日:2014年12月28日(日)
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

深名線 添牛内駅跡

幌加内市街から国道275号を北上すること約25km、国道239号(観月国道)が重複交差する場所に添牛内の市街地がある。地名の由来はアイヌ語の「ソー・ウシ・ナイ」(滝のある川)とされ、これは地区内西側を流れるソーウンナイ川を指しており、その流路に早雲内の滝を持つ。添牛内の起源は明治43年(1910年)温根別(現 士別市)から政和や朱鞠内方面への入植者に便宜を図るため、旧添牛内小中学校(現 添牛内コミュニティセンター)辺りに駅逓所が設置されたことに始まりがある。駅逓所とは北海道開拓期に道内各地に設けられた施設で、北海道における宿場の問屋場と言ったところ。人馬継立や宿泊、郵便業務の役割を担った。以来、駅逓を中心にして市街が形成、周辺一帯に岐阜や信州、阿波等からの団体入植がはじまり、明治44年(1911年)添牛内21線(現 添牛内橋付近)から温根別中線間に御料道路(現 国道239号)が開削されて移住者が増加、翌年に添牛内教育所(後の添牛内小中学校)が開校する。

添牛内駅が誕生するのは添牛内に入植がはじまってから約20年後の昭和6年(1931年)のこと。雨龍線(後の深名線)幌加内~添牛内間の延伸開通に伴い、添牛内市街から少し離れた約1km南西に添牛内駅は開業する。以来、駅を中心にして新たに市街が発達、従来からの市街(旧市街)に対して新市街と呼称された。幌加内町が全盛を迎える昭和20年代に添牛内地区の人口は約1800人を数え、郵便局や診療所、旅館をはじめ商店や理容院等が軒を連ね、人口増加を象徴するように駅前にはパチンコ屋もあったようだ。当時の添牛内駅は駅舎を持つ有人駅で、一般の旅客をはじめ、木材や澱粉等の積み出しで活況を呈した。しかし、昭和30年代から幌加内町の人口は減少の一途をたどり、昭和40年代には深名線の乗客や貨物輸送が激減、昭和57年(1982年)添牛内駅は無人化され、平成7年(1995年)深名線の廃線に伴い廃駅に。駅を失って添牛内地区は更に衰退、添牛内小中学校が開校88年目の平成12年(2000年)に廃校、翌年に添牛内郵便局も閉鎖された。




幌加内市街
約5ヶ月ぶりに訪れた幌加内町市街。前回とは全くの別景色、幌加内町は北海道内有数の豪雪地帯なのだ。
【関連記事】
深名線 幌加内駅跡


幌加内駅跡
幌加内駅跡。駅名標や記念碑、レールのモニュメントが設置されているのだが、雪に埋もれて何も見えない。


松家食堂
かつて幌加内駅前で蕎麦屋を営んだ旧松家食堂。


幌加内駅前
幌加内駅跡より旧駅前通りを望む。


朝明け食堂
旧駅前通り沿いにある朝明け食堂。


まるよしフードセンター
旧駅前通りと国道275号の丁字路角に”まるよしフードセンター”。写真右奥に”あじよし食堂”がある。あじよし食堂は幌加内産の手打ちそばを堪能できる一店、駅前の松家食堂と共に昔からあったことを記憶している。幌加内を訪れた時に度々ここで蕎麦を食べているので、思い出のある食堂だ。


幌加内市街
幌加内市街を後にし、国道275号を朱鞠内方面へ向かおう。


第三雨竜川橋梁
途中で第三雨竜川橋梁を撮影。雨竜川は凍結し川面に雪が積もる。第三雨竜川橋梁はいつまでも後世に残してほしい深名線の遺産だ。


政和駅跡
政和駅跡に立ち寄る。旧駅舎は健在だったが、8月に訪れた時にはあった幌加内町開基七十周年の記念塔が撤去されており唖然とする。政和のシンボル的存在だったのに…。残念の一言。
【関連記事】
深名線 第三雨竜川橋梁と政和温泉駅・政和駅跡


添牛内跨線橋
そしてこの記事の本題、添牛内に到着。まずは旧深名線鉄路跡に架かる国道239号(観月国道)の添牛内跨線橋へ。添牛内駅から深川方面へ約250mに位置し、ここから旧添牛内駅構内を一望できる。


添牛内跨線橋より添牛内駅跡を望む
添牛内跨線橋より添牛内駅跡を望む。写真右手に見える2棟の倉庫奥が旧添牛内駅。2棟の建物は農業倉庫のようだが、かつてそこにあった天塩川木材工業の遺構なのかもしれない。


添牛内駅跡
添牛内跨線橋より添牛内駅跡をズームイン。今となってはこんな所を汽車が走っていたとは想像し難い。


旧添牛内駅
旧添牛内駅。今も駅舎が残る。駅前通り沿いには山前家が1軒だけ残るが、除雪の状況から今は住む人はいないようだ。旧添牛内駅駅舎は山前家の倉庫として利用され現在まで存続したらしく、今後の動向が心配だ。この民家がある場所には、かつて日通の事務所と倉庫があったのだが、この建物がその遺構なのかは不明。


旧添牛内駅駅舎
旧添牛内駅駅舎。今後も残してほしい深名線の遺産である。


旧添牛内駅構内
旧添牛内駅構内から名寄方面を望む。


添牛内跨線橋
旧添牛内駅構内から深川方面の添牛内跨線橋を望む。かつての鉄路を感じられよう。


旧添牛内駅駅舎
雪に埋もれる旧添牛内駅駅舎。


添牛内新市街
添牛内新市街を行く国道275号。写真は朱鞠内方面を望む。かつて国道沿いに鉄道官舎や民家、様々な店が建ち並んだ添牛内の新市街も今は昔。過疎化が進んで建物は失われ、行き交う人も無く、市街とは表現しにくい状況。しかしながら、旧郵便局の建物を利用して霧立亭(写真沿道右の建物)が地元幌加内産の蕎麦を扱う蕎麦屋を商い、近年では日本一の作付面積を誇る蕎麦を産業にしてUターンやIターンによる移住者があり、若年層の人口が僅かながら増えているという。

次に訪れた時にはここで蕎麦を食べてみよう。そして、もう少し掘り下げて添牛内を見てみたいと思う。


撮影日:2014年12月30日(火)
【 参考サイト 】
添牛内Web同窓会

FC2ブログランキング

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター