岡崎宿 伝馬町・両町・投町

岡崎城総曲輪の江戸方(東側)出入口、籠田総門から伝馬町へ。伝馬町の成立は慶長14年(1609年)、その町名が示す通り伝馬継立を目的に形成された町で、本陣・脇本陣や問屋場をはじめ旅籠屋等、様々な商家が軒を連ねた岡崎宿の中心、岡崎城下にあって最も賑わいをみせ、享和2年(1802年)の書上によれば112軒もの旅籠屋を数えた。町は西から上之切・中之切・下之切に分け称し、上之切南側には御馳走屋敷を置き朝鮮通信使やお茶坪道中等が休泊に利用、下之切には塩座商人国分家の屋敷があった。本陣ははじめ浜島家と中根家(西本陣)が務め、享保年間(1716年~35年)頃に浜島家が衰退し代わって磯谷家、享和年間(1801年~04年)より服部家(東本陣)が継ぐ。中根家は江戸期を通して本陣を務め、文政5年(1822年)新たに大津屋を本陣に加え、江戸時代末期の岡崎宿には3軒もの本陣が置かれた。これら本陣や旅籠屋に魚鳥類を供給していたのが上肴町、魚鳥類の専売権を有する肴町(旧下肴町、現岡崎市魚町)より分かれ成立した町で、伝馬町上之切から北側、誓願門前にかけて町域を持っていた。




旧東海道 籠田総門付近
籠田総門跡付近、旧伝馬町(現 伝馬通1丁目)を行く旧東海道。伝馬町には江戸中期頃から飯盛女を置く旅籠が増え、「岡崎女郎衆、岡崎女郎衆、岡崎女郎衆はよい女郎衆♪」と流行り歌になるほど有名な花街を形成していた。


岡崎信用金庫資料館
岡崎信用金庫資料館。大正6年(1917年)岡崎銀行本店として建造、赤レンガが印象的な西洋建築で、建築当時は異彩を放つ存在だったのだろう。現在は資料館となり貨幣に関する展示コーナーを設ける。国の登録有形文化財。


誓願寺参道
旧東海道から誓願寺へ延びる小路。この先は上肴町の町家が並んだ。


旧東海道・吉良道分岐点
旧東海道・吉良道の分岐点。交差点の左折が旧東海道、右折は旧吉良道で西尾城下や吉良(現 西尾市吉良町)方面へ通じていた。


東海道・吉良道道標
旧東海道・吉良道の分岐点に立つ道標。明治2年(1869年)建立.。道標3面に「東京みち」「西京いせ道」「きらみち」と刻む。


二十七曲り 西本陣前角
二十七曲り西本陣前角。写真奥のミニストップが中根甚太郎家(西本陣)跡。旧東海道は手前から交差点右折のルート。


岡崎宿西本陣・岡崎グランド劇場跡
中根甚太郎本陣(西本陣)跡。現在はミニストップになっているが、以前は岡崎グランド劇場という映画館だったらしい。


永田屋精肉問屋
新しい建物が並ぶ伝馬町にあって宿場時代を偲ぶ貴重な一軒、永田屋精肉問屋と旧紙問屋糸屋惣七郎(永田屋左隣)。永田屋は明治23年(1890年)創業、大正期に現在地へ移転。左隣の旧紙問屋糸屋惣七郎は近年に廃業したらしい。


伝馬通り
岡崎宿の中心だった伝馬通り沿いは昭和20年(1945年)の空襲でほぼ焼失、奇跡的に焼失を免れた永田屋と旧紙問屋糸屋惣七郎(写真左手前)、漢方薬店の大黒屋(写真右手前)ぐらいが歴史を感じさせる佇まい。写真右奥の市川メガネが脇本陣鍵屋定七跡。


家康行列
伝馬通りで家康行列を見物することに。遠くに行列の先頭が見えてきた。


家康行列
西本陣跡前を行く家康行列の先頭。後ろに続く高級車には徳川宗家や徳川四天王家末裔の当主が乗車。


家康行列03
岡崎市と親善都市を提携する関係で、はるばる沖縄県石垣市から参加の一団。ミス八重山の二人が沿道に笑顔をふりまく。


家康行列
おかざきPR隊。車上には”オカザえもん”とお笑い芸人”はんにゃ”の二人。


家康行列
テレビで何度か見た”オカザえもん”。インパクトのある奇怪なゆるキャラだけに知る人は多い。船橋市のふなっしーと同じく地元自治体の非公認キャラクターだが、岡崎市の認知度向上に貢献していることは間違いない。


家康行列
グレート家康公「葵」武将隊。


家康行列
子供たちに曳かれる龍城神社の東照宮神輿。


家康行列
忍者に扮した多国籍な一団。


家康行列
行列に参加する忍者に貰った折り紙の手裏剣。記念にします。有難う!


家康行列
毛槍を持ち大名行列のような一団、いよいよ武者行列のお出ましか。


家康行列
これから勇壮になるのだろう少年武者の行列。


家康行列
於代の方を先頭に亀姫や築山御前、千姫の舞台車が通過。肝心の女性陣は悪天候のためバス移動。


家康行列
薙刀を持った少女隊が後に続く。


家康行列
法螺貝を吹く隊列。武者行列らしくなってきた。


家康行列
いよいよ現れた武者行列の本隊、まずは岡崎三郎信康。徳川家康の嫡男に生まれたが、織田信長に武田家内通を疑われ自刃した悲運の武将。


家康行列
次に登場は徳川四天王の一将、井伊直政が率いる赤備え。


家康行列
井伊直政は「井伊の赤鬼」と称された勇猛果敢な豪傑。兜はまさしく鬼の角だ。


家康行列
続いて本多忠勝の隊列。


家康行列
鹿角脇立兜をかぶる馬上の人は徳川四天王の一将、本多忠勝。名槍”蜻蛉切(とんぼきり)”を手に戦国時代を戦い抜いた猛将である。


家康行列
松平元信の隊列。家康元服時の名が元信、少年期の家康である。


家康行列
次に登場は松平元康。家康が正室の築山殿を娶った青年期にあたり、”元”の字は今川義元の名から一字を与えられたもの。桶狭間の合戦を迎えた時の名である。金箔の甲冑を身に着けた武将が元康。


家康行列
松平元康の次に家康。桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に討たれた後、今川家を離れて改めた名が家康である。


家康行列
いよいよ大御所の登場、徳川家康の隊列。


家康行列
風格を感じさせる徳川家康。さすが300年にも及ぶ徳川の世を築いた偉人。


家康行列
家康に続くのは榊原康政の隊列。


家康行列
徳川四天王の一将、榊原康政。武勇では本多忠勝に劣るが、指揮官としての能力は忠勝より高く、井伊直政に匹敵したという。何となく徳川四天王にあっては地味な印象だが、家康を支えた知勇兼備の武将と言えよう。


家康行列
家康行列の殿(しんがり)は、酒井忠次の隊列。


家康行列
酒井忠次は徳川四天王にあって最年長、徳川家康より一回りを超える年上の武将。今川家の人質だった幼少期の家康に仕え、晩年まで家康を支えた功臣。徳川四天王の筆頭格と言われる。


岡崎宿東本陣跡
家康行列を見送り岡崎宿の散策を再開。伝馬交差点北東角の花一生花店(写真右手)が服部小八郎家(東本陣)跡、南西角に天明2年(1782年)創業の備前屋藤右衛門(写真左奥)。備前屋で製造販売する”あわ雪”は、岡崎宿投町の茶屋で売られた名物、あんかけ豆腐あわ雪を偲び、三代目藤右衛門が創作。新製品の”あわ雪豆腐”は当時のあわ雪を豆乳菓子で再現している。

備前屋
http://www.bizenya.co.jp/index.htm


二十七曲り 両町より伝馬町角
二十七曲り両町より伝馬町角。両町に入り旧東海道は伝馬通りからファミマ裏の道に右折する。


二十七曲り 両町より伝馬町角
両町に入って2つ目の鉤の手。旧東海道は写真手前から左折。


旧東海道 両町
両町を行く旧東海道。両町は当初東海道の北側だけに町家を並べたが、慶長12年(1607年)矢作川氾濫で壊滅的被害を受けた八町村の住民が移住し、南側にも人家を並べたことから両町の名が付いたとされる。


旧東海道 両町
両町3丁目交差点を境に両町から若宮町へ。


根石寺
根石寺(旧根石原観音堂)。本尊の聖観世音菩薩は和銅年間(708年~15年)悪病退散を祈願するため行基が作製したと伝わる。徳川家康の嫡男、岡崎三郎信康が初陣の折にこの観音像に祈願し、見事に軍功を挙げたと云う。


旧東海道 岡崎市若宮町
若宮町、岡崎げんき館の南側を行く旧東海道。


旧東海道 岡崎市若宮町02
岡崎宿東(江戸方)端の旧東海道筋は江戸時代に投(なぐり)町と称した地域、大正6年(1917年)若宮町へ改称され、現在は地名にその痕跡を残していない。投町には茶屋が多くあり、ここで食せるあんかけ豆腐”あわ雪”は岡崎宿の名物だった。


二十七曲り 欠町より投町角
岡崎げんき館の南東角。「二十七曲り欠町より投町角 岡崎宿東入口」と刻む道標の他に岡崎城下二十七曲りの説明を刻む石標を置く。


岡崎宿東入口
旧投町と旧欠村の境に設けられる冠木門のモニュメント。岡崎宿の江戸方(東側)出入口にあたる。つまり江戸方から東海道を来れば、ここが一つ目の曲り角になるのだろうが、地図で曲り角を数える限りどうしても27にならない。何故なのか、謎である。


撮影日:2015年4月5日(日)
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

岡崎城址

岡崎城下散策の最後は岡崎城址を見学しよう。近世岡崎城の起源は15世紀前半の室町時代中期、当時の岡崎城(明大寺城)は菅生川南岸明大寺の地にあり、享徳年間(1452年~55年)その支城として龍頭山に築かれた砦がはじまり。享禄4年(1531年)徳川家康の祖父松平清康がこの砦を拡張して新たに岡崎城を築城、明大寺の旧岡崎城はこの時に廃される。それから11年後の天文11年(1542年)、徳川家康は松平広忠の嫡男としてここで産声を上げ、竹千代の幼名がつけられた。後に岡崎城は今川家の支配下となり、竹千代は織田家や今川家を人質として流転、今川家の人質時代に元服して名を元信、更に今川義元の姪瀬名姫(築山御前)を娶り元康に名を改めた。そして永禄3年(1560年)織田と今川の間で桶狭間の戦いが勃発し、織田信長の奇襲により今川義元が討死、今川方の元康は混乱に乗じて父祖伝来の岡崎城を取り戻し、松平家の再興を図ることになる。

元康は織田信長と清州同盟を結び、名にある”元”の字を捨てて家康に改名し今川家から決別。三河国や遠江国にその版図を広げ、松平氏から徳川氏に改姓、元亀元年(1570年)家康は本拠を岡崎城から浜松城に移す。岡崎城には家康の嫡男信康が入城、信康自刃後は重臣の石川数正、本多重次を城代とした。天正18年(1590年)家康が関東へ移封されると、豊臣家家臣の田中吉政が入城、吉政は城郭の拡張をはじめ、菅生川の南側を通っていた東海道を城下に引き入れ城下町を造成、惣構えの堀(田中堀)を巡らせて岡崎城を近世城郭に整備した。慶長6年(1602年)初代岡崎藩主として本多康重が入城、2代康紀の時に城の大修築があり、元和3年(1617年)天守が完成する。以来本多家から水野家、松平(松井)家、本多家と譜代大名が城主を務め明治を迎えた。明治初期の廃城令で岡崎城の建物は全て撤去、現在は本丸や曲輪の遺構が城址公園として整備され、石垣や堀、井戸跡等が残る。昭和34年(1959年)復元天守が完成した。




乙川堤の桜並木
吹矢橋北詰付近より再び乙川堤を歩いて岡崎城址へ向かう。その桜並木入口には寛政6年建立の「南無阿弥陀佛」、昭和8年建立の「南無妙法蓮華経」と刻む題目碑を置く。ここにある由来は不明。


乙川堤の桜並木
乙川堤の菜の花と桜並木。


岡崎城天守
岡崎城本丸跡北西隅に建つ岡崎城天守。


桜茶屋
本丸の東隣、隠居曲輪跡にある桜茶屋。味噌ラーメンや田楽、串カツ等、八丁味噌を使った料理をはじめ、みたらし団子や五平餅を味わえる。岡崎城址散策の休憩にはもってこいの店。


龍城堀
本丸南側に残る水堀、龍城堀。


神橋
龍城堀に架かる神橋。


岡崎城菅生曲輪跡
菅生曲輪跡より東曲輪跡を望む。平成22年(2010年)城壁と東隅櫓が復元された。菅生曲輪跡の広場には”よいとこさ岡崎 一天涛快グランプリ”の舞台が祭りの後の寂しさ…。


郷土料理いちかわ
桜茶屋と同じく隠居曲輪跡にある郷土料理いちかわ。八丁味噌料理と甘味で観光客をもてなす。こちらも岡崎城散策の際には一息つけたい店。昭和2年(1927年)創業。


岡崎城天守と空堀
隠居曲輪跡より岡崎城天守を望む。


岡崎城本丸と持仏堂曲輪を隔てる空堀
岡崎城本丸と持仏堂曲輪を隔てる空堀。築城者(西郷清海入道稠頼)から名を取り清海堀と呼ぶ。良好な状態で遺構を残す。


岡崎城天守
持仏堂曲輪跡より岡崎城天守を望む。家康公と竹千代の座像が城の裏手を守っている。


八千代本店
持仏堂曲輪跡にある八千代本店。ここでは八丁味噌を使った田楽を味わえる。岡崎城址には八丁味噌に関する飲食店が多い。


からくり時計塔
二の丸跡にあるからくり時計塔。30分に一回、凛々しい表情の家康が能を舞う。


からくり時計塔
からくり時計の後半は家康の表情が一変、満面の笑顔に。


からくり時計塔
家康が舞う能が終わり、からくり時計は通常の状態に戻る。時計を見れば17時過ぎ、時間が経つのが早い。


本多平八郎忠勝公像
からくり時計の近く、本多平八郎忠勝公像。


徳川家康公像
そして二の丸跡に置く徳川家康公像。250年以上続いた江戸の世の礎を築いた人物、岡崎城天守を背景に貫禄を漂わす。


二の丸御殿井戸
二の丸御殿井戸跡。江戸時代に使われた石組井戸で平成19年度の発掘調査で発見された。


岡崎城東曲輪跡
東曲輪跡。現在は駐車場になっているが、東隅櫓が平成22年(2010年)に復元、往時の岡崎城を偲ぶ。


岡崎公園の電話ボックス
さすがは神君出生の城跡、電話ボックスまでもゴージャス。


岡崎城大手門
岡崎公園入口に建つ岡崎城大手門。江戸時代の大手門は現在地ではなく、ここより北東約150mの浄瑠璃寺付近にあった。


岡崎城三の丸跡
東曲輪跡の北側、三の丸跡。完全に市街地化し、城跡の雰囲気はない。


浄瑠璃寺
せっかくなので大手門跡を見ておこうと浄瑠璃寺へ、


岡崎城大手門跡
岡崎城大手門跡。写真右手が浄瑠璃寺、その左奥交差点辺りが大手門跡。


三河武士のやかた家康館
大手門跡を確認してから岡崎公園へ戻り、二の丸跡にある三河武士のやかた家康館へ。普段なら閉館している18時前、しかし桜まつりの期間中は21時まで開館していてラッキー。


三河武士のやかた家康館02
戦国無双の刀剣展を開催中、じっくりと見学しよう。戦国無双は戦国時代の武将が暴れ回る人気のアクションゲーム。キャラクターの武将が使う刀剣類を現代の刀匠が忠実に再現し展示する。


村正銘三角槍
まずは村正銘の三角槍、室町時代の作。村正は初代を右衛門尉といい、文明期(1471年~86年)から永正期(1504年~20年)にかけて作刀。伊勢国桑名に移住して千子派と称す刀工集団を興したといわれる。村正銘の刀は”妖刀村正”と俗称し、徳川家に仇をなす刀として知られる。


真田幸村 十文字槍
戦国無双の真田幸村が持つ武器、十文字槍。現代の刀匠が再現。真田幸村は来年の大河ドラマ「真田丸」の主人公、最期まで徳川家に盾突いた戦国武将で、その生き様に共感を覚える人は江戸時代から多くいた。


真田信之 直刀(双刃刀)
戦国無双の真田信之が持つ直刀(双刃刀)。真田信之は幸村の兄、関ヶ原合戦で石田三成方の西軍に付く父昌幸・弟幸村と袂を別ち、家康方の東軍に付いた。どちらが勝っても真田家が生き残る昌幸の戦略だったとされる。


和泉守兼定銘の刀
戦国無双武田信玄のパネル前には和泉守兼定作銘の刀。室町時代後期の作。和泉守兼定は美濃国関(現 岐阜県関市)で初代兼定の養子となり、後に美濃国随一とまで言われた刀匠。明応2年(1493年)から大永6年(1526年)にかけての作刀が残る。


戦国無双武将パネル
戦国無双武将パネル。これらのキャラクターに馴染み深いゲーマーも多いことだろう。私もその一人。


戦国無双武将パネル
戦国無双の武将はもちろんのこと、女性陣も強そう。


岡崎城天守
岡崎城址散策の最後は天守に。こちらも”三河武士のやかた家康館”と同じく、桜まつり期間中は開館時間を延長。ライトアップされた夜桜を天守から眺められる粋な計らい。


岡崎城天守
岡崎城天守は2階から4階まで岡崎城と城下町、岡崎藩に関する史料を展示。ここ最上階の5階は岡崎市街を一望する展望台。床面には城の古絵図を展示する面白い趣向。


岡崎城天守より城下を望む
天守展望台よりライトアップされた岡崎公園の夜桜を眼下に一望。終日降り続いた雨のせいで桜花は散り、花見客もまばらに。これにて岡崎城下の散策はお終い。


撮影日:2015年4月5日(日)
FC2ブログランキング

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター