FC2ブログ

三菱大夕張鉄道 ~湖底に沈んだ炭鉱街と鉄路~

かつて夕張線の清水沢駅から大夕張炭山間(17.2km)を結び石炭と旅客をは運んだ三菱大夕張鉄道。昭和48年(1973)三菱大夕張炭鉱の閉山に伴い南大夕張~大夕張炭山間の9.6Kmが廃止、清水沢~南大夕張間(7.6km)の運行は三菱南大夕張炭鉱の石炭輸送と沿線住民の足として存続した。しかし昭和62年(1987年)相次ぐ閉山と合理化があって全線廃止に。平成2年(1990年)三菱南大夕張炭鉱も閉山して大夕張地域の過疎化が進む。平成27年(2015)夕張シューパロダムが完成し、従来からの大夕張ダムによりできたシューパロ湖の水域が拡大、南大夕張~大夕張炭山間の鉄路跡と共に沿線の炭鉱街は湖底に沈んだ。




旧清水沢駅
かつて三菱大夕張鉄道の起点だった旧清水沢駅。駅舎と旧夕張支線ホームの間が不自然に離れているのは、三菱大夕張鉄道のホームがあった痕跡。


南大夕張駅跡
清水沢駅から2駅目、7.6km地点にあった南大夕張駅跡に。昭和48年(1973)南大夕張~大夕張炭山間が廃止されてからは、三菱大夕張鉄道の終着駅だった。


南大夕張駅跡
南大夕張駅跡にはホームと駅名標が残存し、かつて三菱大夕張鉄道を走り抜けた客車やラッセル車、石炭車が保存展示されている。


スハニ6
三菱大夕張鉄道で使われていた客車のスハニ6。正式名称がスハニ1形式スハニ6形客車なので、車体に記される形式はスハニ1となっている。


スハニ6
スハニ6は明治45年(1912)に製造されたオロシ9216が前身、後にスハニ19114となり、昭和26年(1951)三菱美唄鉄道に移り、荷物室の扉を塞ぐ改造を施してスハフ6に。同29年(1954)鋼体化、荷物室を復活させて今に残るスハニ6となり、同42年(1967)三菱大夕張鉄道に転籍した。


スハニ6
スハニ6の車内。


オハ1
オハ1形式オハ1形客車。


オハ1
オハ1は明治39年(1906)に製造されたネオ7が前身。ネオ7はネオ9037→スニ19952→スニ9282→オハフ8857と変遷し、昭和27年(1952)国鉄より三菱大夕張鉄道へ払い下げられた。


オハ1
オハ1の車窓から。


オハ1
ここにダルマストーブが設置されていた。


オハ1
オハ1に乗車して南大夕張駅に着いたよ。気分はそんな感じ。


ナハフ1
ナハフ1形式ナハフ1形客車。


ナハフ1
ナハフ1は昭和12年(1937)製造のナハ1が前身。同31年(1956)に鋼体化、同42年(1967)車掌室が設けられてナハフ1となった。三菱鉱業の自社発注車。現在、内部の見学はできない。


キ1
キ100形式キ1形貨車。昭和15年(1940)製造、三菱鉱業の自社発注車。ラッセル式雪かき車として冬期に活躍した。


キ1
前面からキ1。厳寒にもめげそうにない逞しい顔をしてる。


セキ1・セキ2
セキ1形式セキ1形貨車とセキ1000形式セキ2形貨車。セキ1は明治44年(1911)製造、前身はオテセ9500形。後にオテセ11000形→セキ1形式セキ118に変遷、旭川電気軌道が買い取りセキ1になり、昭和29年(1954)三菱大夕張鉄道へ譲渡された。
セキ2は昭和9年(1934)の製造。国鉄セキ1000形セキ1217→旭川電気軌道セキ1001と変遷し、昭和29年(1954)三菱大夕張鉄道へ譲渡されセキ2になった。運炭は国鉄から乗入れする石炭車により行われていたので、両貨車とも社線内での自己消費用石炭運搬やバラストの散布に使用された。


南大夕張駅跡
南大夕張駅を後にして。


シューパロ湖・明石町跡
シューパロ湖の湖底に沈んだ明石町跡。


三菱大夕張鉄道跡(シューパロ湖~明石町)
水かさが減り三菱大夕張鉄道の路盤跡が現れている。


三菱大夕張鉄道跡(シューパロ湖~明石町)
これも三菱大夕張鉄道の路盤跡だろう。


シューパロ湖・旧白銀橋
湖面に姿を現した旧白銀橋。


シューパロ湖・新白銀橋
旧国道と奥に新白銀橋。


シューパロ湖・明石町跡
旧白銀橋からの道と旧国道が接続するY字路にカーブミラーのようなものが残っている。


三菱大夕張鉄道跡(シューパロ湖~明石町)
明石町駅跡付近の路盤跡と旧国道。


明石町駅跡
新白銀橋より明石町駅跡を望む。湖側の道が旧国道、その右隣りを並走する道が三菱大夕張鉄道の路盤跡。


明石町駅跡前
明石町駅跡前。旧国道と駅前通り、駅前に形成した炭鉱街の区画が確認できる。


三菱大夕張鉄道跡(明石町~千年町)
新白銀橋より千年町・大夕張炭山駅方面。湖側に旧国道、その左に三菱大夕張鉄道の路盤跡が並走する。


旧旭沢橋梁
明石町~千年町間に残存する旧旭沢橋梁。


三菱大夕張鉄道跡(明石町~千年町)03
昭和4年(1929)大夕張炭鉱の北部開発に伴い南大夕張駅~ 通洞駅(後の大夕張炭山駅)間の9.6kmが延伸開通、これに伴い建造された旧旭沢橋梁。深い渓谷に架けられたラスド・ガーダー形式の美しい橋梁だ。


三菱大夕張鉄道跡(明石町~千年町)
沢の上流部より旧旭沢橋梁を望む。今から約50年前にここを石炭貨車や客車を牽引するSLが走り抜けていたのだ。


ふる里大夕張の碑
夕張東高校の跡地にある”ふる里大夕張の碑”。シューパロ湖に沈んだ炭鉱街を偲ぶ。


明石町_HO7213Y-C8-6_1972_02
空中写真データ:国土地理院 整理番号HO7213Y-C8-6を基に作成

昭和47年(1972年)撮影、明石町の空中写真。上が千年町・大夕張炭山駅、下が清水沢駅方面。駅の東側一帯に明石町の炭鉱街が形成、西側に夕張東高校があった。


キタキツネ
散策中に現れたキタキツネ。悲壮な表情に見えたのは食料を得たいがためなのか、人や車を恐れず近づいてくる。


鹿島小学校跡
最後に鹿島地区の大夕張駅付近にあった鹿島小学校跡に。


鹿島小学校跡
何もなくなっている鹿島小学校跡。最盛期の鹿島地区は炭鉱街を形成し約2万人が住んでいた。鹿島小学校には2500人以上もの生徒が在籍していたという。シューパロダムの建設により平成10年(1998)全戸移転、小学校も廃校。廃校時の生徒数は12名だった。


撮影日:2019年8月7日(水)
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

留萌本線から ~2019夏~

留萌本線の末端区間(留萌駅~増毛駅)が廃止されてから約3年が経ち、今や残された深川駅~留萌駅間ですら存続が危うい状況にある。沿線地域の人口が減少し、高速道路の敷設が進む近況を考えれば仕方のないことなのかもしれない。しばしば留萌本線に乗車している私としてみれば、留萌~増毛間が廃止されて留萌本線の魅力が小さくなったのは間違いない。深川から田園地帯を進み峠を越えて、行く先の留萌で日本海に出会い、かつてニシン漁で賑わった沿岸を増毛へ向かう。乗り鉄にとっては実に良いシチュエーションだった。留萌本線の魅力が失われたとつくづく思ってしまう。

留萌本線の石狩沼田駅、峠下駅、留萌駅が迎えた2019年の夏を。




石狩沼田駅
近代的な駅ながらも古びれた感が強い石狩沼田駅。


石狩沼田駅
切符売場の窓口が開いていたので。


石狩沼田駅
石狩沼田駅のご当地入場券を購入。


峠下駅
恵比島峠を越えて峠下駅へ。何度訪れても魅力を感じる駅舎である。


峠下駅前
留萌本線の秘境駅とされるだけに駅前はこの通り。


峠下駅
ひと気は無いがしっかり管理されている感じの駅舎内。乗降客は秘境駅目的の鉄道好きしかいないのだろうが、冬期は保線要員の詰め所として利用されている。


峠下駅
板で塞がれてはいるが、切符売場や荷物扱い窓口が残存している。


峠下駅
峠下駅ノート。


峠下駅きっぷ運賃表
峠下駅のきっぷ運賃表。


峠下駅04
峠下駅構内。留萌本線の途中駅で唯一列車交換ができる駅。駅舎側ホームが下りの留萌方面、斜向こうのホームが上りの深川方面。


峠下駅
上り深川方面ホームより駅構内。


峠下駅
風雪を耐え抜いてきた駅名標。味が出てます。


峠下駅
第10旭川留萌線踏切より峠下駅。駅の先に恵比島峠越えが控える。


第10旭川留萌線踏切
第10旭川留萌線踏切を通過する11:42峠下駅発の留萌行。2両編成の先頭車両はラベンダーカラーのラインが入ったキハ150形気動車。留萌本線で初めて見る車両だ。


留萌駅
そして、留萌本線終着の留萌駅に。


留萌駅
留萌駅で出発間近のキハ54形気動車。さっき第10旭川留萌線踏切で見た列車の2両目が12:18発の深川行になり、先頭車両だったキハ150形が13:30発深川行となる。


留萌駅
いつもの駅そば屋に。お気に入りの”にしんそば”。


留萌駅
次の発車は約1時間後、しばらく改札口は閉じたまま。


留萌駅
留萌駅で発車を待つ13:30発深川行のキハ150形。


旧第10留萌川橋梁
留萌駅から廃線区間の瀬越・増毛駅(2016年廃止)側に残る旧第10留萌川橋梁。ディーゼル音をうならせてここを走り抜けたキハ54形が目に浮かび感慨深い。


撮影日:2019年8月8日(木)
FC2ブログランキング

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

留萌本線(留萌~増毛) ~廃止されて2年10ヶ月が経ち~

留萌本線の末端区間(留萌~増毛)が平成28年(2016)に廃止されて2年10ヶ月が経った8月、現況を見ておきたく久しぶりに各駅を訪ねてみることに。昨年(2018)にリニューアルオープンしてセカンドライフを歩み始めた増毛駅、一方でその途中駅は廃駅らしい悲しい運命を辿っていた。




旧瀬越駅
留萌駅から廃線区間のひと駅目、旧瀬越駅。


旧瀬越駅
待合所前のレールは撤去されているが。


旧瀬越駅
ホーム増毛側のレールは残っていた。


旧瀬越駅
旧瀬越駅の待合所。


旧瀬越駅
旧瀬越駅全景。


瀬越駅_2015年10月
現役時代の瀬越駅(2015年10月撮影)。上写真と比較すると、踏切や変電設備が撤去されているが、外観は往時のままである。




旧礼受駅
次は旧礼受駅。あの貨車駅舎は健在だ。


旧礼受駅
しかし出入口の扉にはしっかり鍵がかけられる。


旧礼受駅
窓越しに駅舎内を覗く。


旧礼受駅
駅構内の線路は残されている。


旧礼受駅
現役当時から塩害で外装がボロボロだったが、更に劣化が進んだ。


礼受駅_2015年10月
現役時代の礼受駅(2015年10月撮影)。




旧阿分小学校
阿分駅に隣接していた旧阿分小学校。校舎の裏手に駅があった。


旧阿分駅
留萌駅から3駅目、旧阿分駅。


旧阿分駅
単式ホームと待合所があるだけの駅だったが、何も無くなった。


旧阿分駅
駅跡より増毛方面。線路は撤去されている。


旧阿分駅前
阿分駅前にあった民家も撤去されていた。


阿分駅_2015年10月
現役時代の阿分駅(2015年10月撮影)。





旧信砂川橋梁
信砂川に架かる旧信砂川橋梁は健在。


旧信砂駅
信砂駅跡。ホームや待合所をはじめ、駅横にあった増毛妹背牛線踏切も撤去され、3年前まで本当に鉄道が走っていたのかと疑うような現況。


旧信砂駅
あの板敷ホームはもうここに無い。


旧信砂駅
ホーム跡より増毛方面。まだ駅と路盤の痕跡を残しているが、数年後には自然に帰るのだろう。


旧信砂川橋梁
信砂駅跡より旧信砂川橋梁。付近の鉄路はまだ残されまま。


信砂駅_2015年10月
現役時代の信砂駅(2015年10月撮影)。




旧舎熊駅
留萌駅から4駅目、舎熊駅跡。駅舎やホームどころか、旧駅の基礎すら撤去され跡地は完全に均された。


旧舎熊駅前
駅跡前には枕木が積まれていた。


旧舎熊駅
旧舎熊駅前。


旧舎熊駅
駅跡より増毛方面。


旧舎熊駅
駅跡より留萌方面。もはや駅の痕跡が無くなっている。


舎熊駅_2015年10月
現役時代の舎熊駅(2015年10月撮影)。旧駅舎の基礎上に貨車駅舎が設けられていた。





旧朱文別駅
留萌駅から5駅目、朱文別駅跡。


旧朱文別駅
駅付近の線路やホームは撤去された。


朱文別踏切跡
駅横の朱文別踏切も完全に消え失せ。


朱文別駅_2015年10月
現役時代のの朱文別駅(2015年10月撮影)。待合所横に積まれたブイだけが今も当時のまま残っている。





箸別川橋梁跡
箸別駅から留萌側約70m地点、箸別川に架かっていた箸別川橋梁跡。


箸別川橋梁跡
橋桁は撤去され橋台だけが取り残された。


箸別川橋梁跡
下流部より箸別川橋梁跡。


箸別駅跡
留萌駅から6駅目、箸別駅跡。駅前広場は漁具置き場に。私有地となってしまったため、駅跡に近づけない。


箸別駅_2015年10月
現役時代の箸別駅(2015年10月撮影)。




箸別跨線橋
留萌本線の撮影スポットだった箸別跨線橋。


留萌本線(箸別~増毛)跡
箸別跨線橋より箸別・留萌方面。線路は撤去され路盤だけが残される。


留萌本線(箸別~増毛)跡
箸別跨線橋より増毛方面。まだ線路は健在。


旧増毛駅
そして留萌本線の終着駅だった増毛駅。


旧増毛駅
昨年(2018)にリニューアルオープンして駅舎だけは往時に戻った。


旧増毛駅
ホームと駅名標に線路、そして背景の増毛灯台は廃線当時のまま。


旧増毛駅
旧増毛駅構内。2年10ヶ月前にここで最終列車を見送ったなあ、と感慨にふけてしまう。


旧増毛駅
駅舎内は改築されて随分と広くなった。


旧増毛駅
今年(2019)の増毛町応援大使は日ハムの西川遥輝と杉浦稔大。


旧増毛駅
廃線当日に使われたヘッドマーク。


旧増毛駅
増毛駅に来たらやっぱこれでしょ。コリコリの食感に絶妙の塩加減が抜群に美味いタコザンギ!


撮影日:2019年8月8日(木)
FC2ブログランキング

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP
24日目(2016/10/9)島田宿→藤枝宿 MAP
25日目(2016/12/24)藤枝宿→岡部宿 MAP
26日目(2017/3/19)岡部宿→丸子宿→府中宿 MAP
27日目(2017/5/6)府中宿→江尻宿 MAP
29日目(2017/11/4)由比宿→蒲原宿 MAP
30日目(2018/2/11)蒲原宿→吉原宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター