fc2ブログ

日高本線 ~2023正月 苫小牧駅・勇払駅~

苫小牧駅から北海道の太平洋沿岸を通って146.5km先の様似駅(様似郡様似町)を鉄路で繋いでいた日高本線。平成27年(2015)1月に厚賀駅~大狩部駅間で高波を受けて路盤の土砂が流出、鵡川駅~様似駅間が不通となって後、台風や地震の自然災害により不通区間が大きなダメージを受けたこともあり、再び開通することなく令和3年(2021)4月1日に鵡川駅~様似駅間が廃止された。現在の日高本線は苫小牧駅~鵡川駅間で運行を継続しているがその運行距離は30.5km、本線とは名ばかりの支線と化している。




日高本線の起点、苫小牧駅が所在する苫小牧市は明治43年(1910)王子製紙の工場が操業開始したことをはじまりに、昭和18年(1943)大日本再生製紙(現 日本製紙)の工場が勇払で操業を開始。小さな漁村に過ぎなかった集落は製紙産業が盛んになったことをきっかけに、高度経済成長期には大規模な港湾が建設され、石油精製業や自動車工業などが進出し工業都市として大きく発展を遂げた。人口は増加の一途を辿ってきたが平成25年(2013)の17万4469人をピークに減少へと転じており、現在は17万人を下回っている。

苫小牧駅は明治25年(1892)北海道炭礦鉄道の一般駅として開業。同39年(1906)所属線が国有化され同42年(1909)室蘭本線に改称した。大正2年(1913)苫小牧軽便鉄道が苫小牧駅~佐瑠太駅(現 富川駅)間が開業、昭和2年(1927)国有化され日高線に改称、同12年(1937)様似駅まで全通した。現在の駅舎は昭和57年(1982)完成の4代目で、室蘭本線・千歳線・日高本線の3路線が乗り入れるターミナル駅となっている。

駅名に付けられている地名”トマコマイ”の語源について苫小牧市のホームページ「苫小牧市の概要」より引用。『以前、苫小牧川が流れる一帯を、当時の河川名であったマコマイ(アイヌ語で「山奥に入っていく川」)と呼んでいた。沼のあった旧樽前山神社付近一帯はアイヌ語で沼の意味がある「ト」の字をつけて「ト・マコマイ」と呼ばれるようになり、今日の苫小牧になった。』

空中写真_苫小牧駅駅_CHO759-C26A-31_1975(昭50)
空中写真データ:国土地理院 整理番号CHO759-C26A-31を基に作成
昭和50年(1975)撮影、苫小牧駅周辺の空中写真。駅舎は3代目の前駅舎で、駅裏手の北側は開発がはじまっていない。駅前も現在とは随分と様相を異にしているようだ。


苫小牧駅_駅名全百科
小学館コロタン文庫「国鉄駅名全百科」(昭和54年(1979)初版第1版発行)より。現駅舎が完成する昭和57年(1982)以前の3代目駅舎。「苫小牧は製紙の町。乗降客にはビジネス客も多く、特急も全列車停車するが、駅舎は狭い。」と少々ディスり気味に紹介されている。


苫小牧駅
日高本線の起点、苫小牧駅に。


苫小牧駅前
駅前にでんと構える旧商業施設の”苫小牧駅前プラザエガオ”。閉鎖から8年も経っているらしい。ようやく来年(2024)度に解体され跡地に複合施設などが建設されるとのこと。


苫小牧駅_S80年代
1980年代中頃に私が撮影した苫小牧駅。まだ真新しい。エスタという商業施設が入っており、駅付近には人も多く賑わっている様子をうかがう。しかしエスタは平成28年(2016)に閉店、時の流れをを感じる。


苫小牧駅
現駅舎が完成してから40年が経ち、老朽化が進んるなあ…と。エスタの表記も消えて駅に活気を感じない。


苫小牧駅
駅舎全景。


苫小牧駅前
駅前には立派なホテルルートインがあるが、近年に駅周辺から商業施設が無くなり空洞化が否めない。


苫小牧駅
駅の中に入ってみよう。


苫小牧駅
駅舎内コンコース。


苫小牧駅
券売機は3台。その上にきっぷ運賃表。


苫小牧駅
きっぷ運賃表。札幌まで1680円、新千歳空港まで660円。


苫小牧駅
日高本線は鵡川まで750円。


苫小牧駅
改札口。


苫小牧駅
苫小牧駅の”北の大地の入場券”


苫小牧駅
苫小牧いぶりカレー店。”まるい弁当”と”肉のあおやま”がコラボしたカレー店らしい。苫小牧名物の”ホッキカレー”を食べてみたかったが、本日は正月2日だけに休みのようだ。次の機会にとっておこう。


苫小牧駅から13.1km、勇払川河口部西側の太平洋沿岸に勇払市街があり、その少し内陸部(北側)に勇払駅がある。苫小牧市字勇払に所在。大正2年(1913)に苫小牧軽便鉄道の一般駅として開業したのがはじまりで、後に国有化され日高本線の駅に。昭和30年(1955)駅舎改築、同37年(1962)苫小牧港建設に伴う苫小牧駅~浜厚真駅間の線路付け替えにより現在地へ移転した。昭和57年(1982)貨物取扱い廃止、同59年(1984)荷物取扱いが廃止され駅員無配置となり切符販売が簡易委託化。現在は簡易委託も廃止され完全な無人駅となっている。

駅名になっている地名の由来を角川地名大辞典より引用。『地名の由来はアイヌ語のイプッで「それの入口」という意(地名とまこまい)。勇払は古くから勇払川-ウトナイ沼-美々川-千歳川-石狩川に出る千歳越(勇払越)のための要地で、イプッは当時シコツと呼ばれた千歳サケ漁場への入口を指したものと思われる。また一説に、「ユープト」で「湯川の口」とする説もある(蝦夷地名考并里程記・東蝦夷日誌・北海道蝦夷語地名解)。』

空中写真_勇払駅_CHO759-C26B-2_1975(昭50)
空中写真データ:国土地理院 整理番号CHO759-C26B-2を基に作成
昭和50年(1975)撮影、勇払駅周辺の空中写真。駅舎から少し離れたところに島式ホームを持つ構造は今と変わらないが、ホームと駅舎を繋ぐ構内跨線橋を設けている。駅前から北西方向一帯に山陽国策パルプの社宅が整然と並び、かつてパルプ工場で栄えた町だったことをうかがう。


勇払駅
何かの事務所みたいな駅舎を持つ勇払駅。


勇払駅
4席のベンチを置く駅舎内。正面にかつて切符売場や荷物取扱い窓口があったと思われる。


勇払駅
駅前側出入口。


勇払駅
かつての改札口。


勇払駅
壁伝いに木製ベンチが配される。


勇払駅
発車時刻表。1日に苫小牧方面9本、鵡川方面8本の列車が発着する。


勇払駅
きっぷ運賃表、もとい普通運賃表。同じJR北海道管内でも表記の仕方が違う。


勇払駅
勇払戸別明細図。駅南側太平洋沿岸に形成する勇払市街が一目瞭然。


勇払駅
駅構内。駅舎から少し離れた場所にホームがある。


勇払駅
ホーム側より駅舎。


勇払駅
ホーム入口のスロープ。


勇払駅
ホームより苫小牧方面。


勇払駅
少々劣化気味の駅名標。


勇払駅
駅名標のバックには苫小牧港の工業地帯。


勇払駅
ホームより鵡川方面。


勇払駅
苫小牧方面乗車口。


勇払駅
苫小牧方面乗車口より鵡川方面。


勇払駅
不自然に離れているホームと駅舎。


勇払駅
かつて駅舎とホームの間には線路が通っており構内跨線橋が設けられていた。


勇払駅
寂寥感が漂う駅前。


勇払駅前
駅前に道南バスの停留所があるが学生専用。


勇払駅
傾きかけた陽を浴びて映える駅舎。コンクリート造り2階建ての立派な駅舎だが、窓が塞がれ廃墟にも見えてしまう。


勇払市街案内図
駅前に設置される勇払市街案内図。駅裏手に勇払小学校と中学校の表記があり今も現役の学校である。


キタキツネ
勇払駅から次の浜厚真駅へ向かっている途中、「ルールルルルル」と呼びかけてもいないのにキタキツネが寄ってくる。


キタキツネ02
人に餌付けされて学習しているのだろう、何か食い物をくれと言わんばかりのおねだり顔がりりしくも可愛らしい。餌をあげたくなる人の気持ちもよくわかる。野生動物に人の食べ物をあげてはいけないという理屈もよくわかる。ヒグマやエゾシカにしてもそうだが、人間と野生動物の関わりは難しい問題だと改めて思う。


訪問日:2023年1月2日(月)
FC2ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

日高本線 ~2023正月 浜厚真駅・浜田浦駅~

勇払駅から鵡川方面へ向って約9km、厚真川を渡れば間もなく浜厚真駅に着く。厚真町の南端、太平洋沿岸の厚真町浜厚真に所在する浜厚真駅、厚真町内にある唯一の鉄道駅だが、内陸部にある町の中心部とは直線距離で約13kmも離れており、大多数の町民にとっては使い勝手がよくないと思われる。しかしながら駅周辺に苫小牧港東港区があり、港を中心に苫小牧東部地域の工業地帯が形成され、JR北海道の調査によれば1日平均の乗車人員(H29~R3の5年平均)は19.8人とあり、日高本線が廃止されなければ存続していくだろう。

浜厚真駅は大正2年(1913)に苫小牧軽便鉄道の厚真駅として開業したのがはじまり。同14年(1925)現駅名に改称、昭和2年(1927)所属路線が日高線に改称した。昭和52年(1977)貨物・荷物取扱いと共に旅客業務が廃止され無人駅となり、乗車券販売を簡易委託化。同61年(1986)簡易委託も廃止され、同62年(1987)貨車駅舎に改築された。厚真町字浜厚真に所在、駅名の由来は所在地名から。




空中写真_浜厚真駅_CHO759-C29A-6_1975(昭50)
空中写真データ:国土地理院 整理番号CHO759-C29A-6を基に作成
昭和50年(1975)撮影、浜厚真駅周辺の空中写真。千鳥式に配置された相対式ホーム2面2線に有人駅だった前駅舎、島式ホームに通じる構内踏切が見える。駅裏手には浜厚真小中学校があり駅から通学路が延びていた。駅前には建物が多くあり集落を形成、現在とは随分と様子を異にしている。


厚真川橋梁
勇払駅~浜厚真駅間に流れる厚真川。凍結した川面が北海道の厳しい寒さを物語る。厚真川橋梁を1両編成の列車が足早に駆け抜けてゆく。


厚真川
厚真川河口方面。右岸に苫小牧東部地域の工業地帯が見える。


浜厚真駅
厚真川から約600m東、寂寥感を漂わせる浜厚真駅。


浜厚真駅
北海道の無人駅によく見られる貨車駅舎ながら、波と浜辺をモチーフにした外装を施す。


浜厚真駅
駅舎横に設置される駅名標。


浜厚真駅前
駅前の国道沿いには店や民家すらなく寂しい雰囲気。


浜厚真駅
駅舎前のアスファルト舗装は有人駅だった前駅舎の遺構だろう。


浜厚真駅
ホームに設置される駅名標。


浜厚真駅
ホームより苫小牧方面。


浜厚真駅
ホームより鵡川方面。


浜厚真駅
駅舎ホーム側。


浜厚真駅15
苫小牧側の駅舎横外装にはこんなイラストが。駅舎が擬人化されており宗谷本線下沼駅の”妖怪ぬまひきょん”を思い出す。
下沼駅(宗谷本線) ~妖怪ぬまひきょんの棲み家~


浜厚真駅
外装に反して地味な駅舎内。


浜厚真駅
4人ぐらい座れるベンチを設置する。


浜厚真駅
普通運賃表。


浜厚真駅
発車時刻表。1日に苫小牧方面9本、鵡川方面8本の列車が発着。


浜厚真駅
暖房が無く駅舎内は寒い。夏はきっと暑いんだろうな。


浜厚真駅
ベンチに置かれていた駅ノートと写真立て。


浜厚真駅
写真立てに掲げるスケッチ画はどこかで見た画風。函館本線の池田園駅や銚子口駅とかで見たあのスケッチ画と同作者なのだろうか。なんか再び出会えた感じがして少し嬉しくなってしまった。


浜厚真駅
擬人化貨車駅舎のコラボだ!


浜厚真駅から鵡川方面へ4.3km、むかわ町田浦の太平洋沿岸に所在する浜田浦駅。単式ホーム1面1線と待合所を有する無人駅で、昭和34年(1959)に開業してから駅の形態は大きく変わっていないのだろう。JR北海道が公表した駅別乗車人員(H29~R3の5年平均)によれば1日平均の乗車人員は2.4人、わずかに利用客がいたようだが、駅を置く意義を失ったと判断され今年(2023)3月のダイヤ改正に伴い廃止となる。

空中写真_浜田浦駅_CHO759-C33A-3_1975(昭50)
空中写真データ:国土地理院 整理番号CHO759-C33A-3を基に作成
昭和50年(1975)撮影、浜田浦駅周辺の空中写真。単式ホームと待合所を設ける駅構造は今と変わらない。


浜田浦駅
国道沿いの原野にポツンと待合所。ここが浜田浦駅。


浜田浦駅
駅の周りには何もない。


浜田浦駅
普通に車で走り抜けたらここが駅だとは気づかないだろう。


浜田浦駅
コンクリートブロック造りにトタン屋根を載せる待合所。


浜田浦駅
駅は浜辺から約600m内陸部にあり、海抜6メートル。


浜田浦駅
待合所内。駅らしく発車時刻表と運賃表を掲げている。


浜田浦駅
ベンチ上の片隅に駅ノートとあのスケッチ画を置く写真立て。


浜田浦駅
浜田浦駅を舞台に女の子のちょっとした物語を想像させるこのスケッチ。


浜田浦駅
殺風景な駅に花を添えている。


浜田浦駅
発車時刻表。1日に上り下り6本の列車が発着。


浜田浦駅
普通運賃表。


浜田浦駅
駅舎内より出入口。扉がないので換気だけはよい。


浜田浦駅前
駅前は国道が通っているが何も無い。


浜田浦駅17
ホーム出入口よ待合所。


浜田浦駅
苫小牧方面乗車口。


浜田浦駅
鵡川方面。


浜田浦駅
駅名標より鵡川方面。


浜田浦駅
長年の風雪に耐え劣化気味の駅名標。


浜田浦駅
駅名標より苫小牧方面。


浜田浦駅
鵡川方面乗車口より苫小牧方面。


浜田浦駅
開業から64年、浜田浦駅に思い出を残す人も多くいるだろう。間もなく長い歴史に幕を閉じようとするこの駅に、敬意を表したい思いで待合所の正面に立ち一礼。長年にわたるお務め、ご苦労様でした。

2023年(令和5年)3月18日浜田浦駅廃止。


訪問日:2023年1月2日(月)
FC2ブログランキング

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
北海道旭川市出身。18歳で実家を出て千葉県に移り住んで約30年、2022年11月転勤をきっかけに千葉県柏市から茨城県土浦市へ引っ越し。今は茨城県民として筑波山を仰ぎ見ながら日々を過ごす。

カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター