fc2ブログ

長万部駅(函館本線・室蘭本線) ~名物駅弁かにめしは今~

渡島半島の付け根、内浦湾を望む地に町域を持つ長万部町。「おしゃまんべ」と読む難読地名の長万部は、年配の方なら由利徹さんのギャグ「おしゃ、まんべ」で知る方も多いことだろう。地名の由来はアイヌ語の「オ・サマム・ペツ(そこの・横になっている・川)」や「オ・サマンペ(そこの・カレイ)など諸説あるが、蝦夷地と呼ばれた時代、現在の長万部川河口が海岸線に沿って横に流れ、カレイが多く獲れたということだろう。

慶長9年(1604)松前藩が成立しその支配を受けたことに歴史がはじまる長万部。寛文9年(1669)松前藩に対してアイヌが蜂起、シャクシャインの戦いとして歴史に名を残すこの戦いで、町内を流れる国縫川付近が激戦地になった。以来江戸期を通して松前藩や幕府が支配、明治維新期に斗南藩の支配を経て廃藩置県後の明治6年(1873)長万部副戸長に竹内弥兵衛が任命される。長万部町ホームページによれば「近代国家組織の末端機構である村の首長が置かれたということで、この年をもって長万部町の開礎としている。」と紹介する。

長万部駅は明治36年(1903)北海道鉄道森駅~熱郛駅間の開通に伴い一般駅として開業。大正12年(1923)国有鉄道長輪線(現 室蘭本線)長万部駅~静狩駅間が開通し2路線が乗り入れる乗換駅となり、現在は室蘭本線の起点駅である。昭和49年(1974)みどりの窓口を開設、同59年(1984)荷物取扱い廃止、同60年(1985)貨物取扱い廃止、同62年(1987)現駅舎に改築された。

長万部駅と言えば名物弁当”かにめし”だろう。昭和初期に駅弁として販売された”かにめし”は、ほぐした毛ガニのむき身を炒め味付けし、ご飯に満遍なくまぶした完成度の高い駅弁で、長万部の特産品として世に名を知らしめた。私は北海道の旭川に帰郷する際、函館から札幌まで特急北斗やスーパー北斗をよく利用してきたが、函館から乗車して間もなく車内販売の乗務員が”かにめし”の予約をとりにきて、長万部駅到着後に”かにめし”を受け取る素晴らしいシステムができていた。しかしながら、2019年に車内販売が終了、乗車中に”かにめし”を買うことも食べることもできなくなってしまったのだ。こういった旅行者を楽しませる配慮がJR北海道は足りないんだよなあ…、と愚痴を言ってもしょうがないので、あの味を再び求めて長万部駅に降り立つ。



空中写真_長万部駅_CHO7612-C11-15_1976(昭51)_04
空中写真データ:国土地理院 整理番号CHO7612-C11-15を基に作成
昭和51年(1976)撮影、長万部駅周辺の空中写真。駅舎をはじめホームや構内跨道橋の配置は現在と大きく変わらない。駅北側で函館本線から室蘭本線が分岐、その分岐点左側に転車台と車庫を残す。現在、駅から海岸線に続く駅前通りは海岸線まで続いておらず、何かの工場らしき敷地で行き止まっている。


長万部駅
長万部駅で特急北斗9号(札幌行)から下車。


長万部駅
長万部駅に待機するH100形気動車。


長万部駅
構内跨道橋より札幌方面。


長万部駅
構内跨道橋より函館方面。


長万部駅
改札口。


長万部駅
改札口横にみどりの窓口。


長万部駅
駅舎内に併設する観光案内所兼売店。


長万部駅
駅舎前には”おしゃまんべ温泉郷”の宿泊施設案内。予約が取れたら今夏に宿泊してみよう。


長万部駅前
駅から内浦湾に向かって延びる駅前通り。左手には長万部名物折詰そばの店。ここは次に来たときにとっておこう。


長万部駅
この駅舎は新幹線が札幌まで開通しているはずの10年後には消え失せているのだろう。


お食事処かなや
駅前にある”お食事処かなや”。かにめしの元祖、”かにめし本舗かなや”が経営する。


かにめし本舗
お食事処の隣には”駅弁かにめし本舗かなや”。ここで特急北斗で食べたあの”かにめし”が買えるのだ。


かにめし本舗
列車内を模したイートインスペースを設けている。


かにめし本舗
これが”かなやのかにめし”。久々の再会に感動。


かにめし本舗
特急北斗の車内で幾度となく食べた懐かしい味。何で車内販売をやめたのだろう…。


かにめし本舗
店舗前にはかにめし弁当の自販機。


長万部海岸
かにめし弁当で腹を満たし駅前通りを歩いて海岸へ。内浦湾の向こう遠くに北海道駒ヶ岳を望む。


長万部駅前通り
海岸から駅前通りを歩いて長万部駅に戻ろう。


長万部駅前通り
駅前通り沿いには北海道新幹線の延伸着工と長万部駅の高架化が決定したことを知らせる看板が。


長万部駅
新幹線が長万部まで延伸開業したとき、駅前はどう変化していくのか。


長万部駅
いずれこの駅舎も撤去され、木古内駅や新函館北斗駅のように近代化するのだろう。


長万部駅
駅舎内に入り。


長万部駅発車時刻表・到着時刻表
発車時刻表と到着時刻表。倶知安行普通はから13:29発。


長万部駅
改札を通り3・4番ホームへ向かう。島式ホーム2面4線の駅構造なので、列車に乗るには改札から必ず構内跨線橋を渡らなければならない。


長万部駅
振り返って改札口。


長万部駅
跨線橋より函館方面。倶知安行普通が停車している。


長万部駅
ここで跨線橋から3・4番ホームへ降り。


長万部駅
階段の途中に発車時刻表。


長万部駅
4番のりばで発車を待つ13:29発倶知安行普通。


長万部駅20
倶知安行普通は1両編成。車内に入ると座席は全て埋まり立っている乗客も多くいる状況。倶知安・小樽方面は1日4本しかなく、日中に乗れるのはこの倶知安行と16:38発の小樽行のみ。せめて2両編成にしてほしい。


長万部駅
3・4番ホームの駅名標。


長万部駅
3番のりばに渡島砂原経由の13:37発函館行普通が入線。見慣れたキハ40形。


長万部駅北の大地の入場券
倶知安行普通に乗車し、長万部駅で入手した北の大地の入場券を撮っておく。


昆布駅
車内から昆布駅。


ニセコ駅
車内からニセコ駅。


函館本線(ニセコ~比羅夫)
次の比羅夫駅へ向かっている途次、まだ名残り雪を見る季節にラフティングする人たち。雪解け水が流れ込んでいて水も相当に冷たいはずで、ひと言すっげーな。


比羅夫駅
車内から比羅夫駅。次は終着の倶知安。


比羅夫駅
車内では降りても公共交通機関が無いので次の倶知安駅で下車するようにとのアナウンスが流れていた。


訪問日:2022年5月2日(月)
FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP
24日目(2016/10/9)島田宿→藤枝宿 MAP
25日目(2016/12/24)藤枝宿→岡部宿 MAP
26日目(2017/3/19)岡部宿→丸子宿→府中宿 MAP
27日目(2017/5/6)府中宿→江尻宿 MAP
29日目(2017/11/4)由比宿→蒲原宿 MAP
30日目(2018/2/11)蒲原宿→吉原宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター