fc2ブログ

上駒駅跡・中頓別駅跡(天北線) ~2023夏~



天北線起点の音威子府駅から8駅目、37.4km地点にあった上駒駅。枝幸郡中頓別町字上駒に所在し、昭和30年(1955)に仮乗降場として1面1線の単式ホームが設けられのがはじまり。平成元年(1989)国鉄分割民営化により経営がJR北海道へ移行したことに伴い駅へ昇格。平成元年(1989)名寄本線全線廃止に伴い廃駅となった。


空中写真_中頓別_CHO776-C11-19_1977(昭52)03
空中写真データ:国土地理院 整理番号中頓別_CHO776-C11-19_を基に作成
昭和52年(1977)撮影、上駒駅周辺の空中写真。国道より線路に向かって駅へアクセスする短い小路があり、その右手の線路北側に単式ホームを設けていた。現在、駅付近の路盤跡は国道になっている。


上駒駅跡04
この辺りが上駒駅跡。路盤は国道に付け替えられ完全に消失している。道路標識から少し先の国道上にかつては単式ホームがあったはず。


上駒駅跡02
上駒駅跡より中頓別方面。


上駒駅跡01
上駒駅跡より音威子府方面。


上駒駅跡前02
駅跡付近より国道275号を音威子府方面。国道右側の斜面沿いに旧国道の路盤を残す。


上駒バス停留所03
上駒駅跡近くにある上駒バス停留所。


上駒バス停留所02
上駒という停留所名は何とか読み取れるが、時刻表の破損が著しく何時にバスが来るのかがわからない。


上駒バス停留所01
上駒バス停留所より音威子府方面。


頓別川の上中流域、宗谷地方南部の山間に町域を持つ中頓別。町の中央部には松音知(マツネシリ)岳と敏音知(ピンネシリ)岳が横たわる。明治30年代に頓別川で砂金が見つかり多くの人が入って砂金ブームが訪れ、そんな中の同34年(1901)楢原民之助という人が現在の市街地に入って農耕をはじめたことが中頓別開拓の先駆とされる。明治末期の頓別原野区画割によりその中央に位置することから中頓別という地名が誕生する。

大正5年(1916)宗谷線小頓別駅からの延伸開通に伴い終着の一般駅として中頓別駅が開業、同7年(1918)宗谷線が浜頓別まで延伸開通しその途中駅になった。昭和5年(1930)音威子府から幌延を経由するルートが宗谷本線となり、浜頓別経由のルートは北見線に改称、それから31年後の同36年(1961)天北線に改称される。同50年(1975)中頓別駅は鉄筋コンクリート製の駅舎に改築されたが、利用者が減少から同59年(1984)貨物と荷物取扱い廃止、平成元年(1989)天北線の全線廃止に伴い廃駅となった。

空中写真_中頓別_USA-R327-118_1948(昭23)04
空中写真データ:国土地理院 整理番号 中頓別_USA-R327-118を基に作成
昭和23年(1948)撮影、中頓別駅周辺の空中写真。駅舎は昭和9年(1934)に改築された木造駅舎なのだろう。駅前側には建物が密集して市街を形成、駅裏手から南側の線路沿いにかけては大規模な木材の土場が設けられ木工場の敷地にもなっている。林業が盛んであたことをうかがう。


空中写真_中頓別_CHO776-C10B-9_1977(昭52)03
空中写真データ:国土地理院 整理番号 中頓別_CHO776-C10B-9_を基に作成
昭和52年(1977)撮影、中頓別駅周辺の空中写真。駅舎は昭和50年(1975)に改築した鉄筋コンクリート造り。駅裏手から南側の線路沿いにかけて大規模な木材の土場は健在で木工場も30年前より多くあるように見える。しかし保管される木材は明らかに少なくなっており、トラック輸送への転換期にあることをうかがう。


中頓別バスターミナル01
中頓別駅跡に建てられた中頓別バスターミナル。


中頓別バスターミナル17
バスターミナルを中心にキハ22形気動車を静態保存し天北線メモリアルパークとして整備されている。


中頓別駅跡01
静態保存されるキハ22形気動車は車体を青色に塗り直したオリジナルカラー。


中頓別駅跡03
車体前には腕木式信号機を置く。


中頓別駅跡04
塗装が剥げ劣化が著しい。


中頓別駅跡02
NPO法人中頓別町まちづくり協議会がキハ22再生プロジェクトを立ち上げ、支援金や作業員、アイデアなどを募集。この車体を国鉄色に塗り直し後世に残そうとしている。


中頓別駅跡06
このまま朽ち果てさせるにはもったいない。


中頓別駅跡08
中頓別駅構内跡より浜頓別方面。


中頓別駅跡10
かつて浜頓別方面へ延びていた鉄路や路盤は完全に消失している。


中頓別駅跡09
中頓別駅構内跡より音威子府方面。かつて駅裏から南側にかけての広大な土場は見る影もない。


中頓別バスターミナル09
中頓別バスターミナルの1階はバス待合室と乗車券販売窓口、2階には鉄道記念館を設けている。


中頓別バスターミナル10
鉄道記念館では天北線関連の資料を展示する。


中頓別バスターミナル11
展示棚の上に歴代駅長の名前。大正5年(1916)に開駅してから平成元年(1989)の廃駅に至る73年間、27名の方が駅長を務めた。最後の27代駅長、森下保さんはご健在なのだろうか。そんなことを思ってしまう。


中頓別バスターミナル02
以下、中頓別バスターミナル鉄道記念館の展示写真より。これは最終運行日のお別れ列車。


中頓別バスターミナル06
昭和50年(1975)に改築された鉄筋コンクリート造りの最後の駅舎。この駅舎、何度か訪れてるんだけど何ゆえか自分で撮った写真が残ってないんだよなあ…。


中頓別バスターミナル16
これも最終運行日に撮られた写真なのだろう。


中頓別駅跡前01
中頓別駅跡前。


中頓別駅跡前02
中頓別町の観光案内図。明治30年代、頓別川において砂金ブームに沸いた中頓別。現在も頓別川支流のペーチャン川に砂金掘体験場があり観光客を呼ぶ。


中頓別市街01
駅跡より旧駅前通り。


中頓別市街02
旧駅前通りは道道399号に指定されており中頓別停車場線の名を残す。


中頓別市街03
駅が無くなって34年が経ち市街地は寂れた。


中頓別駅跡前03
道道399号より駅跡の中頓別バスターミナル方面。かつては多くの人や車が行き交ったであろう駅前通り、今やほとんど車が通らずひと気も無い。鉄道が無くなるというのはこういうことなのだ。


訪問日:2023年8月16日(水)
FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
北海道旭川市出身。18歳で実家を出て千葉県に移り住んで約30年、2022年11月転勤をきっかけに千葉県柏市から茨城県土浦市へ引っ越し。今は茨城県民として筑波山を仰ぎ見ながら日々を過ごす。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター