十三峠越え⑦

巡礼水からは一転して坂道を下ることになる。びあいと坂、曽根松坂、地蔵坂を下り、次にしゃれこ坂、山の神坂の上りと少々忙しい。童子ヶ根という場所から山中を抜けると、十三峠最後の坂道となる寺坂の急な下り坂。その先、眼前に大湫(おおくて)宿の町並みが現れる。


旧中山道・中山道GC付近 中山道GC
ゴルフ場の中を通る旧中山道。ネット越しにコースが見え、路傍にはカートのリフターが設置されている。このゴルフ場はその名も中仙道ゴルフ倶楽部。一度プレーしてみたいなぁ。


びあいと坂
中仙道ゴルフ倶楽部のネット横を下るびあいと坂。ここから旧道は一転して下りとなる。途中にびあいと出茶屋があったので、この名が付けられたようだ。前にも説明したが”びあいと”とは琵琶湯糖という飲み物のことである。


曽根松坂
次に控える曽根松坂は松並木の下り坂。一部石畳も残っているらしいが未確認。


阿波屋の茶屋跡
曽根松坂を下りきった所に阿波屋という茶屋があった。茶屋の遺構は無く現在は石碑があるのみだが、阿波屋観音の石窟(写真右奥)が残されている。


阿波屋観音
これがその石窟内部。阿波屋観音は道中の安全を祈って天保11年(1840年)に建立され、33体の馬頭観音が納められている。そのため三十三観音とも称された。この馬頭観音は大湫宿の馬持ち連中と助郷の村々から寄進されたもの。


地蔵坂
阿波屋の茶屋跡から地蔵坂を下る。


尻冷しの地蔵尊
途中には坂の名の由来となったと思われる尻冷しの地蔵尊がある。昔、ここに飲み水となる貴重な清水が湧いており、感謝の意をこめてこの地蔵が建てられた。ちょうどその清水で尻を冷やしているように見えたことから、この愛称で呼ばれるようになったという。現在は残念ながらその清水は見えない。


しゃれこ坂上り口 しゃれこ坂
一旦、林を抜けて車道を横切ると、しゃれこ坂の上り口から再び林の中へ。この坂の名は”しゃれこうべ”から採られているようだが、由来については不明。八町坂とも呼ばれていたようだ。坂の途中に石碑があり、太田南畝の壬戌紀行から一文が紹介されている。

「曲がりまかりて登り下り、なお、三、四町も下る坂の名を問えば、しゃれこ坂という。
右の方に南無観世音菩薩という石を建つ。 
向うに遠く見ゆる山は、かの横長岳(恵那山)なり。」 


しゃれこ坂
しゃれこ坂で久々に人の気配。挨拶を交わし、落ち葉を踏みしめながら先へ。


山の神坂
次に控えるのが山の神坂の上り。これが十三峠最後の上り坂となる。


童子ヶ根
山の神坂を上りきると童子ヶ根という場所に着く。


寺坂
童子ヶ根を過ぎれば寺坂の下りとなり、目の前に大湫宿の町並みが突如として現れる。長い長い十三峠の山道を越えて、ようやく見る宿場町・・・何と表現してよいのか。とにかく感慨深いのだ。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

古い石の祠や石像が並ぶ雨で濡れている峠道を一人で通過する時は、たとえ昼間であっても霊気を感じるのではないでしょうか。
熊は、こちらでも真新しい看板が立てられています。いきなり現れたら怖いですよね。
人家のあるところに出てほっとする気持ち、よくわかりますよ。

ピンピンシニアさん、こんばんは。
そうですね、旧街道を歩いていると霊気というよりも、古の人々の息遣いを感じますね。

と、優等生のコメントはここまでとして。私には霊感も何も無いので、霊気を感じることはないのですが、旅の途中に取りためた写真を整理していると、何だろこれ?みたいな写真は時々あります。心霊写真のブログではないので公開はしませんが、池の中から目だけがこちらを見ているような、背筋がゾクッとするような写真もありました。

でも、霊より熊の方が恐怖です。見かけたらとにかく荷物を置いて一目散に逃げようと心に決めています。

そうそう、ピンピンシニアさんのブログで紹介されている”不思議なまる”は私の写真でもよく見かけますよ。
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター