赤坂宿

赤坂宿の歴史は古く、古代から東山道宿駅の杭瀬川駅として町を形成してきた。江戸時代に中山道が整備されると本陣・脇本陣・問屋場が置かれ宿場町としての体裁を整え、将軍が京へ向かう途次の宿泊・休憩地としてお茶屋屋敷も設けられた。江戸期から明治期にかけて物資輸送の手段が陸運から水運中心になると、杭瀬川の川港(赤坂港)が整備され宿場は賑わいをみせた。明治後期から大正期にかけて宿場近くの金生山から採掘された石灰や大理石運搬で杭瀬川の水運は最盛期を迎え、赤坂港には500艘を超える船が往来したという。しかし全国に鉄道網が整備され、水運から鉄道輸送へと移り変わるにつれ赤坂港の水運は衰退していった。

赤坂宿は文久元年(1861年)皇女和宮の通行に際して宿泊地となり、幕府の威信を示すために幕府からの10年債を使って中山道に面した54軒の家が2階建てに建て替えられた。地元ではこれを「お嫁入り普請」と呼び、後世に伝える。宿場中心にある四ツ辻は谷汲街道の分岐点となっており、中山道から北へ延びる道は西国三十三箇所第三十三番札所、満願結願の華厳寺へと続く。天保14年(1843年)当時、赤坂宿の長さ東西7町18間(約795m)、人口1129人、家数192軒、本陣1、脇本陣1、旅籠17軒。


広重浮世絵「赤坂」.
広重が描いた浮世絵の赤坂宿。宿場東方入口、杭瀬川に架かる木橋を描いている。 この浮世絵は天保期(1830~1843年)に描かれたというから、浮世絵を見る限りこの頃には杭瀬川もそれほど大きくなく、小さな河岸くらいがあったのだろう。川港として発展するのは明治時代を迎えてからの話のようだ。


火の見櫓と常夜灯
これが現在の赤坂宿東(江戸)方入口。杭瀬川は200m程東側に移動したため、小さな流れとなった旧杭瀬川の上に赤い欄干の橋が架けられている。宿場入口には赤坂宿のシンボルとも言うべき赤坂港の常夜灯が置かれ、火の見櫓がそびえ立つ。


赤坂港跡
かつて水運で賑わった赤坂港跡。親水公園として整備されているが、今となっては500艘もの船が往来する川港だったことを想像するには難しい。小さな旧杭瀬川の川筋と常夜灯だけが往時を偲んでいる。


赤坂港会館
赤坂港跡に建つ洋風建築の赤坂港会館。この建物は明治8年(1875年)に中山道と谷汲街道の分岐点に建てられた警察屯所で、現在の建物は復元されたもの。内部は資料館となっており、赤坂宿や赤坂港に関する展示をはじめ、金生山の化石や大理石等が展示されている。説明員の話を聞きながら見学でき、赤坂の歴史を知りたいのであれば是非とも立ち寄りたい場所だ。


赤坂本町駅跡
赤坂宿内へ歩みを進めると、踏切横に赤坂本町駅跡の標柱が目に留まる。ここに敷かれた線路は、今でこそ金生山から産出される石灰を運ぶ西濃鉄道の貨物線であるが、昭和20年(1945年)まで旅客営業を行い、ここに赤坂本町駅があった。石垣のホームが残存している。


赤坂宿本陣跡
赤坂宿本陣跡。現在遺構は何も残っていないが公園として整備され、ここ美濃赤坂に生まれた幕末の志士所郁太郎の銅像が置かれている。所郁太郎は刺客に襲われ重傷を負った井上聞多を治療した人物として知られる。


赤坂宿
お嫁入り普請を偲ぶ町並みを残している赤坂宿。


赤坂宿の四ツ辻 谷汲観音道道標
赤坂宿の中心に位置する四ツ辻は中山道と谷汲街道の分岐点。写真右、天和2年(1682)建立の常夜灯を兼ねた道標が残っている。道が不自然な形をしており枡形の跡とも思われる。ちなみにこの四つ辻のどこかに現赤坂港会館の警察屯所があったようだ。


赤坂宿脇本陣跡・榎屋旅館
かつて脇本陣を務めた榎屋旅館。上段の間や書院が保存されているらしい。近年まで旅館を営んでいたが、現在の様子を見る限り廃業してしまったようだ。


宿場の駅 五七処
脇本陣跡の隣にある「宿場の駅 五七処」。赤坂宿が江戸日本橋から57番目にあることから五七処の名が付いたようで、特産品を販売する傍ら赤坂の情報発信基地となっている。

雨も本降りになってきたところだったので、雨宿りがてらに立ち寄ってみる。店内には徳川家康にあやかった勝運・開運グッズや饅頭、大福、焼き菓子といった土産物が所狭しと陳列されている。元気で話好きな(多分)おかみさんとの会話が楽しい店で、赤坂宿を訪れた際には休憩がてらに来店したい場所だ。名物五七饅頭を買っただけなのに、関ヶ原合戦図屏風の縮小画や「飛騨弁 美濃弁」といった小冊子まで頂き、恐縮至極・・・。


お嫁入り普請探訪館
五七処の隣にはお嫁入り普請探訪館なる建物がある。当然、ここにも寄ってみるが・・・鍵がかかっており戸が開きませんでした。残念。


八王子神社
金生山の麓にある八王子神社へは赤坂宿から参道が続く。


お茶屋屋敷跡
宿場から少しはずれた南側にあるお茶屋屋敷跡。ここは将軍が上洛の往復に利用するため設けられた専用の休泊所だった。中山道中の4里ごとに設けられていたが、ここが唯一の遺構である。江戸時代には庶民など決して立ち入ることのできない場所だったのだろうが、今は気軽に入ることができ竹林やボタン園を散策できる。


鹿光堂
赤坂宿にて。


赤坂宿西町
赤坂宿西町の町並み。


兜塚
赤坂宿西外れにある兜塚。関ヶ原合戦の前日、杭瀬川の戦いで東軍中村隊の武将野一色頼母(のいっしきたのも)が討死し、その死体と鎧兜を埋めたと伝わっている。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

新潟市は日米修好通商条約で求められた開港五港の一つとして明治2年に開港しましたがその後明治6年に税関庁舎が作られました。
現在も修復され保存・公開されていますがその姿が赤坂港会館とどことなく雰囲気が似ているようです。
ただ赤坂宿が昔の街並みなどが比較的残っているように見受けられるのに比べ、港をはじめ2つの掘割で栄えた当時の新潟市の面影は殆ど残っていません。

nanaさん、こんにちは。
開港によって外国人居留地に洋風の建築様式が持ち込まれ、それを見た日本の大工によって外観を洋風デザインに真似た建物が明治初期頃から多く建てられました。擬洋風建築と呼ばれるものです。西洋化こそが近代化への道だと信じていた当時の日本人にとって、洋風建築は憧れだったのでしょう。そのおかげで日本は多くの独自文化を捨ててしまうことになるのですがね・・・。ここで紹介した赤坂港会館も擬洋風建築です。

はじめまして千葉のKENといいます。
この前岐阜の友人の案内で赤坂宿にいってきました。
なかなか落ち着いた感じのところでした、赤坂港会館ものぞいてきました。
そのあと車でですが;;今須宿 柏原宿 醒ヶ井宿と案内してもらいました。とてもすばらいい宿場町でした、とくに柏原宿は雰囲気抜群でした。
いつかは・・自分も歩いてみたいです、がんばってください。

KENさん、はじめまして。
私と同じく千葉県在住なんですね。
いつかは・・・何て言わず、早速、旧街道歩きをしてみてはいかがでしょう。車では気付かなかった宿場町の良さが見えてくると思いますよ。

身近な町が実はかつて宿場町だったという所もたくさんあります。私の家の近くだと水戸街道の松戸や北小金、我孫子がそうですが、意外なところで大仏のある鎌ヶ谷や船橋、本八幡なども宿場町でした。

ゴールの京都まで間近な所まで来ていますが、これからも応援よろしくお願いします。
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター