番場宿

古代から東山道の宿駅として町を形成してきた番場宿。江戸時代より前は現在の西番場辺りに宿駅があった。古称を馬場といい、長い年月の間に転訛して、いつからか番場と呼ばれるようになったようだ。江戸時代初めに琵琶湖の水運が発達して米原に湊が開設されると、中山道から湊へ通ずる切通しの道(深坂道)が造られ、それに伴い宿場の中心は分岐点のある東(現在の東番場)へ移動した。随分と物資の往来も盛んになったのだろう、天保期には山間の宿場ながら問屋場が6軒もあったことがそれを物語る。番場宿の天保14年(1843年)当時の宿長さ南北7町37間(約831m)、人口808人、家数178軒、本陣1、脇本陣1、旅籠10軒。

番場といえば番場の忠太郎と、その名前だけは聞いたことがるという人も多いであろう。私もその一人であるが、長谷川伸の戯曲『瞼の母』に登場する番場の忠太郎は、ここ番場宿の旅籠屋の息子という設定である。しかしながら、今となっては旅籠屋があったなんてことを想像するのも難しいくらい、町並みに往時の面影は薄く、忠太郎どころか中山道の宿場町だったことも忘れてしまったような感じである。そんな中で唯一の見所となっているのが古刹の蓮花寺。とにかくかくにも、この寺には一見の価値がある。


番場宿
番場宿東の入口付近。少しだけ宿場町の面影を残している。


番場宿問屋場跡
問屋場跡。番場宿には6軒もの問屋場が置かれていた。


「米原汽車汽船道」道標
中山道と米原湊へ通ずる道(深坂道)の分岐点。明治年間建立の「米原汽車汽船道」と刻まれた道標が残っている。


番場宿脇本陣跡と問屋場跡
番場宿脇本陣跡と問屋場跡。


番場宿本陣跡
番場宿本陣跡。この辺りが宿場の中心であったが、写真を見ての通り往時の面影はない。


番場宿問屋場跡
本陣跡の左に隣接するこちらも問屋場跡。


蓮花寺
ここが蓮花寺の入口にあたる山門。血の川という物々しい説明板が立っている。
『元弘3年5月、京都合戦に敗れた六波羅探題・北条仲時公は、北朝の天子光厳天皇および二上皇・皇族等を奉じ、東国へ落ち延びるために中山道を下る途中、当地にて南朝軍の重囲に陥り、奮戦したるも戦運味方せず戦いに敗れ、本堂前庭にて430余名自刃す。鮮血滴り流れて川の如し。故に「血の川」と称す。時に元弘3年5月9日のことである。』
ここで言う南朝軍とは、後醍醐天皇による倒幕の挙兵に応じた足利尊氏のこと。


北条仲時以下432名墓所
北条仲時以下432名の墓所。鎌倉幕府の終焉をまざまざと見せつけられた。因果応報、盛者必衰・・・正直、何と言葉にしてよいのか。


蓮花寺にて
蓮花寺は斎藤茂吉ゆかりの寺でもある。


番場宿の町並み
番場宿(東番場)の町並み。


番場宿・西番場
古代東山道の宿駅があった西番場。


まぼろしの礎石
昭和36年(1961年)付近を流れる菜種川の河川敷で偶然発見されたという礎石。そもそもこれが礎石なのか、礎石だったとすれば何に使われていたのかもわからないので、まぼろしの礎石と名付けられている。、河川敷で見つかったのなら橋桁の礎石なのでは・・・と思ってしまうのは、いかにも素人考えなのか。


西番場を行く旧中山道
西番場を行く旧中山道。かつて中山道の宿場だった東番場よりも、旧街道らしい町並みを残している。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

この3連休も行かれる予定なんですか?
あの暑さの中を歩いていらっしゃったんですよね。

見覚えのある名前が出ていますが歴史と全然結びつかないのが
私の出来の悪さです。

朝夕はかなり涼しくなってきました。
未だ日中は暑い日が続いています。

残りを楽しんでください。

シェイドさん、こんばんは。
9月は休みが2日しかないので、とてもではないですが中山道を歩くことはできません。京都三条大橋着は10月になりそうです。
ようやく殺人的な暑さも終わりを迎え、朝夕はすがすがしい空気が流れる季節になってきました。早く、世の喧騒を離れてのんびりと歩きたいものです。

No title

すごいですねv-8

No title

さきこさん、こんばんは。
すごいですねとは、番場の北条仲時軍の墓所のことでしょうか。
今、思い返しても怨念というか、無念さを感じる場所だったことが鮮明に頭に浮かび、周囲の静寂さとは裏腹に胸の内がざわめいたことを思い出します。
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター