fc2ブログ

日ノ岡峠越え

山科を通り抜け日ノ岡峠を越える。中山道・東海道を京へ向かう旅人にとっては最後の峠越えであり、京から江戸へ向かう旅人にとっては最初の難所だった。とはいっても峠と呼ぶには勾配は小さく、歩行者は大して苦にならなかったであろう。しかし、牛馬車が通行するには難渋したようで、逢坂山越えの東海道と同様に車石が敷かれていた。


山科地蔵徳林庵
旧東海道沿いの山科入口にある山科地蔵徳林庵。保元2年(1157年)後白河天皇の勅命により、京洛出入口の主要街道六ヶ所に安置された地蔵の一つを本尊とする。この地蔵は平安時代、小野篁(おののたかむら)作と伝わる。


旧東海道・五条別れ
五条別れを行く旧東海道。写真の直進する道が三条大橋へ至る東海道、手前左折する道を行くと五条大橋へ向かう。この分岐点は古くから五条別れと呼ばれる場所だった。


五条別れ道標
今も五条別れの分岐点に残される宝永4年(1707年)建立の道標。「左ハ五条橋 ひがしにし六条 大佛 今ぐまきよ水」「右ハ 三条通」と刻まれている。


三条通り
旧東海道は三条通に合流する。


旧東海道・御陵
天智天皇山科陵入口付近から三条通を逸れて、旧東海道は小径となって進む。


旧東海道・日ノ岡峠へ
日ノ岡峠の上りへ。


亀の水不動尊
坂の途中にある亀の水不動尊。亀の口から水が落ち、量救水(りょうぐすい)という石水鉢で受けている。元文三年(1738年)峠道の改修に尽力した木食正禅養阿(もくじきしょうぜんようあ)上人が、ここに旅人の休息所として庵を結び、旅人や牛馬に水を提供した。


旧東海道・日ノ岡峠
日ノ岡峠から山科方面を望む。


日ノ岡峠
日ノ岡峠越えの旧東海道。


日ノ岡峠にて
日ノ岡峠にて。


日ノ岡峠旧道
日ノ岡峠越えの旧道は再び三条通へ合流する。写真右の小径が日ノ岡峠を越えてきた旧東海道。


車石のモニュメント
三条通の路傍にある車石のモニュメント。昔はこんな感じの溝をつけた石が延々と敷かれ、その上を荷車が曳かれたわけです。


三条通・九条山
九条山を行く三条通の旧東海道。いよいよ、道路標識に三条大橋の文字が!


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

いよいよ長い旅も最終コーナー目前、
わくわくしながらも祭りの終わる寂しさも。。。
楽しく、しかし少ししんみりしながら、
三条大橋の風景を待ちます。

ビール党さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ついに道中の記事を書き終えることができました。
三条大橋の風景はいかがでしょう?ここは数多くある京都の名所の中でも、最も思い出深く、特別な場所になりました。

やっぱり歩き旅はいいですね!
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
北海道旭川市出身。18歳で実家を出て千葉県に移り住んで約30年、2022年11月転勤をきっかけに千葉県柏市から茨城県土浦市へ引っ越し。今は茨城県民として筑波山を仰ぎ見ながら日々を過ごす。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター