直線道のわけ

【2009年5月2日(土) 旧日光街道 千住宿→草加宿 道中】
荒川を越えてから草加宿へ向かう旧日光街道は、東京都と埼玉県の県境にあたる毛長川付近まで、ほぼ直線の旧街道らしくない道が約4kmも続く。これは日光街道の制定以前、奥州街道の千住宿と越谷宿間は沼地の多い湿地帯だったため、ここを避けて大きく東に迂回するルートだったのを、大川図書という人が沼を埋め立てて最短距離で結ぶ道に付け替えたことが理由らしい。これが徳川家康が江戸に入府して間もない慶長11年(1607年)のこととあり、おそらく軍事的理由で工事を計画し着工されたのだろう。障害物が山と湿地で違いはあるものの、武田信玄が甲斐と信濃を最短で結ぶために敷設させた棒道が家康の脳裏にあったのではないだろうか。越谷宿と千住宿間に草加宿が設置されるのは、3代将軍徳川家光の治世となった寛永7年(1630)年のことで、日光街道が整備され東照宮参詣の通行が多くなったことをうかがわせる。


梅島駅前通り商店街
梅島駅前通り商店街を行く旧日光街道。延々と直線の道が続いている。


旧日光街道・島根
こういった延々と続く直線道が、歩きやすそうで実は辛いわけで・・・。


国土安穏寺
旧日光街道を離れて国土安穏寺に寄り道。元和8年(1622年)の宇都宮城釣天井事件を予言した功により、徳川家からこの寺号を賜り葵紋の使用を許されたという。宇都宮城釣天井事件とは、宇都宮藩主の本多正純が居城の宇都宮城に釣天井を仕掛け、2代将軍徳川秀忠の暗殺を図ったという事件。正純を快く思わない秀忠側近の謀略説が有力で、あくまで疑惑の域を出ない事件なのだが、宇都宮の本多家は改易され正純自身は流罪となった。


鷲神社
足立区島根4丁目に鎮座する鷲(わし)神社。文保2年(1318年)この周辺一帯の地名だった島根村の鎮守として創建されたという。この神社の南に古代の海岸線と伝わる場所があり、島の根のような形状の土地だったことが地名の由来らしい。現在の足立区辺りが海岸線だった古代って、どんだけ~。(これもちょっと古いか・・・)


旧日光街道・竹の塚 日光街道・赤山道分岐
五差路が交わる竹の塚3交差点は旧日光街道の増田橋跡。交差点角にある標柱とバス停名に増田橋の名が残っているが、ここに橋の痕跡は全く無い。かつて増田橋南詰の旧日光街道から赤山道が分岐しており、ここから舎人を経て関東郡代伊那家の陣屋があった埼玉県川口市赤山へ通じていた。


旧日光街道・竹の塚
竹の塚を行く旧日光街道。まだまだ、直線の道が先へ続く。竹の塚という地名にあるが如く、この辺りには竹の塚があるのかと思いきや、現代の東京にそんなもの存在するわけもなく・・・。江戸時代には竹塚村と称されるにふさわしい竹の自生する古墳が多くあったという。


旧日光街道・西保木間
長らく続いた直線の旧日光街道は西保木間で終わり。旧道の道筋はいったん右の小径へ入り、竹の塚中学校東交差点から国道4号を越えて水神橋へ向かう。


毛長川と水神橋
毛長川に架かる水神橋。ここが東京都と埼玉県の県境になっている。いよいよ彩の国さいたまへ!。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しまむーさん、今晩は。昨日、北国街道の御代田から小諸までの13.4キロ歩いてきました。快晴の中、浅間山を右斜め後方に見ながら歩きました。日中は26度位になったが、湿度が低かったので、ほとんど汗はかきませんでした。リュックを背負った背中のみ汗ばんだ位です。
中山道みたいに道案内の標識はあまりなかったが、迷わずに歩けました。歩き始めて30分位したところ、明治天皇御休所が現れて一気に昔にタイムスリップする。このあたりの旧道には、古くからの土塀や建物も多く残っていて良い雰囲気でした。ただ古くてぼろいのではなく、手入れして使い続けている。
小諸市内に入ると「ここは北国街道」の看板が多く見られる。そして、街道交流館の「与良館」に寄り、いろいろな話を聞く。その後30分位して再び歩き始める。ここの商店街は歴史を感じさせる建物も多くある。その中でひときわ風格のある看板が目に留まった。山吹味噌の酢久商店である。創業350年余り、看板は江戸中期の物だそうだ。ここで土産に味噌を買う。
その後、もう一件街道交流館に寄る。「ほんまち町屋館」である。ここは昔の味噌屋の建物である。その後、脇本陣と本陣の前を通り、懐古園に行く。3時半を過ぎていた。少し早いが今日の歩行はここで終わりにする。その後園内を一通り見学する。
16:30の小海線に乗り、佐久平で新幹線に乗り継いで帰る。
次回は北国街道の核心である海野宿に行く予定です。今から楽しみだ。

No title

宇田川さん、こんばんは。
着々と北国街道を歩んでいるようですね。ゴールは善光寺になるんでしょうか。それとも更に進んで越後へ!?これから徐々に木々の葉が色付き、すばらしい紅葉の中を歩くことができるのでしょう。羨ましい限りです。

次は海野宿へ着くようですが、私も1度だけ行ったことがあります。その時は車で通り過ぎただけで、宿場の様子をじっくりと見ることはありませんでした。やはり宿場を訪ねるなら、やはり街道を歩いて行かなければ、その歴史を感じることはできませんから。実は旅というのは点と点の間の線が楽しいもの。これが歩き旅の醍醐味だと思っています。

No title

しまむーさん、今晩は。おっしゃるとおり、歩き旅の醍醐味は点と点の間の線が楽しいものですね。そして、中山道であれば京都まで一つの連続した線で繋がっているという満足感、これを味わうとやめられませんね。それに、すごい贅沢な旅です。今回私は、中山道を歩くのに、40日かかり、63万円かかりました。新幹線で行けば2時間半、往復26,000円で済みます。日数にして40倍、金額にして24倍かかったことになります。だけど40倍以上の得るものがあったと思います。
さて、北国街道は善光寺までで一旦やめて、後日出雲崎まで歩くつもりです。なぜかと言うと、中山道六十九次資料館の館長が北国街道の本を出版する予定なので、それを待って行くつもりだからです。もうすでに原稿が出来上がっていて、赤ペンで朱書きも入っている。1年以内に出版されるのではないかと思っています。
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター