徳次郎宿

【2009年11月7日(土) 旧日光街道 徳次郎宿】
徳次郎宿とは…実に興味深い。ガリレオの湯川教授ではないが、宿名が実に面白い。その由来は奈良時代にまで溯り、当時日光で大きな勢力を誇っていた久次郎(くじら)氏の一族が、日光の二荒山神社から御神体を智賀都神社に勧請し、外久次郎氏と称してこの地を領有したことに始まりがあるという。”外久次郎”がいつしか字を変えて”徳次郎”になったと考えるのが自然だが、一説によると戦国時代に宇都宮氏の家臣で新田徳次郎という者がおり、その徳次郎がこの地に城を築いて居城としたことから、徳次郎に地名を改めたともある。しかし、新田徳次郎の説については俄かに信じ難く、土地を開発して自身の名を付ける例はあっても、自分が領有した土地に自身の名を付けるといった話は聞いたことが無いからだ。新田某が地名から名を貰ったと考えるのが妥当だろう。その証拠に徳次郎の読みは”とくじろう”が行政上の正式な読み方だが、古くから”とくじら”と読まれており今でも地元ではそう言うそうである。

徳次郎宿は日光方から上・中・下の三宿から構成され、天保14年(1843年)当時の記録によると、下徳次郎宿の町並み3町12間(約349m)・仮本陣1・仮脇本陣1、中徳次郎宿の町並み2町51間(約311m)・本陣1・脇本陣1、上徳次郎宿は町並み3町14間(約353m)・本陣1・脇本陣2とあり、三宿の総人口653人、総家数168軒、総旅籠数72軒で、各宿に問屋場が1ヶ所ずつ設けられていた。当初は上徳次郎宿のみが人馬の継立てを行っていたが、享保13年(1728年)に中徳次郎村と下徳次郎村が加わって合宿の形態となり、ひと月を3等分して上十日を中徳次郎、中十日を上徳次郎、下十日を下徳次郎と割り当てて人馬継立を務めた。家数に比して旅籠の数が異常に多く、日光街道に依存して生計を立てていたことがうかがえる。


大谷道道標
下徳次郎宿の江戸方入口手前に残る大谷道の道標。大谷寺こと大谷観音(宇都宮市大谷町)へ続く道がここから分岐していたが、現在は廃道となっており、どこをどう辿って大谷観音へ通じていたのかは不明。大谷町は大谷石の産地として知られる。


下徳次郎宿
富屋小学校から約350mの街道沿道が下徳次郎宿であるが、町並みに往時の面影は残っておらず、街道の先に見える本山だけが昔日の風景を残していると言えよう。


中徳次郎宿
国道119号(旧日光街道)と国道293号が交差する徳次郎交差点付近が中徳次郎宿の中心部。本陣や脇本陣が置かれていたが、いずれも場所を特定できず。


田中道道標
徳次郎交差点付近に残る田中道道標。「神社入口道五丁 田中道」と刻まれる。ここから西に進めば、徳次郎六郷の一つだった田中村に鎮座する神明神社に通じていた。


中徳次郎宿
中徳次郎宿の町並み。大谷石で築かれた石蔵が目に留まる。


宇都宮アルプス
徳次郎宿の東側裏手へまわると、本山や飯盛山、高舘山等の標高500M級の山々が連なる眺望を楽しめる。宇都宮アルプスと呼ばれる山々だ。


知賀津神社 知賀津神社の大ケヤキ
外久次郎氏ゆかりの知賀津神社。鳥居裏に立つ2本の大ケヤキは推定樹齢700年という古木。どんな時代の変遷をみてきたのだろうか。


徳次郎六本杉
中徳次郎宿と上徳次郎宿の中間にある徳次郎六本杉。中央分離帯に6本の杉が並んでいるが、近年になって往時を再現すべく植樹されたもので、木はまだまだ若い。


徳次郎の桜並木
桜並木を抜けて上徳次郎宿へ。


大網町入口道標
桜並木の中程に「宇都宮市大網町入口」と刻まれた道標が置かれている。


上徳次郎宿
上徳次郎宿江戸方入口の町並み。元祖徳次郎宿といった宿場町であるが、宿場の面影を探すのも難しい。


木村商店
上徳次郎の木村商店。宿場時代のものではないだろうが、古き良き時代の趣を残す店構えだ。


上徳次郎宿 上徳次郎宿にて
本陣や脇本陣の置かれていた上徳次郎宿の中心部は、街道がカーブしている宿場の北側にあったようだ。民家の庭先に右写真の棟門があり、何らかの宿役人を務めていた家の遺構と思われる。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しまむーさん、今晩は。とうとう日光に到着しましたね。毎日のように、しまむーさんのホームページを見ていたのに今日まで気がつきませんでした。
何はともあれ、お疲れ様でした。雪は積もっていましたか。雪の東照宮や神橋は、絵になりますね。日本画の題材に、よく取り上げられています。私も、雪の東照宮や神橋を見てみたいと思っております。

No title

宇田川さん、明けましておめでとうございます。
日光連山の山々は冠雪しているのですが、残念ながら麓の東照宮辺りはほとんど雪がありませんでした。しかも、私が到着した日は天気も良かったおかげで、日中は歩いていると寒さを感じることも無く、日没が早いことを除けば、最高のウォーキング日和でしたよ。

次は近場を歩いて、春を迎えた頃に遠出したいと思っています。
今年もよろしくお願いします。
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター