会津西街道っ!

会津西街道概略図

旧宿場町として中山道の妻籠宿・奈良井宿と同じく重要伝統的建造物群保存地区に指定される大内宿。実際に行ったことが無くても、茅葺屋根の民家が連なる大内宿の写真を見たことがある方は多いだろう。大内宿は会津南部の山間に位置する会津西街道の宿場町として栄えた場所で、江戸時代の宿場町の景観を今に良く残している。いや、良く残しているらしいと言った方が正確だろう。そう、私は大内宿に一度も訪れたことが無いのだ。だいぶ前から行ってみたいとは思っていたのだが、その機会もなかなか訪れずに月日は流れ、日光街道の今市宿に着いたときにここから会津西街道を北上すれば大内宿に行けるんだなあ…、と思ったことが会津西街道を歩こうと考えたきっかけである。

会津西街道は日光街道の今市宿(現 栃木県日光市)から会津(現 福島県会津若松市)の若松城下へ至る街道で、会津側からは下野街道や南山通りとも称された。江戸時代初期に会津初代藩主の保科(松平)正之によって整備された会津本街道五筋の一つであり、今市宿を起点にして大桑・高徳・大原・藤原・高原新田・五十里・中三依・上三依・横川の宿場を経て山王峠を越え、旧会津領の福島県へ入ってからは糸沢・川島・田島・楢原・倉谷・大内・関山・福永といった宿場を経て終着点の若松城下へと至る全長約130kmの街道である。

江戸時代初期に会津若松から江戸方面へ向かう街道は2通りあって一つは会津西街道であり、もう一つは白河街道から奥州街道へと通ずるルートである。奥州街道は言わずもがなの五街道の一つであり、会津西街道は会津藩主をはじめ越後の新発田藩主や村上藩主が参勤路として利用し、また、両ルートは会津藩の廻米を輸送する重要なルートだった。しかし、天和3年(1683年)日光大地震により五十里宿付近の山が崩落して男鹿川が堰き止められ、地震湖(五十里湖)が出現して会津西街道は通行不能に陥った。そこで新たに開発されたのが会津城下から白河・奥州街道と会津西街道の中間を南下して奥州街道の氏家宿へ至る会津中街道である。

会津中街道は元禄8年(1695年)会津3代藩主保科(松平)正容によってに整備され、会津西街道の代替路としてしばらくの間利用されたが、元々難路だったことに加えて大雨等による道中の崩落が著しくなり、宝永元年(1704年)には街道としての役目を終えている。その後、会津から江戸方面への参勤路は白河経由の奥州街道が唯一の本道となったが、享保8年(1723年)の大水害で五十里湖が決壊したことにより、会津西街道が再整備された。再び会津藩主が会津西街道を通行するのは会津8代藩主松平容敬の時で、会津西街道が通行不能になってから約140年後の文政10年(1827年)のことである。周辺住民にとっては久々に迎える大名行列で苦労もあったろうが、感無量の面持ちだったのではなかろうか。

幕末から明治期にかけての会津西街道は戊辰戦争終盤の舞台であり、若松城へ向かう旧幕府軍と追撃する新政府軍の攻防の場となっている。その辺りの詳細については後々記事に書くことにするが、水戸から始まった尊攘思想のうねりが、ゆくゆくは日本を保守派と改革派の真っ二つに分けて会津戦争の悲劇へと突入していくあたりに、私が水戸街道の次に会津西街道を歩くことになった縁はあるのかも知れない。さてさて、そんな会津西街道がどんな姿になって今に残り、どんな風景を見せてくれるのか楽しみだ。いざ、会津西街道へ!


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おしい・・実におしい
実は、この8月に家族旅行を計画していまして、
私は、会津若松を観光し会津東山温泉あたりで一泊その後会津西街道を南下して関東へ帰るといった旅程を妻に提案したのですが、小学生の女の子にはつまらんと一蹴され、スパリゾートハワイアンズに決定されてしまいました。
私の案が通っていれば、このブログもさらに味わい深くなったのに・・・残念

私の残念はさておいて、お体に気をつけて楽しんでください。街道記を楽しみにしています。

No title

早くも新しいスタートですか!
しかも、次に向かう道は、地図を見る限り、
なかなかの難路っぽいですねー。
藪こぎとかありそう・・・
頑張ってください。
楽しみにしております。

先日、2年も放置していた
中山道上松~木曽福島~前野駅と歩いてきました。
線路跡トンネルは、ちと怖かったー。

では。
鬼暑さにお気をつけて。

No title

ばけっちさん、こんにちは。
温泉につかって山の中をドライブするなんてのは、娘さんにはつまらないかもしれませんね。我々にとっては最高な休日の過ごし方なんですがね。次の機会に説得できるよう頑張ってください。鬼怒川温泉辺りには東武ワールドスクェアや日光江戸村等の娯楽施設もあるので、その辺を餌にすれば食いついてくるかもしれませんよ。
現在、会津西街道歩きの方は藤原宿まで歩みを進めました。しだいに山間へ入っていく感じがたまりません。これから高原越えと呼ばれた峠越えになり、これといったガイドブックが無いので歩くルートを検討しているところです。

No title

ビール党さん、こんにちは。
久々に歩いた中山道はいかがでしたか。上松や木曽福島と聞くとすごく懐かしい感じがし、線路跡のトンネルも人通りがなく不気味だったことを思い出しますね。
会津西街道は深い谷の中を行く木曽路とよく似ており、木曽の桟や羅天桟道のような難路もあって昔の旅人が苦労したことをうかがい知ります。お互い鬼暑さに負けず街道歩きを楽しみましょう!
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター