高原新田宿

【2010年10月24日(日)会津西街道(川治古道) 高原新田宿】
大石下りの急坂を登りきれば高原新田宿である。その南側(今市方)入口に磁石石があり、これについては”高原新田の磁石石”の記事に詳しく書いた。その時の歩き旅では鹿除けのフェンスに遮られて意気消沈、磁石石を見ただけですごすごと引き返してしまったが、どうやらフェンス伝いに右(東方向)へ進めば出入口の扉があり、その先に宿駅跡を通る会津西街道が続いていることがわかった。藤原宿から高原越えの会津西街道を含め、3度目のトライでようやく辿り着く高原新田宿。いったいどんな姿を見せてくれるのか。

高原新田宿は会津西街道の高原峠に置かれた宿駅で、宇都宮藩領の最北端に位置する。幕末の慶応2年(1866年)に高徳藩が立藩してからは高徳藩領に入るが、明治維新を迎えるまで僅か4年間程の命運だった。”新田”とは言っても標高約1200メートルの高冷地にあり、稲作に適した土地ではなく田は無い。もっぱら高原野菜の生産と駄賃稼ぎで生業を立てていたようだ。成り立ちは江戸初期の承応2年(1653年)、下総から来た香取家が街道を往来する旅人相手に茶店を開いたのが始まりといわれ、万治2年(1659年)大地震によって湯元塩原村(現 須塩原市湯本塩原)の湯口が塞がり、生活の糧を失った村民六戸が街道沿いに移住して高原新田村が形成された。高原峠を越える中継地点として宿駅の機能を持つようになったのは間もなくのことと思われる。

高原新田宿の特筆すべき歴史的事象として、吉田松陰の来訪がある。嘉永5年(1852年)松陰は長州藩を脱藩して盟友の宮部鼎蔵らとの東北旅行の際、ここ高原新田宿に宿泊したことが、松陰の残した「東北遊日記」に記されている。この旅の後に松陰は松下村塾を主宰し、倒幕の原動力となる高杉晋作や久坂玄瑞を輩出。しかし、安政の大獄により刑死したことはあまりにも有名な話だ。一方の宮部鼎蔵といえば、後に肥後勤皇党の指導者となり、尊皇攘夷の活動家としてその名を知らしめるが、京都の池田屋にて新選組に襲撃され自刃。世に言う池田屋騒動である。熊本藩が明治維新に乗り遅れたのは宮部鼎蔵を失ったからだと言われる程に評された人物だった。

会津西街道 高原新田宿


磁石石
高原新田宿南側(今市方)入口にあたる磁石石。


鶏頂山
いい具合に色付いた鶏頂山を眺めながら…


高原新田宿
フェンス伝いに道なき道を歩く。


高原新田宿
そして、フェンス扉の向うに会津西街道現る!


高原新田宿の墓石群
扉を抜けて高原新田宿に入って間もなく、街道両脇に古い墓石が散在している。おそらくこの辺りに廃寺となった湯泉寺があったと思われる。


高原新田宿
高原新田宿を行く会津西街道。現在、宿場の中心部は篠田農園の敷地が大半を占めている。


旧高原問屋屋敷跡
旧高原問屋屋敷跡。現在は細野家の住居となっているが、問屋屋敷時代の礎石や石垣が残されている。


高原新田宿
高原新田宿会津方(北側)の会津西街道。ここで日塩もみじラインからの車道と合流する。


高原新田宿の石仏
その合流地点に残る石仏二体。


高原新田宿の石塔群
宿場の会津方(北側)外れにある石塔群。鹿除けのフェンス向こうに供養塔や馬頭観音が散在している。


会津西街道 鶏頂開拓
高原新田宿を出て鶏頂開拓の会津西街道を歩く。
会津西街道 鶏頂開拓
会津西街道と新湯道の分岐点。ここから北西(左斜め)方向に五十里宿へ向かう会津西街道と、北東(右斜め)方向に塩原方面へ向かう新湯道が分岐していたが、共にその道筋は消失している。第二次世界大戦後の開拓によって失われたと思われる。路傍に西国供養塔と道標が残っており、その分岐点の目印になっている。


西国供養塔と道標 西国供養塔と道標02
会津西街道・新湯道の分岐点に残る西国供養塔と道標。道標には「従是 右ハ阿らゆみち 左ハあいづミち」と刻まれている。


高原新田宿10
来た道を引き返し、再びフェンスの扉から山中へ。下山開始!


会津西街道 高原越え08 会津西街道 高原越え09
下山中に気が付いた木に書かれる赤文字。一体どういう意味なのだろう?ここで31歳女性が百メートル下に滑落したということなのか?


川治古道07
無事、平方山園地駐車場に辿り着く。

【会津西街道歩き 第6日目】
歩行距離 約12.5km(GPSロガーによる)
平方山園地駐車場→川治古道→大石下り→高原新田宿→平方山園地駐車場
午後から雲が厚くなりはじめ空模様が少々心配になったが、雨は降らずになんら障害も無く高原新田宿に辿り着き、出発地点に戻ってくることができた。本来であれば次は高原新田宿から会津西街道を下って五十里宿へ向かうべきだが、鶏頂開拓辺りの道筋が消失しており、はっきりしないので断念する。次は川治温泉から男鹿川沿いの国道121号を歩いて五十里宿へ向かうが、近いうちに五十里宿から会津西街道の高原越えを逆方向に登り、再び高原新田宿を見ようと思っている。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター