独鈷沢

【2010年11月14日(日)会津西街道 五十里宿→中三依宿 道中】
男鹿川の谷間を這うように国道121号を北上し、アテラ沢を越えて視界が開けてくれば独鈷沢(とっこざわ)の集落に着く。独鈷沢は三依地区の最南端に位置し、古くは下三依と称していたが、弘法大師がこの地を訪れた際に独鈷で地面を突いたところ、清水が湧き出したとの伝承があり、以来独鈷沢という地名で称されるようになったという。ちなみに”独鈷”とは「密教で用いる仏具の一つ。手に持って煩悩を打ち砕くことを意味する。」と国語辞典にある。弘法大師によって湧き出した清水は”独鈷清水”と呼ばれ、今も生活用水として利用されている。

会津西街道 独鈷沢


国道121号 独鈷沢
独鈷沢を行く国道121号。


男鹿川 アテラ沢付近
男鹿川。アテラ沢との合流部。


金勢道祖神
アテラ沢付近にある金勢道祖神。川治温泉街にあった男根形の”おなで石”が金勢神であり、ここにあるものは”金勢道祖神”と刻まれる石碑形。栃木県北部は金勢様の信仰が深かったことを物語る。群馬・長野県内の中山道を歩いているときによく見かけた双体道祖神等、地域によって道祖神も特色があって面白い。

関連記事
・川治から五十里ダムへ


独鈷沢わさび園
独鈷沢の集落へ。


独鈷沢わさび園
独鈷沢集落の南側入口にある独鈷沢わさび園。独鈷清水で育まれた山葵を生産し、加工販売まで手がけている。店の方に独鈷清水を飲める場所がないか聞いてみたところ、軒先の蛇口から出る水がそれで、最近になって掘り当てた水脈だという。時期的なものなのだろうが、水は意外に冷たくない。

独鈷沢わさび園
http://www.dokkowasabi.jp/

独鈷漬 わさびたまり醤油漬け
”独鈷漬”と”わさびたまり醤油漬け”を購入。酒のつまみとなって腹の中に消える前に撮影。山葵の茎や葉をこんな風に食べるのは初めて。山葵独特の風味や辛さはあるものの、鼻にツーンとくるような辛さは無い。独鈷漬は酒粕と山葵が相まって独特の風味を醸し出しており、たまり醤油漬けはあっさりと山葵の風味を堪能できる一品。食べやすく美味しい。


十王堂
安永9年(1780年)木喰上人が三依地区を訪れた折、制作したと伝わる葬頭河婆(しょうずかばば)一体、十王像九体を安置している。葬頭河婆は奪衣婆(だつえば)とも呼ばれ、三途の川の渡し賃である六文銭を持たずに来た亡者の衣服を剥ぎ取るという、あの老婆のことである。そして、十王は生前に犯した罪を裁く10人の裁判官であり、閻魔大王はよく知られるところ。しかし、ここに安置される十王は何故か一体足りていない。


独鈷沢
独鈷沢の集落を後にして。


八幡宮
独鈷沢と中三依の中間地点に鎮座する八幡宮。間もなく本日のゴール、中三依宿に着く。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しまむーさん今晩は。昨日会津西街道の湯西川温泉から中三依まで、寄り道を含め11キロ歩いてきました。初めに湯西川ダムを水陸両用バスに乗り見学しました。そして「古民家食堂六代目へいじ」に行き、店の主の細井平治さんと会話をしながら食事をしました。平治さんは、「もっと大勢の人に会津西街道に来てもらいたい」と言っていて、地元の語り部付のガイドツアーなど出来ないものかと、考えているそうだ。私は、「やるなら早いほうが良い。年配の語り部たちが元気なうちにやらないと、二度と出来なくなってしまう」と答えた。そして「計画が実行されたら、必ず参加する」と告げた。
その後、独鈷沢ワサビ園に寄った。ここの主も、平治さんと同じく、「もっと大勢の人に会津西街道に来てもらいたい」と言っていた。そして行政が動いてくれないので、自分で遊歩道を作り、店の前にある史跡「猫の野仏」の整備をして看板を立てた。「猫の野仏」とは、会津の殿様が参勤交代の時、猫が横切ったため切り殺された。その後殿様は、原因不明の病になり、祈祷師から猫のたたりだと告げられ、供養塔を立てたら病が治まったという。
最後に中三依の温泉センター男鹿の湯に入ってから帰る。

No title

宇田川さん、こんばんは。
湯西川ダムで水陸両用バスに乗れるなんて、驚きです。そういった乗り物に乗った経験が無いので、羨ましい。今までの街道歩きの道中でなかなかそういった場面に遭遇することはなく、しいて言えば中山道歩きで川渡しのモーター付き川船には乗ったくらいかな。何事も経験、機会があれば是非乗ってみたいです。

猫の野仏のことは知ってますよ。親切にも独鈷沢ワサビ園の方にメールを頂いて知りました。そういった小さな伝聞を知れるのが面白いんですよね。街道歩きは。

中三依温泉センター男鹿の湯、懐かしいですねぇ。街道歩きの後の温泉とビールは至福の時です。もしかすると、そのために歩いているのかもしれません。宇田川さん、コメント有難うございました。これからの道中もお気をつけて。

No title

しまむーさん、今晩は。私の場合寄り道するのも、街道歩きの目的の一つです。ですから、出来る限り観光施設にも入ります。美術館や資料館にも入ります。そして、遊覧船があれば必ず乗ります。中山道の木曽川ライン下り、例幣使街道の栃木市の川舟、そして、会津西街道の鬼怒川ライン下りなど乗りました。
なかにはつまらなそうな所もありますが、二度とこの場所に来ないかもしれないので、入ることにしています。無駄遣いかもしれませんが、けちけちしていては、旅はつまらないものになってしまいます。
それと、鮎の塩焼きなど、旨そうなものは食べる。店先で売っていて気になるものは食べてみる。地元の食材を使ったものなら、なおさらである。たかが数百円の出費で、思い出が増えるのですから。

さてあしたは、会津西街道の中三依から山王峠越え、糸沢まで行く予定です。

No title

宇田川さん、こんばんは。
酷暑の中、無事山王峠を越えられたのでしょうか。この季節、突然の雷鳴轟くゲリラ豪雨に見舞われることもあり、街道歩きの中でも峠越えは特に注意が必要です。私も東海道歩きで大津から草津、そして草津から石部へ向かう道中に度々ゲリラ豪雨に遭い、歩行を中断して民家や神社の軒先を拝借しました。神社でピカピカゴロゴロの空を見守る中、ふと思ったのですが、神社って背の高い大木が多いので、ゲリラ豪雨の時は避難する場所を選ばないと意外に危険だなと。峠越えの道中だったらどうしようかと今更ながらに考えております。

ブログにも書きましたが、奥会津博物館に山王峠北側上り口にあった山王茶屋が移築復元されていますので、是非訪問してみてください。会津西街道を歩いている方にはおススメのスポットですよ。
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター