fc2ブログ

上三依旧道と尾頭道

【2010年12月23日(木)会津西街道 中三依宿→上三依宿】
上三依の男鹿川左岸(東岸)に残る江戸期の会津西街道を歩いてみる。この旧道は開明橋東詰から上三依水生植物園にかけて当時の面影を留めて残されており、道中には一里塚や野仏群が路傍に見られ、尾頭沢付近では塩原方面へ向かう尾頭道が分岐している。この分岐点から今市方面へ南下する江戸期の会津西街道は、上三依水生植物園内を通って男鹿川を渡河していたはずだが、それがどの地点なのか調べてみても確証は得られない。

尾頭道は塩原街道とも称される会津西街道の脇道で、上三依から尾頭峠を越えて塩原を経由し、奥州街道の氏家宿、阿久津河岸へ行ける脇道だった。天和3年(1683年)日光大地震によって五十里湖が出現し、五十里宿以南の会津西街道が途絶した際、会津から江戸へ送られる廻米は、五十里湖の湖上舟運と、代替路である尾頭道の二手に分けられて輸送された。尾頭道は元禄8年(1695年)に会津中街道が開削されるまでの一時的な廻米輸送ルートだったが、弘化年間(1844年~1848年)以降になって再びこのルートが見直され、多くの仲附駑者(なかづけどちゃ)が利用した。

会津西街道 大面・上三依


開明橋
現在の会津西街道(国道121号)が男鹿川を渡る開明橋。江戸期の会津西街道はここから約600m下流、尾頭沢辺りで渡河していたと思われる。


開明橋東詰旧道入口
開明橋東詰から今市方面へ延びる会津西街道旧道。


上三依旧道
一里塚付近の旧道。江戸期の街道の面影を留めている。


上三依一里塚
南山通り上三依一里塚。南山通りとは会津西街道の別称。解説板では”尾頭峠越え旧塩原街道上三依一里塚”の名称になっており、解説文の中に「この街道は会津西街道の脇道で、尾頭峠を越え塩原に至る最短の街道である。」と書かれている。つまり、ここに残る旧道は会津西街道ではなく、尾頭道(塩原街道)だったということだ。一時的に会津藩の廻米輸送路として利用されたとはいえ、脇道にわざわざ一里塚を築いたとは考えにくく、やはりこの旧道は会津西街道の本街道だったと考えるのが妥当だろう。


上三依野仏群
旧道に並ぶ石碑4基。「男體山」「湯殿山」「弁天供養塔」「二十三夜供養」と刻まれている。それぞれこの地域の庶民が信仰の対象としたものである。


上三依野仏群 上三依野仏群
六面幢形六地蔵(左写真)と子安観音や馬頭観世音群(右写真)。上記の石碑4基と併せて上三依野仏群と称されている。


上三依野仏群と会津西街道旧道
上三依野仏群と会津西街道旧道。


上三依旧道
水生橋東詰を進む旧道。


七滝
尾頭沢の七滝。滝が七段になっているのがその名の由来。滝の中央部、窪みの奥に水神を祀っていると解説板に書かれているが、目を凝らして見ても発見できなかった。朝日が差し込むと非常に神々しく見えるといい、朝方に来なければ見れないのかもしれない。旧道はこの滝の少し下流で尾頭沢を渡河している。


上三依水生植物園
旧道の突き当たりにある上三依水生植物園入口。ここから左方向に進めば尾頭道にアクセスできる。


熊野堂のサワラ
上三依水生植物園入口付近に立つ熊野堂のサワラ。昭和54年設置の解説板に推定樹齢250年と書かれていたので、現在なら推定樹齢280年となる。通称を”おコウサワラ”と呼ぶ。「大サワラの下に金の重箱が埋めてあり、朝霧が陽に映えるとサワラの根元から虹のような御光が射し、七滝につながって見えたと伝えられる。」と七滝の解説板にあり、御光(ごこう)が訛って”おこう”となり、”おコウサワラ”の通称で呼ばれたのだろう。


熊野堂神社と大イチョウ
上三依水生植物園内に鎮座する熊野堂神社。社殿前に推定樹齢約310年の大イチョウが立っている。


尾頭道分岐
左方向に進む道が尾頭道(塩原街道)。七滝を左眼下に眺めながらの上り道である。


尾頭道
尾頭道を進んで間もなく尾頭沢に阻まれるが、沢の先に道は続いている。かつてこの道は尾頭峠を越えて塩原方面へ続いていた。この先、相当な険路だったことは地図を見ただけでも想像できる。


文政六銘石造道祖神 文政六銘石造道祖神
文政六年銘石造道祖神。尾頭道と尾頭沢の交点、大岩の中腹に置かれている。娘が男根を抱いた姿を陽刻しており、栃木県北部でよく見られる金勢道祖神の変形型なのだろう。この姿態の道祖神は栃木県内でも全く類例を見ないという。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
北海道旭川市出身。18歳で実家を出て千葉県に移り住んで約30年、2022年11月転勤をきっかけに千葉県柏市から茨城県土浦市へ引っ越し。今は茨城県民として筑波山を仰ぎ見ながら日々を過ごす。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター