山王峠越え②

【2011年4月2日(土)会津西街道 横川宿→糸沢宿 道中】
山王峠を福島県側へ下ろう。峠の頂から狭い尾根上を下って間もなく、峠名の由来になった山王権現の遺構と伝わる礎石を旧道上に見ると、その先には猿馬場と呼ばれた難所が待ち受ける。猿馬場の街道は急勾配の斜面をつづら折れに通されており、万治2年(1659年)の大地震によって谷底へ崩れ落ちたとの記録も残る。この難所を越えれば旧国道を横断し、中曽根と呼ばれる尾根筋に通された堀割状の旧道を通り、小さな沢を越えた後はなだらかな川沿いの道が続く。やがて旧国道に合流して山王川を渡るのだが、江戸期の街道はもっと北側で山王川を渡河していたらしい。そして、山王川右岸(東岸)の街道沿いにあった山王茶屋に辿り着く。元和3年(1617年)から営業を始めたとされる山王茶屋は、これから峠へ向かう旅人、ようやく峠を越えてきた旅人がひと時の休息を得るオアシスだったが、現在は他所へ移築されて残っていない。

会津西街道 山王峠


山王峠
山王峠に立つ”下野街道”と書かれた立て札。その先に会津西街道の旧道が会津側へ下りて行く。ついに会津の国に足を踏み入れた。


山王峠旧道
狭い尾根上を緩やかに降る旧道。


山王権現社跡
山王権現社跡。峠名の由来になったと伝わる神社跡である。柱が立てられていたと思われる礎石が雪の中に姿を見せていた。同じ礎石がもう一つあるはずなのだが、いまだ雪に埋もれているのか確認できなかった。


山王峠旧道
山王権現の先から急斜面をつづら折れに降る旧道。かつて猿馬場と呼ばれた難所である。


山王峠旧道
しかし、少し進んだ先で猿馬場の旧道は旧国道の開削によって分断されていた。


山王峠旧道
上の写真で途切れた旧道は、U字にカーブしてここに繋がっていたと思われる。


山王峠旧道
猿馬場の山王峠旧道。


山王峠旧道
猿馬場の急斜面を下りきると旧国道に出る。旧道は旧国道を横断して先に延びている。


山王峠旧道
なだらかに狭い尾根上を行く。


山王峠旧道にて
山。その通り!


山王峠旧道
旧道筋の所々に赤松が見られる。街道時代の名残か。


山王峠旧道
中曽根と呼ばれた尾根筋を堀割状の旧道がつづら折れに下る。


山王峠旧道
中曽根筋の旧道。急坂が続くため崩壊している場所もある。


山王峠旧道
木々の合間に国道121号の山王大橋を遠望。


山王峠旧道
中曽根の急坂を下りきれば沢越えである。


山王峠旧道
山王川に沿って旧道は続くが、雪が積もっていて道筋が判別できない。”下野街道”と書かれた立て札が頼り。


山王峠旧道
とにかく川に沿って北上。


山王峠旧道
後ろを振り返って。この足跡を見た人はどう思うんだろうなあ…。


山王峠旧道 山王峠旧国道にて
旧道はここで旧国道に合流。その合流点に”荒海宿”の木柱が立つ。会津西街道に荒海宿という宿駅は存在しておらず、明治22年(1889年)に宿駅の置かれていた糸沢村と川島村をはじめ、いくつかの村が合併して誕生したのが荒海村である。


山王峠旧国道
やっと旧国道へ出たというのにこの雪深さ。とにかく疲れる…。


山王峠旧国道
ようやく山王川を渡って現在の本ルート、国道121号に合流する。江戸期の街道はここで川を渡らず、更に山王川左岸を北上していたようだが、その道筋は消失していると思われる。


山王峠旧国道
旧国道と国道121号の合流地点。


国道121号 男鹿沼原
国道121号”道の駅たじま”まで500mの地点。右手に見える鳥居は日吉神社。この神社付近に山王茶屋があったはずだが、事前の調査不足でその跡地がどこなのか確定できなかった。山王茶屋については、後日調査して別の記事で詳しく紹介したい。


日吉神社
日吉神社。日吉とは山王権現の別称。山王峠にあった山王権現はここに合祀されているという。


道の駅だじま
現代の山王茶屋とも言うべき”道の駅たじま”。男鹿高原駅から歩いてきてようやく食料を調達できる場所に辿り着いたわけで…(涙)


ごまだれ餅 ゆべし
”ごまだれ餅”と”ゆべし”という和菓子を購入し、激しい空腹を満たすべく一気に完食。とにかく美味かったよー。食べ物について表現力が乏しくてスミマセン。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しまむーさん今晩は。おととい会津西街道の、中三依から山王峠を越えて糸沢まで、23キロ歩いてきました。関東地方では各地で38度を超える気温となった。しかし、会津田島の記録では30.5度までしか上がらなかったので、たいした暑さではなかった。夜の12時ごろ自宅のある川崎に戻ってきてからの方が暑かった。家に着くまでに、汗びっしょりになってしまった。この日は東京で観測史上初の最低気温が30度を超えた日であった。
上三依の湿生花園に寄り、脇にあるソバ屋に入る。そして2時ごろ再び、横川手前のソバ屋に入る。店の主人と話をする。最初は、「山王峠を徒歩で越える道なんかあったかなあ。」と言っていたが、しまむーさんのホームページを見せると、「横川パーキングの所から入っていく道か。最後まで行ったことはないが、あった、あった。」と言っていた。
峠越えの道は、踏み跡がしっかりしていて、峠のすぐ近くまでは簡単に行けた。そこから先は踏み跡が複数あり、GPSと感を頼りに峠まで着いた。下山路も踏み跡がしっかりしていて、迷わず行けた。しかし、峠越えに思ったより時間がかかってしまった。
5時過ぎに道の駅に着く。今日の目的地の、七ケ岳登山口駅までは4キロ半くらいある。何としても18:30の電車に乗りたい。小休止の後、慌てて駅に向かう。ぎりぎりの時間に駅に着く。
その後、中三依の温泉に入ってから帰る。

No title

宇田川さん、山王峠を無事に乗り越えられたようで、お疲れ様です。
私が山王峠を越えた時は雪解けの時期でしたので、真っ新な残雪の上を街道の遺構らしき道筋を辿りました。宇田川さんのコメントによると踏み跡があちこちにしっかり残っていたとのことなので、夏場は峠に入る方が結構いるんですかね。それにしても峠越えがありながら23kmを歩き通したとはさすがというか、凄い。しかもこの夏場に。中三依の温泉では汗を流されて至福のひとときを過されたのではないでしょうか。私も会津西街道歩きでは中三依の温泉に浸かり、鬼怒川公園の温泉に浸かりとしました。今思い出しても、温泉に入って冷えたビールは最高だったなあ。
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター