田島宿

【2011年5月8日(日)会津西街道 田島宿】
「私たちは田島で馬をかえた。ここは、昔、大名が住んでいたところで、日本の町としてはたいそう美しい。この町は下駄、素焼、粗製の漆器や籠を生産し、輸出する。」

イザベラバードは当時の田島をこう書いている。江戸初期から幕末にかけて田島は幕府直轄領で、大名は存在しておらず、ここに書かれている大名とは、中世に田島一帯を支配し、南北朝期から室町期に鴫山城(しぎやまじょう)を築城した長沼氏を指していると考えてよいだろう。田島は長沼氏時代に鴫山城の城下町として形成され、江戸期に宿場町へと変貌を遂げたと言える。毎年7月22日から3日間行われる会津田島祇園祭は、鎌倉時代に長沼氏によって祇園の神が祀られたことに起源があるといい、長沼氏が田島に残した功績は大きい。鴫山城と長沼氏については次の記事に書くことにしよう。

田島が会津西街道の宿場町として成立したのは元和年間(1615年~1623年)初期頃で、寛永4年(1624年)には会津藩の口留番所が置かれた。この番所は正保元年(1644年)に糸沢村へ、寛文元年(1661年)には横川村へ転々と移された。寛永20年(1643年)田島は幕府直轄の南山御蔵入領に属することになり、元禄6年(1693年)には田島陣屋が置かれ、江戸期を通して南山御蔵入領の中枢として政治的な色彩も強めた。その流れは明治になってからも続き、陣屋に代わって南会津郡役所が置かれ、現在は陣屋跡に南会津町役場が建てられている。

田島宿は享保5年(1720年)の絵図によると町並み東西13町18間(約1.45km)、西から西町・上町・中町・本町・東町・横町と続き、上町の西端と東町の東端に木戸が設置されていた。天保9年(1838年)の家数216軒、人口928人。この数字を見る限り南会津では最大規模の町だったのだろう。毎月一の日と六の日に六斎市と呼ばれる市が立ち、大勢の客で賑わった。また、長沼氏の時代から馬市も立ち、一時衰退はしたが、仲附駑者の出現によって江戸後期には再び隆盛を取り戻したようだ。

会津西街道 田島宿


京屋酒店
田島宿西町入口にある京屋酒店。鎌倉山の北東麓にあり、この辺りが田島宿の西外れ。


国道121号 田島西町甲
田島西町甲を行く国道121号。


国道121号 田島西町甲
田島西町郵便局の少し東側で国道121号から右手旧道へ入る。


田島西町甲 旧道
田島宿西町甲の旧道。


田島西町甲の念仏供養塔
田島西町甲の旧道沿いに残る念仏供養塔。


旧南会津郡役所
明治18年(1885年)に竣工した旧南会津郡役所。元々は県合同庁舎の場所にあり、合同庁舎の建設にあたって取り壊される予定だったが、保存の機運が高まり昭和45年(1970年)に現在地へ曳家された。この郡役所が完成したのが会津戦争から18年後のことで、当時の田島に住む人々はこの洋風建築を見て何を感じたのだろう。文明開化、それとも歴史の中に去りゆく自らの文化だったのか…。現代人にそう考えさせるだけでも、旧南会津郡役所を残した意義はあるというもんだ。


田島西町甲 旧道
割烹料理”梅寿館”やスナックLOVEのある辺りから旧道は北東方向に曲がり国道121号に合流。この辺りがかつての西町と上町の境で、木戸が設置されていた地点だと思われる。付近に千手観世音堂がある。


国道121号 田島上町甲
旧道と国道の合流地点。田島上町甲の町並み。


和泉屋魚店
和泉屋魚店前に鴫山城址入口(大手口)がある。


国道121号 田島上町甲
田島上町甲を行く国道121号。


和泉屋旅館
和泉屋旅館。佇まいを見ての通り相当な歴史がありそうで、かつては旅籠だったと思われる。国の登録有形文化財。


国道121号 田島中町甲 国道121号 田島本町甲
田島中町甲と田島本町甲の町並み。かつて田島宿の中町・本町だった場所で宿場の中心部だった。現在は街道を拡幅して国道が通されており、往時の面影は全く残っていない。


旅館田沢屋
田島本町甲の国道沿いにある旅館田沢屋。建物は近年のものだろうが、和泉屋旅館と同様にこちらも長い歴史がありそう。


大門川と愛宕山
本町と東町の境を流れる大門川。奥に見える山は鴫山城の愛宕山。


国道121号 東町03
田島東町甲の東側で旧道は国道と分かれて直進。分岐点には”まもる食堂”なる店がある。”まるも”じゃなかったのが少々残念…。田島宿の散策は日没サスペンデッド、ここで終わり。横町の旧街道歩きは次にとっておこう。


会津田島駅
会津田島駅から帰途につく。

【会津西街道歩き 第12日目】七ヶ岳登山口駅→糸沢宿→川島宿→田島宿→会津田島駅 歩行距離約24km(GPSロガーによる)


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

会津田島

 会津田島は幾度か行っているものの、常にまあ会津鉄道がらみだったりして、なかなか町並み歩きまではする余裕がなくて。いいもの見せていただきました。郡役所とか、いいものがあるのことを知ってはいるんですけどねえ(=^_^;=)。
 改めて、また会津田島行きたいなあという気になりましたよ。そいや床屋の前にちょこんと座ってたにゃんこはまだ元気にしているんだろうか。生きてるとしてももうだいぶご老齢のはずなんですが。

 旅館といえば。駅前通りにも「佐野屋」という駅前旅館があります。こちらは登録有形文化財になってはいないのですが、たたずまいはけっこうなかなかのもので。このあいだ会津田島に行ったとき、とりあえず佐野屋だけは撮ってきたのでありました。
 もっともまあ、行くとなるとどうしても撮影機材てんこ盛り状態だったりするものでその盗難防止とかを考えなくちゃいけなくて、泊まるときにはどうしても日本旅館じゃなくてビジネスホテルを選んでしまうんですよねえ。この旅のスタイルはどっかで見直さないといけないなあと思ってはいるのですが。いまどき日本旅館でも鍵くらいかかる部屋あるんだろうしなあ・・・(でも最後に泊まった日本旅館はおもいっきし襖仕切りの部屋だったんだ(=^_^;=)。その旅館、こないだの津波で流されてしまいましたけど)。

No title

猫が好き♪さん、こんばんは。
会津田島はなかなか趣のある良い雰囲気を持った町ですね。町の規模に比して駅がやたら立派だったことも印象的。駅前通りにあった佐野屋はもちろん目に留まっていました。建物の位置関係から駅の開業当時に建てられたものでしょうが、古くは街道沿いにあった旅籠だったのかもしれません。

前回の歩き旅で田島に1泊したのですが、急遽の宿泊だったので、旅館を避けて駅前のホテルに宿泊しました。今思えば佐野屋か和泉屋に泊まっていれば、興味深い話も聞けたのでしょうが…。次は祇園祭りを見に日帰りで田島へ行こうと計画しています。田出宇賀神社にも参拝したいですね。

猫が好き♪さん、床屋の猫にまた会いに行きましょうよ。

No title

しまむーさん今晩は。土曜日に会津西街道の糸沢から田島まで、寄り道を含め17キロ歩いてきました。
午前中は曇りで、時折薄日も差しましたが、2時ごろから雨が降ったり止んだりの天気となる。そのため気温も上がらず、ほとんど汗をかかずに歩けました。
まず糸沢を出て、奥会津博物館にある山王茶屋に行き、「しんごろう」と「くじら汁」などの郷土料理を食べる。
その後、油燈の旧道を歩き、5時頃田島に入る。旧南会津郡役所の前を通り、街道歩きを終了する。そして和泉屋旅館に宿泊する。そして女将さんと話をする。
和泉屋旅館は歴史のある古い建物だと思っていたが、昭和9年の建物だそうだ。会津田島は2度の大火で街の半分ずつを焼いていて古い物は残っていない。
1度目は昭和9年で、街の西半分を焼いた。当時の家は茅葺がほとんどであった。和泉屋旅館は瓦屋根だったため、そこで延焼は止まったそうだ。でも建物の一部を残して焼けたため、建て替えたそうだ。
2度目は昭和21年で、祭りか何かの夜、若者が国鉄の操車場にビールを盗みに入った。その時、灯りに使ったマッチの火がガソリンに引火した。ガソリンの入ったドラム缶が花火のように打ち上がり、離れたところに落下して、瞬く間に燃え拡がったそうだ。

翌日の日曜日は朝から本降りの雨であった。予定していた街道歩きは中止にして街の観光をする。旧南会津郡役所に行き、鴫山城跡のある愛宕山に登る。そして祗園会館に行き、駅前の「宮森」でそばを食べる。
少し早いが14:03のマウントエクスプレス号に乗り帰る。

No title

宇田川さん、こんばんは。
田島に着きましたか。お疲れ様でした。コメントを読んでいて、宇田川さんの歩かれた風景が目に浮かぶようでした。思い返すと懐かしい感じです。
田島の和泉屋旅館に泊まられたのですね。なかなか歴史のありそうな佇まいの雰囲気ある旅館だなと思いましたが、昭和初期の建物だったんですね。それ以前から旅館業をされていたのか、それとも別の商売をされていたのでしょうか。私も女将さんに色々と話を聞いててみたいです。

いよいよ、会津西街道最大の見せ場、大内宿が近くなってきましたね。これからは日は短くなりますが、ウォーキングには絶好の季節。また、道中の様子をコメント頂ければありがたいです。くれぐれも道中お気をつけて。

本町の写真の左端、薄暮で見づらいけど、床屋で僕の親父の実家ww

No title

名無しさん、コメント有難うございます。
久々に田島の町や祇園祭のことを思い出しました。
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター