タブの木は伐られた 

【成田街道歩き 第1日目】亀有駅→新宿の渡し跡→新宿→柴又→小岩市川渡し跡→八幡宿→本八幡駅



【2012年2月5日(日)成田街道 新宿】
会津西街道を歩き終えてから2週間後の日曜日、次の旧街道歩きのスタート地点へ向かうべく、北柏駅から常磐緩行線に乗り込み、程なく亀有駅に着いて下車。駅からは徒歩で旧水戸街道へ出て、中川橋を渡り新宿へ。ここから成田街道を歩き始める。何ゆえ成田街道を選んだのか。それは定期購読している『男はつらいよ 寅さんDVDマガジン』が最大の理由。DVDで寅さんの活躍ぶりを見ていたら久々に柴又へ行きたくなってしまい、それなら旧街道歩きのついでということで、柴又近辺を通る成田街道を選んだわけだ。

まずは水戸街道歩き以来の再訪となる新宿から記事に書こう。亀有から新宿へ行くには中川を渡らなければならず、その渡河地点には新宿の渡しと呼ばれる渡船場があった。現在はここに中川橋が架けられているのだが、2年ぶりに見た中川橋に少々違和感を感じた。それは橋の東詰にあったタブの木が無くなっているからだ。このタブの木、中川橋が架けられる以前から街道を往来する旅人の目印だったと云われ、近年まで地元住民に親しまれる新宿の語り部のような存在だった。その詳細は後述するが、残念でならない。

関連記事
新宿

成田街道 新宿


新宿の渡し跡
新宿の渡し跡(現 中川橋)。対岸の新宿側橋詰にあったタブの木が無くなり、何だか殺風景になったような感じ。


中川橋(2006年撮影)
2006年撮影の中川橋。現橋は橋桁しかできていなく、旧橋の新宿側橋詰にタブの木が見える。


中川橋
中川橋より新宿側を望む。一昨年、水戸街道歩きで訪れた際に同じようなアングルで撮影したものが下の写真。


中川橋(2010年撮影)
2010年当時の中川橋東詰。在りし日のタブの木が確認できる。


中川橋よりスカイツリーを望む
中川橋より下流方面を望むと、タブの木の代わりにスカイツリーが聳えていた。


中川橋橋詰のタブの木
中川橋東詰のタブの木は中川橋の架け替え工事によって2011年2月にやむなく伐採。穂を採取して育てた苗木を植樹し、根元部分が往時を偲ぶモニュメントとして設置された。


在りし日のタブの木
中川橋旧橋と在りし日のタブの木(解説版より)。いつ頃撮影されたものか不明だが、樹勢旺盛なタブの木の様子がよくわかる。苗木が元の姿まで育つには、百年以上の歳月が必要だろう。


新宿日枝神社
新宿の宿内を通って日枝神社へ。再訪の挨拶と成田街道歩きの安全を祈念して参拝。


中屋のせんべい
中屋のせんべい。2年前と変わらぬ姿に嬉しくなって思わず店内へ。当然ながら煎餅を一袋買ってリュックに詰め込む。

中屋のせんべい
http://nakaya.main.jp/


金阿弥橋
金阿弥橋。僅か1mにも満たないこの橋に気付く人はほとんどいないだろう。しかし、ここが水戸街道と成田街道(佐倉道)の分岐点、新宿の追分である。


新宿追分2012年
新宿追分から成田街道(佐倉道)を望む。成田街道は水戸街道を分岐してすぐに国道6号と交差している。近年まで写真左手に蕎麦屋があり、その建物脇に石橋供養道標が残されていたが、現在は”葛飾区郷土と天文の博物館”に移設保存されている。

葛飾区郷土と天文の博物館
http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/index.php


新宿追分2006年
2006年に同アングルで撮影した新宿追分。この時はまだ蕎麦屋と道標があった。


水戸街道石橋供養道標
これが2006年当時の石橋供養道標。安永6年(1777年)の建立で、「右 なりたちば寺道 左 水戸街道」と刻まれる。安永2年(1773年)から5年をかけて、この地域の万人講・不動講・女中講の人々は27ヶ所の石橋を架け、その供養のために造らせたのがこの道標。その苦労に報いるためにも、できれば元の場所に戻してあげてほしい。


水戸佐倉道分間延絵図 新宿抜粋
水戸佐倉道分間延絵図より新宿を抜粋。金阿弥橋や石橋供養道標が確認できる。水戸佐倉道分間延絵図は寛政年間(1789年~1801年)幕府の道中奉行により制作、文化3年(1806年)に完成した。道中奉行の支配下にあった千住宿から松戸宿(水戸道)、八幡宿(佐倉道)までの道中が描かれている。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうそう、道標は動かしてはいけないですよ!
その場所にあってこその歴史なんですよね!
博物館に収めてはいけないと思います。

家の近くにも安政時期の道標があります。
やはりここになくちゃ、と思います。
素晴らしい文化遺産なんに、
みんなが通る遊歩道にあるのに、
すばらしい状態なんに、
市も説明版ひとつつけません。
(まあ、舗装工事のときに少し移動しただけで、
別の場所に持ってかなかっただけでもいいほうかも)
もっとみんなに知ってもらわなくちゃいけないのに。
なんでこういうとこにお金を使わないのか、不思議です。

No title

ビール党さん、こんばんは。同意見の方がいてくれて、嬉しい限りです。
古い道標はその場所にあってこそ、歴史的な価値があるとつくづく思います。博物館に並べて説明書きを置かれても、いまいちピンとこない。この記事に書いた新宿の石橋供養道標は、かつてここが水戸街道と成田街道の分岐点だということを伝える語り部のような存在だったのに、無くなってしまった今はそんなことを想像するのも難しい。何とか元の場所に戻してほしいものです。
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター