fc2ブログ

旧市川村

【成田街道歩き 第2日目】国府台駅→小岩市川渡し跡→八幡宿→船橋宿→船橋駅


暦は3月に入って啓蟄の前日というのに真冬の寒さ。虫が地中から這い出てくるわけもなく、草むらに虫一匹を見かけることもない。空はお天道様を望むべくもなく一面を雲に覆われ、春の陽射しの恩恵さえ被ることもないだろう。じっとしていると時折吹き付ける寒風が身に応える朝、京成本線の国府台駅から成田街道歩きの2日目をスタート。今思えば気温は低くとも会津の冬の方が寒さを感じないような気がする。関東の冬は気温以上に寒さを感じるのだ。

市川市の前身となる旧市川村の町は、現在の中心部である市川駅周辺ではなく、渡船場跡(市川関所跡のモニュメント辺り)から市川広小路交差点辺りまでの千葉県道1号(成田街道旧道)沿道に町家を形成。本陣や問屋は置かれず宿駅としての役割は無かったが、渡し場の管理を任されて3艘程度の船と20人前後の船頭や人夫を賦役した。その見返りがあったためなのか、江戸川の舟運で隣の八幡宿を凌ぐ程に発展したようだ。市川村は渡し場から上町・中町・下町と続き、観音寺(現 市川広小路交差点付近)から先が四町目の町並み。町の発展を物語るかのように、旧町域には今も多くの神社仏閣が見られる。

成田街道 市川


市川関所跡のモニュメント
国府台駅から市川関所跡のモニュメントへ移動。ここから成田街道歩きを再開しよう。


江戸川・小岩市川渡し跡
小岩市川渡し跡を望む。この真冬の寒さの中でウェイクボードとは…、感心。


旧市川村
渡船場付近の旧市川村上町から中町にかけての町並み。上町の大部分は江戸川土手と河川敷の中に消失してしまったようだ。


春日神社
旧市川村の春日神社。水戸佐倉道分間延絵図には諸天善神と記されている。


安国院
安国院。正和4年(1315年)の創建、元は長遠寺と称し、天保8年(1837年)に寺号を改称したと云う。


市川広小路交差点02
市川広小路交差点。国道14号と千葉県道1号線が交わる地点で、その名の通り広小路の交差点。旧道はここを左折する。かつては下町と四町目の境をなしていた場所で、西(江戸川)方向に観音寺の参道が延びていた。


旧市川村02
市川広小路交差点から渡船場跡方面を望む。手前から旧市川村の下町・中町・上町であるが、その当時の面影を見つけることは難しい。


観音寺
正平17年(1362年)の開基と伝わる観音寺。真言宗豊山派。


胡録神社
極楽寺参道入口に鎮座する胡録神社。水戸佐倉道分間延絵図に第六天と記される。


国道14号 市川
弘法寺参道入口付近の国道14号。この辺りが旧市川村の東外れ。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
北海道旭川市出身。18歳で実家を出て千葉県に移り住んで約30年、2022年11月転勤をきっかけに千葉県柏市から茨城県土浦市へ引っ越し。今は茨城県民として筑波山を仰ぎ見ながら日々を過ごす。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター