臼井宿

【2012年5月6日(日)成田街道 大和田宿→臼井宿】
臼井宿は中世を通し臼井城の城下町として形成され、慶長9年(1604年)臼井城が廃城になって後は成田街道の宿場町としてその役割を変えてきたのだろう。江戸方から片町・上宿・中宿・下宿・新町と続き、おそらく中宿辺りに本陣が置かれていたと思われるが、その場所を特定できる資料が見つけられない。文政年間(1818年~1829年)以降から成田山参詣が盛んになり、臼井宿は旅籠屋や茶店等、180軒程の家が軒を連ねて賑わった。幕末に刊行された成田参詣記(成田名所図会)に、成田講の旅人や籠かき人足、馬方等が臼井中宿内を行き交う様子が描かれており、往時の様子を偲べよう。

雷電為右衛門という名をご存じだろうか。この人、江戸時代の名力士で大関なのだが、身長六尺五寸(197センチ)・体重四十五貫(168.7キロ)という巨躯の持ち主だったという。外国人力士が多数在籍する現在の角界にあっては珍しくもない体格だが、日本人男子の平均身長が150センチ台の江戸期にあっては怪物だった。雷電為右衛門は寛政2年(1790年)11月に江戸本場所で初土俵を踏み、以来21年間の現役生活で34場所の土俵に立ち、254勝10敗、引分・預り・無勝負等21、勝率でいうと約9割6分というとんでもない強さを誇った。横綱になれなかったのは何故なのだろうと思ってしまうが、当時は大関が番付の最高位で、横綱は名誉称号に過ぎなかったかららしい。名を捨てて実を取るといったところか。雷電為右衛門は巡業の際、臼井上宿にあった甘酒茶屋”天狗”に立ち寄り、ここの看板娘だった”おはん(後に八重へ改名)”を見初めて妻に迎えた。晩年はこの地で余生を過ごし没したという。

成田街道 臼井宿


妙覚寺
雷電為右衛門顕彰碑がある臼井台の妙覚寺。


雷電為右衛門顕彰碑と手形
妙覚寺境内にある雷電為右衛門顕彰碑と手形。


雷電為右衛門顕彰碑
これが雷電為右衛門顕彰碑。等身大の雷電為右衛門の肖像画が描かれる。昭和53年(1978年)佐倉雷電顕彰会により建立された。ちなみに近くの浄行寺跡地に雷電為右衛門と妻子の墓がある。


雷電為右衛門の手形
雷電為右衛門の手形。現代でも「こりゃ、でかいわ…」の一言。


新坂
臼井台上から新坂を下る成田街道旧道。


新坂
新坂を下りきった所から臼井宿片町である。


武藤自動車
武藤自動車の整備工場がある場所が、おはんの実家である甘酒茶屋”天狗”跡。”天狗さま”の愛称で親しまれたという。雷電為右衛門とおはんはここでどんな出会いをし会話を交わしたのだろう。かつてここにあったはずの甘酒茶屋に思いを馳せ、そんなことを想像してみるのも面白い。


臼井上宿
臼井上宿を行く街道。


中宿交差点
中宿交差点。街道は江戸方の手前から来てこの丁字路を右方向へ進む。この丁字路周辺が臼井中宿で臼井宿の中心部、かつて丁字路の突き当りに高札場があった。交差点角に臼井町道路元標が残り、傍らに明治天皇臼井行在所の碑が立つ。


臼井町道路元票
臼井町道路元標。


臼井宿にて
臼井宿にて。


成田方より中宿交差点を望む
成田方より中宿交差点を望む。奥に見える高台が臼井城址。


長源寺
臼井中宿にある長源寺。明治6年(1873年)に臼井小学校がここに開校したが、半年後には移転したらしい。後の明治11年(1878年)臼井村役場が置かれた。


臼井下宿
臼井下宿の町並み。東の空が暗雲たちこめるといった様相になり、冷たい風が吹き始める。


臼井01号踏切
京成本線の臼井01号踏切を渡って。この辺りが臼井新町で宿駅の成田方入口にあたる。


臼井新町東外れの道標
臼井新町東外れ、国道296号と千葉県道64号の分岐点に残る道標。正面「西 江戸道」・左面「東 成田道」・右面「南 飯重生ヶ谷道」と刻まれている。


国道296号 臼井
右手に台地が迫り、左脇を京成本線が通る。


国道296号 新臼井田
新臼井田交差点の先から八丁坂の上りがはじまる。


八丁坂
八丁坂。坂を上りきった左手に佐倉藩の江原刑場跡がある。


江原刑場跡
江原刑場跡。ここで命を落とした罪人の怒りなのか、涙なのか、雨が降り始める。


江原刑場跡下の池
刑場跡の解説板に「付近には首洗井戸がある」と書かれていたので、刑場跡から国道西側の斜面を下ってみたところ、その途中に発見した池。この水が首洗井戸の名残なのか…、詳細は不明。ここで雨が本降りとなってきたので、急ぎ足でけもの道を降る。


鈴木月極有料駐車場
斜面を降りきって鈴木月極有料駐車場に辿り着いた時、雷鳴と共にゲリラ豪雨に見舞われ、本日の歩き旅は佐倉城下を目前にして中止。あわてて近くのバス停へ。運が良いことに程なくしてバスが来てくれた。


京成佐倉駅
臼井中学校入口停留所から京成佐倉駅へ。皮肉なもんで、駅に着いて間もなく風雨はおさまった…。


【成田街道歩き 第4日目】 京成大和田駅→大和田宿→臼井宿→臼井中学校入口停留所 歩行距離約13km
この日の関東地方は大気の状態が非常に不安定。つくば市では竜巻が発生して甚大な被害を出し、家に帰ってからニュースでこの災害を知り大変驚いた。温暖化が進む現在にあってゲリラ豪雨は当たり前のことになってきたが、まさかこれほど大きな竜巻が発生するとは。ウォーキング中の天候急変に対する万全の対処を想定しておかなければなるまい。

FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しまむーさん今晩は。昨日例幣使街道の鹿沼から文挟(ふばさみ)まで、寄り道を含め17キロ歩いてきました。まず初めに鹿沼の市内観光をしました。ここ鹿沼の秋祭りは、20基以上の彫刻屋台が繰り出すことで有名である。日光東照宮を思わせる屋台を展示してある施設が市内に4ヶ所ある。それらを見学し、街の駅で名物のニラ蕎麦を食べたりしました。
そして予定より1時間位遅れて2時ごろ歩行開始しました。最初の1時間位は国道をひたすら歩く。やがて杉並木になる。やっと雰囲気が出てきた。車道より一段高い所にある歩道を歩く。ただし歩道がない場所もあり、車に怯えながら車道を歩く。そして6時ごろ文挟宿に入る。JR文挟駅ではなく、その先の東武の下小代駅まで歩いて電車に乗る。途中の栃木駅で下車し、銭湯に入ってから帰る。

No title

宇田川さん、こんばんは。梅雨の蒸し暑い中、お疲れ様でした。
例幣使街道の杉並木は車で何度か通ったことがあるのですが、道幅が狭いうえに交通量も結構多く、歩くには危険な道だろうと想像がつきます。車に怯えながらというその気持ち、よくわかります。せっかくの歴史的価値の高い杉並木なのですから、もう少しウォーキングを楽しめる道になるよう配慮してほしいですね。

海の日の月曜日、成田駅から成田街道・宗吾参道を歩いて宗吾霊堂まで行ってきました。これで成田街道歩きは完結です。

No title

とうとう成田街道歩きを完結したのですね。暑い中ご苦労様でした。宗吾霊堂がどこにあるのか探したら公津の杜の方にありました。成田から5キロ位ですね。成田山新勝寺と反対ですね。何事もなく完歩でき、おめでとうございます。
しまむーさんは、次はどこを歩く予定ですか。

例幣使街道の杉並木で怖いのは、車から見て左カーブです。右側を歩く歩行者から見れば右カーブになります。スピードを出している車は自然とインコースを走る。左の路肩との間隔が非常に狭くなっている。その状態で歩行者とすれ違うので、非常に危険である。そして杉並木の両側は石垣になっているので逃げ場がない。エンジン音が聞こえると石垣にへばり付き、車をやり過ごす。飛ばしていそうな車の音が聞こえたら、ひやひやものである。カーブばかりではないが、この様な場所が何か所かあった。次回歩く今市までは峠越えの道がある。どうか無事に歩けますように。

No title

宇田川さん、こんばんは。
例幣使街道に峠越えがあったなんて予想だにしませんでした。杉並木に峠越え、例幣使街道には旧街道歩きの醍醐味がありそうですね。今年になってから峠越えの旧街道を歩いておらず、山が恋しい。
と言いつつも、次は峠越えとは無縁の川越街道を歩いてみようと思っています。縁あって街道歩きの本を多く出版されている中山高安氏に著書の街道を歩く⑤川越街道を送って頂き、興味を抱いて歩いてみようと思ったわけで。8月中には板橋から出発する予定です。

No title

しまむーさん今晩は。次は川越街道ですか。私も行ってみたい。大山街道の後、しまむーさんの記事を参考にして行ってみようかな。しまむーさんの記事は詳しく書いてあるので参考になります。自分で下調べをしないでいいくらいだ。
川越街道、楽しんで行ってください。

No title

宇田川さん、こんばんは。
板橋から川越まで30㎞強なので、寄り道しながらゆっくり歩いても3日あれば踏破できるでしょう。たぶん…。川越は何度か行ったことがありますが、町並みに城下町の情緒をよく残している印象しかなく、今回は城址をはじめ、旧城下をじっくりと見て回ろうと考えています。

No title

佐倉藩の本陣は私の祖先の家です
大和田にあります
明治天皇行在之処(?)が建ってるところが本陣である大澤家でした
何度か明治天皇が宿泊したそうです

No title

こんばんはさん、コメント有難うございます。
成田(佐倉)街道大和田宿本陣を先祖に持つ方にコメントを頂けて、本当に恐れ入ります。大和田宿は国道が宿内を貫いてしまい、成田街道の宿場町にあって最も面影を残していない印象。そんな大和田にあって「明治天皇行在之処」碑は本陣跡に残る貴重な宿場遺構です。明治天皇が習志野原演習へ赴いた折、度々休所としたことを記念し建立されたとのことです。
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター