佐倉城下

【2012年5月12日(土)成田街道 佐倉城下】
江戸時代初期、佐倉城の築城に伴って城下の町割りが進められた。佐倉城下は外堀を境に大きく城内と城外に分けられる。台地西端部に内郭にあたる本丸や二の丸・三の丸を置き、その北側に椎木曲輪・根曲輪、東側に天神曲輪や広小路・中下町・大下町を配して外郭を形成、外郭は主に上級武士の屋敷地とした。ここまでが城内である。城外東側台地上の宮小路・鏑木小路・海隣寺並木・船見町・裏新町・中尾余町・最上町等には主に中・下級武士の屋敷や足軽長屋が配され、城内への主要口として田町門と大手門(追手門)が設けられた。城外北側低地から東側台地上にかけてこれらの屋敷地を貫くように成田街道が通り、江戸方の街道沿いから田町・海隣寺門前・横町・上町・二番町・仲町・肴町・間之町・弥勒(みろく)町・本町に町屋を形成、今も町並みには城下町の姿をよく留めている。

成田街道 佐倉城下
青背景白抜き文字:主に武家屋敷地(侍屋敷・足軽長屋等含む)
赤背景白抜き文字:主に町人地(町屋)


成田街道 田町
田町門から成田街道歩きを続けよう。街道は巴屋菓子舗前で水堀に沿って南へ折れ、直ぐに東へ方向を変えて海隣寺坂へ向かう。


巴屋菓子舗
巴屋菓子舗。店名に肝心の”菓”の字が無くなってしまっているが、ちゃんと営業している。随分と古びた趣の看板建築であるが、おそらく昭和初期頃から営業を続けられてこられたのだろう。


成田街道 田町
田町の街道沿いにある茅葺屋根の民家。


海隣寺坂
街道は海隣寺坂を上り台地上へ。坂上に海隣寺があることが坂名の由来。


成田街道 海隣寺町
海隣寺坂の木戸跡。坂を上りきった所に木戸が設けられ、街道の通行を監視した。木戸を入った台地上に海隣寺があり、周辺一帯は海隣寺並木(現 海隣寺町・並木町)と呼ばれる武家屋敷地(侍屋敷・足軽長屋等も含む)。海隣寺門前にのみ町屋が置かれた。


海隣寺
千葉氏の菩提寺である海隣寺。建立当初は馬加(現 千葉市花見川区幕張町)にあったが、千葉氏が本拠を猪鼻城(千葉市中央区亥鼻)から本佐倉城(酒々井町本佐倉)へ移し、後に本拠とすべく鹿島台に城を築くにあたって、海隣寺は千葉氏と共に酒々井を経てこの地に移転してきた。


成田街道 並木町
並木町を行く成田街道。


成田街道 新町(旧横町)
横町の町並み。横町から佐倉城下東端の本町にかけ、街道両脇に町屋が続いた。


成田街道 新町交差点
街道は札の辻(現 新町交差点)の三差路で東方向へ左折し、上町・二番町・仲町・肴町・間之町といった町人地の中を通る。横町から間之町にかけての旧町名は、新町として一括りにされている。


旧平井家
新町交差点角に建つ旧平井家。江戸時代初期から薪炭商を営み、主人は江戸期を通して代々平井儀兵衛を名のったという。明治初期からは郵便御用取扱い人を務め、明治45年(1912年)頃から酒店を営み佐倉有数の大商家となった。しかしながら主人が高齢となり昭和33年(1958年)に閉店。以後貸店舗として使われ、平成20年(2008年)平井家の親族より市へ寄付された。街道に面する主屋は明治19年(1886年)横町の大火後に再建されたものと考えられている。


旧平井家にて
旧平井家にて。


麻賀多神社
横町の西側裏手に鎮座する麻賀多神社。佐倉藩の総鎮守で”まかたさま”の愛称で親しまれてきた。


成田街道 新町(旧上町)
上町の町並み。


成田街道 新町(旧上町)
寛政年間(1789年~1800年)創業という三谷屋呉服店。


佐倉市立美術館
江戸の町屋風情が残る町並みにあって異彩を放つ佐倉市立美術館(旧川崎銀行佐倉支店)。それもそのはずで大正期の洋風建築。この辺りがかつての二番町である。


成田街道 新町(旧二番町・旧仲町)
二番町から仲町にかけての町並み。上町から仲町にかけて歴代佐倉城主の幟が掲げられ、観光客を楽しませる。


佐倉新町おはやし館
佐倉新町おはやし館。佐倉囃子の歴史や伝統を後世へ継承していく目的で建てられた。

佐倉新町おはやし館
http://www.catv296.ne.jp/~ichirizuka/ohayasikan/#pagetop


甚大寺
佐倉藩主堀田家の菩提寺、甚大寺。元々は山形城下にあったが、延享3年(1746年)堀田家が山形から佐倉へ転封になった際、現在地へ移された。現在の本堂は昭和36年(1961年)滑川龍正院(成田市滑川、坂東三十三観音)にあった建物を移築したもので、享保11年(1726年)の建立。


堀田家墓所
甚大寺境内奥にある堀田家墓所。堀田正俊・正睦・正倫をはじめ、堀田家累代の墓所がある。


堀田正睦の墓
堀田正睦の墓。堀田正睦は佐倉藩主で老中首座。佐倉藩に蘭学を取り入れ、”西の長崎、東の佐倉”と称される程に佐倉の名を知らしめた。歴史好きにはこの名を知らぬ人はいないだろう。幕末を描いた大河ドラマには必ずと言っていいほど登場する人物である。


成田街道 新町(旧肴町)
成田街道は肴町で連続する鍵の手に曲げられる。


成田街道 新町(旧間之町)
新町の東外れ、旧間之町。ここで本日の街道歩きは終わりとし、鏑木小路の武家屋敷へ向かおう。


裏町共同井戸
新町南側裏手に残る井戸。かつて新町南側一帯の裏新町は侍屋敷や足軽長屋が連なり、東端には獄屋が置かれていた。この共同井戸は新町と裏新町の境をなす路地脇にあり、おそらく商人や下級武士・足軽らが共同で利用した貴重な生活用水だったのだろう。


山口家住宅
新町と裏新町の路地沿いに残る旧商家、山口家。袖蔵と店蔵が並ぶ商家建築は旧街道沿いでよく見かけるが、佐倉の町屋にあっては珍しいという。現在は住宅として使われるため内部は非公開。佐倉市登録有形文化財。


新町交差点付近
新町・裏新町境の路地と国道296号の交差点。直進の道は宮小路、麻賀多神社境内前を通って大手門へ至り、その沿道には武家屋敷が並んだ。


武家屋敷通り
日没が迫り、新町から武家屋敷通りへ急ぎ移動。ここはかつての鏑木小路で、武家屋敷地。家老若林家をはじめ、上・中級武士の屋敷が並んだ。日露戦争で活躍した児玉源太郎も明治13年(1880年)から5年間ここに住んでいた。


くらやみ坂
武家屋敷通りから宮小路方面へ下る”くらやみ坂”。その名の通り、周囲に比して一際暗がりの坂道。道端を示す蛍光色の矢印がそれを物語ろう。


武家屋敷通り02
武家屋敷通り。通りに面して土手と生垣が残り、3棟の武家屋敷が内部公開されている。


大聖院
武家屋敷通りの東端にある大聖院。


ひよどり坂01
武家屋敷通りの東端から”ひよどり坂”の下り。暗闇に吸い込まれるような坂の入口。


ひよどり坂02
ひよどり坂。かつては鏑木小路から”ひよどり坂”を下れば、水堀の外周を通って浅間坂上り口にあった虎口(坂下門)から城内へ入れたようだが、おそらく非常時の裏道的な存在だったと思われる。鏑木小路の武士が登城する際は、くらやみ坂か宮小路を通って大手門から入城したと考えるのが妥当だろう。


ひよどり坂04
ひよどり坂の上り口。「佐倉 サムライの古径 ひよどり坂」の立札がある。昔日の姿を留めており、坂道マニアにはたまらないだろう。


大手門跡
佐倉城下散策の最後は佐倉城の正面入口、大手門(追手門)で。下写真のような門がここにあったなんて、今見る現状から想像するのは難しい。


佐倉城大手門
在りし日の大手門。


成田街道歩き 第5日目】 成田街道歩き 臼井中学校入口停留所→佐倉城址→佐倉城下→京成佐倉駅 歩行距離約14km

FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター