酒々井宿

【2012年6月24日(日)成田街道 酒々井宿】
前の記事にも少々触れたが、酒々井(しすい)宿は本佐倉の城下として発展してきた町。本佐倉城の廃城後は、成田街道の往来が盛んになり宿駅として町は変貌を遂げ、旅宿や茶屋等、様々な商家が軒を連ねた。また、宿内には幕府の軍馬放牧場・佐倉牧の管理事務所にあたる野馬会所と野馬御払場が置かれ、捕えた野馬から軍馬に適する馬を選び出し、不適な馬については民間への払い下げが行われた。近くの勝蔵院は野馬奉行綿貫氏が滞在中の宿所だったという。綿貫氏の役宅は小金牧近くの水戸街道小金宿にあり、以前の記事「小金宿」に書いているので参照してほしい。

酒々井の地名は井戸から酒が湧き出たとの伝説に起源があるといい、それを後世に伝えるために建てられた酒の井碑が今も残る。下総式板碑と呼ばれる鎌倉時代から室町時代にかけて盛んに使われた碑だというから、相当に古いものらしく摩耗が著しい。酒々井宿は江戸方から新宿・上宿・仲宿・下宿と続き、仲町と下町の境から多古街道が分岐して横町の町屋が並んだ。江戸方宿端の新宿は佐倉城下札の辻(現 新町交差点)から1里(約4km)に位置し、新宿内の街道沿いには一里塚が築かれていたという。宿場の中心は仲宿にあって問屋が置かれ、野馬会所や野馬御払場もここにあった。

関連記事
小金宿
小金牧

成田街道 酒々井宿


国道296号 上本佐倉
上本佐倉交差点辺りが酒々井宿の江戸方入口。酒々井宿と本佐倉の町屋は位置関係からほぼ隣接していたと思われる。


大鷲神社
酒々井宿江戸方入口に鎮座する大鷲神社。



酒々井宿・新宿
酒々井宿・新宿の町並み。かつて街道沿いには一里塚が築かれ、昭和時代の後半まで片塚だけが残っていたらしいが、現存しておらずその跡地は不明。


酒々井宿・上宿
酒々井宿・上宿の町並み。古い商家が残り、宿場時代の面影を留めている。


八坂神社
上宿と仲宿の境に鎮座する八坂神社。上宿・仲宿・下宿・横町の鎮守で、天王社とも呼ばれた。安政5年(1858年)刊行の成田参詣記「酒々井駅の図」には、八坂神社を中心に商家が並び、その前を往来する旅人の様子が描いている。


酒々井宿・上宿
八坂神社付近から上町を望む。


地蔵堂 地蔵堂
地蔵院跡に残る地蔵堂。地蔵院は延命地蔵を本尊とし、近くにある真言宗東光寺の末寺だったと伝わる。現在は廃寺となり地蔵堂のみが残る。延宝2年(1674年)水戸黄門様こと徳川光圀がここ地蔵院に宿泊したという。


酒々井宿・仲宿
酒々井宿の中心、仲宿。


成田街道・多古街道の追分
酒々井町役場入口の丁字路。ここが成田街道と多古街道の分岐点で、左折の道が多古城下へ至る多古街道。丁字路角に建つ家が野馬会所を務めた島田家である。


勝蔵院
江戸時代初期の佐倉藩主、堀田正信の寄進と伝わる木造不動明王坐像を本尊とする勝蔵院。本堂は棟札等から元禄年間(1688年~1704年)の建築と推測されている。野馬奉行綿貫氏が佐倉牧滞在中の宿所として使われた。


勝蔵院の仁王像
勝蔵院の仁王像。まさしく仁王立ち!


本佐倉城跡調査事務所
勝蔵院に隣接する本佐倉城跡調査事務所。本佐倉城を酒々井町の名所にしようとの意気込みが伝わってくる。事務所の建物は再利用なのか、古さを感じさせる佇まいなのがいい。


酒の井碑
酒々井という地名の起源を伝える酒の井碑。


酒の井
酒の井碑の隣にあるモニュメントらしき井戸。傍らにあるボタンを”ポチッとな”と押してみると↓


酒の井
何と!酒かもしれない水がこんこんと湧き出し、酒の井伝説を解説する音声が流れ始めた。地元の方に話を聞いてみたところ、「モータで井戸水を汲み出しているんだよ。」と、夢の無い現実的な回答が…。


酒の井にて
酒の井にて。


酒々井宿・下宿
酒々井宿・下宿の町並み。かつて下宿には岩城屋という旅籠があり、近年まで氏神様の石祠だけが残っていたが、見つけることができなかった。どこに行ってしまったのだろうか。


麻賀多神社
酒々井宿の成田方入口に鎮座する麻賀多神社。


酒々井駅古松碑
酒々井駅古松碑。ここに樹齢700~800年という名木、”八抱えの松”が聳えていた。しかし、明治2年(1869年)に枯死してしまい、これを惜しんだ人々によって翌年にこの古松碑が建立された。


肥前坂八抱えの松
これが成田名所図会に描かれる在りし日の”八抱えの松”。現地解説板より。


伝肥前屋敷
酒々井小学校の敷地内、酒々井町体育館がある辺りが肥前屋敷と伝わる場所。ここに言う肥前とは千葉氏の家臣で、原肥前とも青柳肥前とも伝わる。


肥前坂
肥前屋敷から本佐倉城へ向かう肥前坂。この坂を通れば、台地上の酒々井から谷津の低地に降りて本佐倉城へ最短距離で行ける。肥前坂は急勾配の小路で、車の通行は無理だろう。


本佐倉城址遠望
肥前坂より本佐倉城址を望む。


肥前坂
肥前坂の上り口。


下り松(百取らず坂)
酒々井宿を出た成田街道は緩い下り坂に。この辺りは”下り松”と呼ばれ、昔は細い道が曲がりくねる坂道だった。道の両側から木々が覆いかぶさっていたために昼間でも暗く、しばしば追剥ぎが出たともいう。とある貧しい若者がここに落ちていた百文を拾おうとしたところ、道脇に首がぶらさがっていたのに気付き、慌てて百文を取らずに逃げたという少々怖い話も伝わる。そんな逸話から別名を”百取らず坂”とも呼ぶ。


酒々井下り松三山碑
下り松に残る三山碑。出羽三山の参詣記念碑で、月山・湯殿山・羽黒山の名が刻まれる。出羽三山は古くから庶民に信仰の厚い霊山、各地に同様の石碑を見てきた。この地域でも壮年になると講を組織して出羽三山に参詣したという。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

数年前まで、八坂神社の向かいに住んでいました。字は「下仲宿」でした。
佐倉から、酒々井と、自分の住んでいる土地の、自分は知らないことを教えていただいて、読んでいてとても楽しかったです。
酒々井って、昔は栄えていたんですね~!?今では、信じられません。

No title

ねこあしさん、はじめまして。
酒々井辺りの旧成田街道をランニングされているのですか。私のブログが役に立ったとコメント頂けて大変うれしいです。地元の方にそう言っていただけると、恐縮してしまうばかりですが。

旧街道を歩いていると、酒々井に限らず昔の繁栄が想像できないくらい閑静な家並みの旧宿場町は多く見ます。主な交通手段が徒歩だった時代から車や鉄道に移り変わり、人の往来が無くなって寂れてしまったのでしょう。そんな往時の宿場町を想像しながら現代に残る旧街道を歩くのは面白いものですよ。

伊篠のお地蔵さん、インパクトが強かったので良く覚えてます。今はKappaのTシャツを着ているのですか。確かに体育会系のお地蔵さんのようですね。また会いに行きたいです。
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター