上板橋宿

【2012年8月18日(土)川越街道 上板橋宿】
上板橋宿は江戸方より下宿・中宿・上宿に分かれ、本陣は置かれず、その代役で問屋場を務めた名主・河原与右衛門家の屋敷が中宿にあった。伊能忠敬測量の大日本沿海実測録によると板橋平尾追分より上板橋宿までの距離20町41間(約2.3km)、ルートラボで平尾追分から上板橋中宿までの距離を測定しても約2.3kmで、完全に一致する。宿場の町並み6町40間(約730m)、江戸時代後期には約90軒の家が軒を連ね、江戸四宿の中山道板橋宿と比すれば、それほど大きな宿場町ではなかったようである。豐敬稲荷神社の境内にある板橋区教育委員会設置の上板橋宿概要図を見てみると、名主屋敷や高札場をはじめ、お代官と呼ばれた醍醐宅が中宿にあり、その中心をなしていたことがわかる。江戸方入口に馬継ぎ場の表記があり、ここがどういった役割の場所だったのか少々疑問に思った。問屋場を兼ねた名主宅とは少々離れているが、荷継ぎの馬を管理していたのだろうか。

川越街道 上板橋宿


日大病院入口交差点
日大病院入口交差点。ここで国道254号から下頭橋通り(旧川越街道)が分岐。上板橋宿の江戸方入口である。


上板橋・下宿
上板橋宿・下宿の町並み。写真は板橋宿方面を望んでおり、かつては左手街道沿いに馬継ぎ場や”はくらく”という屋号の大野家があったはずだが、残念ながら場所が特定できない。


上板橋・下宿
上板橋宿・下宿より川越方面を望む。写真左手に”かがい”の屋号・大村家、右手に”かぎや”の屋号・栗原家があった辺りだが、やはり正確な場所がわからない。


豊敬稲荷神社
下宿と中宿の境に鎮座する豊敬稲荷神社。


上板橋宿概要図
豊敬稲荷神社の境内に設置される上板橋宿概要図。宿内を散策する上での手掛かりは、この概要図だけ。せめてこの概要図に記される旧家跡に簡単な解説板を設置して頂けると、結構楽しめると思うんだが…。


三春屋
中宿の街道沿いに残る古い家。概要図から推測するに、おそらく旧美春屋の建物だろう。


三春屋
三春屋は昔、米穀商を営むごく普通の商家だった。昭和初期、この店の名を世に知らしめる事件が起こる。大正末期から昭和初期にかけて”説教強盗”と呼ばれ、世を騒がせた妻木松吉がこの家に侵入したのだ。妻木松吉は西巣鴨に住む左官で、金策に困り果てた挙句、新宿・池袋・板橋にかけて民家に侵入しては盗みを繰り返した強盗犯である。しかし、強盗とは言っても人を傷つけるようなことはしなかったようで、それどころか盗みに侵入した折、その家人に戸締りの甘さや番犬を飼うように等、泥棒除けの対策を講じていたらしい。説教強盗と名付けられた所以である。ここ三春屋に侵入した際、米粉に手を付け、その手でガラス戸を触ってしまったようで、その指紋が証拠となり逮捕の決め手になったという。犯罪者には違いないけど、どこか憎めない感じがしてしまう。


飯島鳶工業
旧三春屋から弥生小学校入口交差点を挟んで斜向かい、飯島鳶工業という店舗があり、軒先に「距 日本橋二里二十五町三十三間」と書かれた木板が置かれている。それがこれ↓


飯島鳶工業の軒先にて
これについては中山高安氏の”街道を歩く⑤ 川越街道”に書かれており、2里25町33間(約10.6km)は日本橋から板橋宿内の石神井川に架かる板橋までと同距離であるらしい。中山高安氏は何故ここにあるのか、家の方に話を聞いており、それによると元々は板橋にあったもので、新しいものに替えるときに貰ってきたものだという。


万福寺
上板橋宿唯一の寺院である万福寺。本尊は薬師如来。文政6年(1823年)の古文書に「無住、西光寺兼帯」と記され、旅僧の仮宿等になっていたと云われる。同宗派の西光寺(板橋区大谷口)が管理する無住職の堂宇だったのだろう。現在もその流れを汲み続けているようで、本堂らしき建物も民家と見紛うような質素さである。


上板橋・中宿
上板橋宿・中宿の町並み。往時は川越街道を往来する旅人や商人で賑わったであろう場所であるが、今では行き交う人も少なく、お隣の遊座大山やハッピーロード大山の商店街に賑わいは移っている。


上板橋・中宿
豊敬稲荷神社からここ中板橋駅入口交差点辺りまでが、かつての中宿だろう。この交差点周辺に名主屋敷や代官屋敷があったはず。しかし、その跡地がどこなのか特定できない。


上板橋・上宿
上板橋宿川越方の上宿。中板橋駅入口交差点辺りから下頭橋にかけての町並みが、かつての上宿だろう。上板橋宿概要図を見るに、宿世話役の栗原佐左エ門宅が中宿と上宿の境にあったようだ。


下頭橋
石神井川に架かる下頭橋より宿場方向を望む。ここが上板橋宿川越方入口。下頭橋は寛政10年(1798年)近隣村々の協力を得て石橋に架け替えられた。橋名の由来については板橋区教育委員会設置の解説板から引用する。「旅僧が地面に突き刺した榎の枝が芽を吹き、やがて大木に成長したという逆榎がこの地にあった」「川越城主が江戸に出府の際、江戸屋敷の家臣がここまで来て頭を下げて出迎えた」「橋の袂で旅人から喜捨を受けていた六蔵の金を元に石橋に架け替えられた」と、諸説あるらしい。六蔵の道徳を讃えて建立された六蔵祠が下頭橋東袂にあり、3つ目の説が有力なように思えるが、それなら六蔵橋と名付けるのが自然なような気もする。


石神井川
上板橋宿の北辺から西端にかけて流れる石神井川。

六蔵祠
下頭橋東袂にある六蔵祠。下頭橋が石橋に架け替えられた時に建立された”他力善根供養”の石碑が境内に残る。


下頭橋
下頭橋を渡って先へ。写真奥に延びる道が川越方面へ向かう街道。


下頭橋通り(旧川越街道)
下頭橋西側に残る旧道の道筋。下頭橋通り(旧川越街道)の道路標識が路傍に立つ。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【上板橋宿】

【2012年8月18日(土)川越街道 上板橋宿】上板橋宿は江戸方より下宿・中宿・上宿に分かれ、本陣

コメントの投稿

非公開コメント

相互リンク

初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://inf.to/Jle
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター