大津宿

【旧東海道歩き 第2日目】JR大津駅→大津宿→草津宿→草津第一ホテル



【2013年7月13日(土)旧東海道 大津宿→草津宿 道中】
平年より2週間程早い梅雨明けを迎えた近畿地方。それから間もない7月の3連休初日に大津宿から旧東海道歩きを再開することに。春夏秋冬、歩き旅をしている者にとって最も辛いのは雨や雪、寒さではない。猛烈な暑さにあると思う。容赦なく照りつける盛夏の陽射しは、水分と共に体力を著しく消耗させるうえ、足に故障を発生させるのもこの時期である。早い真夏の到来に少々慄きながらも、できうる限りの軽装に身を整えて東京駅から東海道新幹線に乗車し京都駅へ。京都駅からJRで大津駅に移動し、駅構内にある”トランドールⅡ”という喫茶店でそそくさと朝食を済ませた。さあ、大津宿から江戸へ向けて歩みを進めよう。

東海道は江戸日本橋から数えて53宿目、京都三条大橋からならば1宿目となる大津宿。天保14年(1843年)当時の宿長さ東西16町51間(約1838m)・南北1里19間(約3962m)、人口14892人、家数3650軒、本陣2、脇本陣2、旅籠71軒。宿内からは西近江路(北国海道)が分岐し、琵琶湖の水運もあって物資集散地となり商業が発展、東海道53次中最大の人口を誇る宿場町として賑わった。名産品の一つに大津絵と呼ばれる民画があり、街道を往来する多くの旅人が土産に購入し、観賞用を兼ねた護符として家や店に飾ったのだという。軽妙なタッチで描かれる神仏や人物・鬼等の絵は親しみやすいうえにどことなくユーモラスで、多くの庶民に受け入れられた理由が伝わってくる。

旧東海道 大津宿

関連記事
大津宿(旧中山道歩きの記事)


大津宿本陣跡
国道161号(現近江路)沿いの大津宿本陣跡から旧東海道歩きを再開!


京町一丁目交差点
道路中央を走る京阪電鉄の列車を横目に見ながら京町一丁目交差点へ移動。前の記事に書いた通り、ここは旧東海道と旧近江路(北国海道)・小関越えの分岐点で、かつて高札場が置かれた札の辻。逢坂山を越えてきた旧東海道はここを鉤の手に南から東へ折れる。札の辻から逢坂山麓にかけての東海道筋は八町通と呼ばれ、本陣・脇本陣をはじめ多くの旅籠が軒を連ねる大津宿の中心部だった。


大津市道路元標
かつての札の辻は大津市の道の起点。


大津宿
札の辻から東へ延びる旧東海道は京町通の別称がある。


大津宿
東海道最大級の規模を誇った大津宿、町並みには今もその面影が残る。
露国皇太子遭難地の碑
路傍に露国皇太子遭難地の碑が立つ。明治24年(1891年)訪日したロシア皇太子・ニコライ(後のニコライ2世)を、警備中の巡査津田三蔵が斬りつけた暗殺未遂事件の事件現場。


大津宿
大津宿を行く旧東海道(京町通)。


唯泉寺
京町に数多くある寺院の一つ、唯泉寺。


大津別院
真宗大谷派東本願寺の大津別院。江戸時代初期、大谷派本願寺(東本願寺)第12世の教如による建立。教如は父・顕如と共、織田信長に対して徹底抗戦(石山合戦)した人物。戦国系シュミレーションゲームでその名を知る人は多いだろう。本堂と書院は国の重要文化財に指定される。


滋賀県庁
旧東海道(京町通)と中央大通りの交差点、京町三丁目交差点から南に目を向けると、国会議事堂!?いや、滋賀県庁があった。パッと見、国会議事堂が頭をよぎったのは建築様式が同じせいなのかと調べてみたところ、映画「SP革命篇」で使われた国会議事堂のシーンはここ滋賀県庁がロケ地だという。なるほど、数か月前にテレビで見たのがイメージに残っていたのかもしれない。


旧東海道 常盤橋
旧東海道の常盤橋。


旧東海道 成覚寺前
成覚寺前を通る旧東海道。


常世川
常世川のを渡る。大津市内を流れて打出浜で琵琶湖に注ぐ小さな流れ。


常世川にて
常世川にて。「西は極楽 東は平安楽土 さかいを流れる常世川 常世(とこよ)川と読めば黄泉の国の川 三途川ともとれる 地蔵尊もおられ 往来の安全を見続けて」の立て看板。現世(うつしよ)に流れる常世の川か。なかなか気の利いた面白い説明書きだ。


平野神社
天智天皇7年(668年)、内大臣藤原鎌足の創建と伝わる平野神社。


旧東海道 石場
石場を行く旧東海道。石場という地名の由来は享保19年(1734年)刊行の『近江輿地誌略』に記される。「相伝中古、石工この地に多く在住して、この浜辺に石を積みおける故の名なり」と。なるほど。


石場踏切
石場踏切を渡って。


義仲寺
馬場一丁目にある義仲寺。旧中山道歩き以来の再訪。小さな境内の寺であるが、ここはなかなか興味深い。創建については不詳であるが、木曽義仲の側室巴御前が尼となり、義仲供養のため草庵を結んだことに由来があると伝わる。古くこの地は粟津ヶ原と言い、宇治川の戦い等で源範頼・義経に敗れ京を落ちた木曽義仲が討たれたのがこの地なのだ。鎌倉時代後期の文書に巴寺や木曽塚の名が見られるといい、巴御前が晩年を過ごした地がここだというのも真実に思えてくる。


義仲寺朝日堂
義仲寺本堂の朝日堂。本尊は木彫聖観世音菩薩。木曽義仲とその嫡男義高の木像を安置する。


木曽義仲公墓
この立派な宝篋印塔が木曽義仲公墓。木曽塚とも呼ばれる。

木曽の情 雪や生えぬく 春の草

元禄4年(1691年)ここ義仲寺の無名庵で松尾芭蕉が義仲公を偲んで詠んだ句である。芭蕉が木曽塚を眺めながらこの句を詠んだのかと思えば、実に感慨深い。


巴塚
木曽義仲側室の巴御前を弔う巴塚。晩年に尼となった巴御前はこの地で義仲の菩提を弔い、後に信州木曽に戻り90歳の生涯を閉じたと伝わる。


芭蕉翁墓
木曽塚の右にある松尾芭蕉の墓。義仲寺に度々滞在した芭蕉は、木曽義仲が大のお気に入りだったらしく、没後は義仲寺へ葬るよう遺言したという。芭蕉没年の元禄7年(1694年)に書かれた”芭蕉翁終焉記”に「木曽塚の右に葬る」とあり、今も当時のままなことに感動。


義仲寺にて
義仲寺にて。


義仲寺翁堂
芭蕉翁座像を安置する翁堂。


四季花卉の図
翁堂の天井絵は伊藤若冲筆”四季花卉の図”。明和7年(1770年)の作。翁堂は安政3年(1856年)に類焼し2年後に再建。現在の天井絵は明治21年(1888年)穂積永機が復元製作し奉納したもの。


義仲寺


大津絵の絵葉書
この記事の最後に義仲寺で土産に買った大津絵の絵葉書を紹介。愛嬌ある鬼の顔が微笑ましい。江戸時代のゆるキャラといったところかな。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター