fc2ブログ

粟津晴嵐と瀬田夕照

【2013年7月13日(土)旧東海道 大津宿→草津宿 道中】
膳所城下を抜けた旧東海道は粟津ヶ原と呼ばれた松原の地を進み瀬田の唐橋に差し掛かる。かつての粟津ヶ原は琵琶湖岸を通る東海道の沿道に松が並び、その枝葉が風にざわめく向こうには琵琶湖や比叡山を望み大層美しい風景を見せたという。その景観は歌川広重により”粟津晴嵐(あわつのせいらん)”の題名で浮世絵に描かれる。そして粟津ヶ原の松並木を過ぎれば瀬田の唐橋。最初の架橋年代は不詳だが日本書紀にも書かれている程の歴史ある古橋で、畿内と東国を結ぶ要所なうえに京を防衛する上での最重要地にあたり、古代より中世にかけて度々合戦の舞台になった。「唐橋を制する者は天下を制する」とまで言われた所以であろう。また、瀬田の唐橋は欄干に唐金擬宝珠を付ける橋の作りが美しく、日本三名橋・三古橋の一つとされ名橋としての一面もあった。歌川広重が描く”瀬田夕照(せたのせきしょう)”の浮世絵で知られ、”粟津晴嵐”と共に近江八景の一つに数えられる。

旧東海道 晴嵐・粟津町・唐橋町・松原・瀬田

関連記事
瀬田の唐橋(旧中山道歩きの記事)
粟津の晴嵐(旧中山道歩きの記事)


粟津の松並木跡
粟津晴嵐の地を行く旧東海道。


粟津の松並木跡
かつての美しい松並木も今は昔、沿道に数本の松が残るのみ。


近江八景 粟津晴嵐
広重画「近江八景 粟津晴嵐」(草津宿街道交流館の手摺り浮世絵より)。東海道の松並木に膳所城、そして琵琶湖の彼方に比叡山を望み、往時の様子が偲ばれる。


ルネサス滋賀工場
松原が広がっていた粟津ヶ原の地はルネサス滋賀工場の敷地に。


旧東海道 晴嵐
晴嵐1丁目の旧東海道。東海道本線のガード下を潜って。


晴嵐商店街
かつての松並木は消え失せ、沿道には晴嵐商店街の店舗が並ぶ。


明治天皇鳥居川御小休所碑
鳥居川交差点手前、明治天皇鳥居川御小休所碑がある。ここは旅籠松屋の跡地で、明治11年(1878年)明治天皇が東海・北陸の御巡幸の折に小休止した。


鳥居川交差点
鳥居川交差点。瀬田の唐橋に向かって車は渋滞。


唐橋西詰交差点
唐橋西詰交差点。


瀬田の唐橋
瀬田川に架かる瀬田の唐橋。織田信長によって唐橋が架け替えられた時、中ノ島を挟んで大橋と小橋を架ける現在の形になったと伝わる。


鳥居川水位観測所
瀬田の唐橋付近に設置される鳥居川観測所。瀬田川なのに鳥居川とあるのは、この辺りの地名”鳥居川”から名付けられたため。明治7年(1874年)オランダ人技師エッセルの指導により開設、琵琶湖の水位観測がここで始められた。


瀬田の唐橋
昭和54年(1979年)瀬田の唐橋は擬宝珠を受け継いで木造からコンクリート製の橋に架け替えられた。


近江八景 瀬田夕照
広重画「近江八景 瀬田夕照」(草津宿街道交流館の手摺り浮世絵より)。夕日に照らされる瀬田の唐橋、下を流れる瀬田川には川舟が行き交い、遠く三上山(近江富士)を望む美しい風景が描かれる。


瀬田の唐橋
5年前(2008年)の旧中山道歩きの際に撮影した瀬田の唐橋。ちょうど夕闇が迫る頃で、いい感じに撮れたお気に入りの1枚。


瀬田川
橋上より瀬田川上流(琵琶湖方面)を望む。琵琶湖から流れ出る唯一の川であり、京都府では宇治川、大阪府で淀川と名を変えて大阪湾に注ぐ。


唐橋東詰
唐橋東詰。


瀬田の唐橋にて
瀬田の唐橋は藤原(俵藤太)秀郷の大ムカデ退治の伝説地としても知られる。


瀬田代官屋敷跡
膳所藩瀬田代官屋敷跡(写真左手前)。現在に残る建物は明治以降に民家として建築されたものだが、代官屋敷の流れを汲んでいるらしく、江戸時代中期の狩野派絵師による襖絵等が残っているという。近年まで医院として使われていたようだが、廃業して空き家になっている様子。取り壊しの話が出たのか、保存活動を案内する貼り紙が。何とか上手く活用して残してほしいものだ。


神領交差点
神領交差点より唐橋方面の旧東海道を望む。


建部大社01
唐橋東詰より約500m東、神領に鎮座する近江国一の宮・建部大社。祭神は日本武尊。景行天皇46年(116年)神崎郡建部郷(現 東近江市五個荘伊野部町)に日本武尊の神霊を祀ったことに創祀があり、天武天皇4年(675年)近江国府があった現在地に遷座したと伝わる。源頼朝が伊豆へ配流される折に源氏再興を祈願、宿願叶って建久元年(1190年)上洛の際に再びここを訪れ、幾多の神宝と神領を寄進し深く感謝したという。


建部大社神門
建部大社境内入口の神門。時間は18時、拝観時間外に来てしまい門は固く閉じられていた。参拝できず残念。


建部大社にて
建部大社にて。


建部大社手水舎
せめて手水舎で身だけでも清めさせていただこう。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
北海道旭川市出身。18歳で実家を出て千葉県に移り住んで約30年、2022年11月転勤をきっかけに千葉県柏市から茨城県土浦市へ引っ越し。今は茨城県民として筑波山を仰ぎ見ながら日々を過ごす。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター