従是西亀山領

【2014年3月9日(日)旧東海道 亀山宿→庄野宿】
亀山宿を後にして亀山市和田町へ。江戸時代に和田村と称したこの地は村域中央を東海道が通り、西側に和田一里塚が設けられていた。和田一里塚から東へ向かって間もなく、旧東海道は和田の坂道の下りに。歌川広重は「東海道五十三次之内 亀山」の一つに描いた浮世絵は、駕籠かきが往来する和田の坂道だったといわれる。その和田町から亀山市川合町・井田川町を抜ければ、F1日本グランプリの開催で有名な鈴鹿サーキットがある鈴鹿市に市域を変える。旧東海道は亀山市と鈴鹿市境に位置する小田町・和泉町内を通って安楽川を渡り、西富田町を経て中富田町へと進む。ここまでが江戸期の亀山藩領。中富田町の川俣神社境内には「史跡 中富田一里塚跡」の碑と共に、「従是西亀山領」と刻む領界石が残されている。


より大きな地図で 従是西亀山領 を表示


和田一里塚跡
亀山市栄町と和田町の境にある和田一里塚跡。


和田一里塚跡
和田一里塚は昭和59年(1984年)まで塚の一部が残っていたが、道路拡幅により消滅。現在の一里塚は近接地に模式復元したもの。江戸日本橋から104里目(約408km)、京三条大橋からは21番目(実測で約87km地点)となる一里塚。


和田の坂道
なだらかに下る和田の坂道。


東海道五十三次之内亀山
広重が浮世絵に描いたこの浮世絵(和田町公民館前設置の案内板より)は和田の坂道と云われる。松並木こそ失われているが、それっぽい感じはある。


和田の坂道
北側崖上に石上寺を見ながら和田の坂道を降る。


石上寺
延暦15年(796年)、紀真龍(きのまたつ)が勧請した新熊野三社の神宮寺として開創したと伝わる石上(せきじょう)寺。鎌倉時代に将軍家の祈祷所となり広大な寺領と伽藍からなる大寺院だったが、織田信長の伊勢侵攻により焼失して衰微したという。鎌倉から室町期にかけての古文書20通が残り、三重県有形文化財に指定される。


旧東海道 和田町
和田集落内、福善寺前を行く旧東海道。


旧東海道・井尻道分岐
旧東海道から延びる小路は井尻道旧道。井尻道は南側の井尻に通じ、主に地元住民が利用した生活道路なのだろう。


井尻道道標
井尻道道標。明治中期に亀山で製糸業をはじめた実業家田中音吉の寄付による建立。


旧東海道 和田町
和田町公民館前を行く旧東海道。


旧東海道 和田町
三重県道28号に接する手前で、旧東海道は東から北方向に大きく曲がる。


ジャングリさんの小祠
ジャングリさんの小祠。東海道分間延絵図には”叉具神”と記される。古くから”ジャングリさん”と呼ばれ、東海道を往来する旅人がもたらす悪疫から子供たちを守る神様として崇拝された。


若松道旧道
和田村から神戸・白子・若松方面へ通じていた若松道旧道。亀山城下から亀山藩領の若松港へ至る重要な道だった。分岐点に和田道標が残る。


和田道標
元禄3年(1690年)建立の和田道標。正面に「従是神戸白子若松道」と刻む。古い道標はその役目を終えたとしても、元々の場所にあってこそ歴史的な価値がある。


谷口法悦題目塔
亀山市和田町と川合町の境、旧東海道沿いにある谷口法悦題目塔。昔から”川合のやけ地蔵さん”や”法界塔さん”と呼び親しまれた。施主は谷口法悦という日蓮宗の篤信者で、江戸時代中期、一族と共に各地の寺院や街道筋にこのような題目塔を建て、日蓮宗の布教と共に国家安穏を祈念したという。


旧東海道 川合町
亀山市川合町に入って間もなく、国道1号の亀山バイパス下を潜り抜け。


椋川
椋川を渡る。川合の地名はこの椋川と鈴鹿川が合流する土地であることに由来。


旧東海道 川合町
川合町を行く旧東海道。


川合町旧東海道筋にて
沿道にはどんこネット川合と書かれた植木鉢が並び街道を彩る。


旧東海道 川合町
国道1号を越えて井田川駅方面へ延びる旧東海道。


井田川小学校跡
昭和54年(1979年)廃校となった井田川小学校跡。現在は物流センターの敷地となり、門柱の一部と二宮金次郎像が残るのみ。


JR井田川駅
JR井田川駅。駅前に真新しい日本武尊像を設置する。


井田川駅にて
井田川駅にて。昨日購入した関の戸を食べながらひと休み。


旧東海道・田村道分岐
旧東海道から左に分岐する小路は、北西側の田村へ通じる田村道旧道。


田村道道標
分岐点に残る道標は、井尻道道標と同じく田中音吉の寄付による建立。


栄寿堂
栄寿堂で3色だんごとさくら餅を購入。


海善寺踏切
海善寺踏切手前で亀山市から鈴鹿市へ市域が変わり。


小田坂の下
旧東海道筋は小田集落の家並みに。


地福寺
小田集落の西側入口にある地福寺。


観音堂跡
地福寺の観音堂跡。


野登道道標
旧東海道を分岐する野登道旧道と道標2基。写真左手前の道標は江戸期のもの、右奥が大正3年(1914年)田中音吉の寄付による建立。共に「右のゝぼり」と刻むが、写真左手前のものは”り”の字が埋没している。野登道は野登山の山頂付近、野登寺へ至る信仰の道。野登寺は地元で”ののぼりさん”と呼び親しまれる古刹。


和泉町公民館
和泉町公民館の先で旧東海道は安楽川に阻まれる。


和泉川の渡し跡
和泉川の渡し跡。この辺りの安楽川は古く和泉川と称し、江戸期には長さ70間(約127m)の仮土橋が架けられ、増水時には徒歩渡しとなった。和泉村(現 鈴鹿市和泉町)は川越人足役を命じられている。明治期になって本格的な架橋があったようだ。現在、旧道渡河地点に橋は無く、150m程下流に和泉橋が架けられる。


和泉橋
和泉橋へ迂回し安楽川を渡る。遥かに野登山や鈴鹿山脈を望む。


旧東海道 西富田町
安楽川の土手から西富田集落内を北西へ延びる旧東海道。


西富田川俣神社
西富田集落の南側(京方)入口に鎮座する川俣神社。周辺一帯に同名の神社が多い。境内に無上冷水井跡の碑がある。無上冷水井は織田信長の三男で、神戸城主の織田信孝が愛飲したと伝わる。


ひろせ道
写真の右に分岐する小路は広瀬道旧道。北側の広瀬へ通じていた。分岐点には田中音吉の寄付により建立された道標が残る。


広瀬道道標
「ひろせ道」と刻む道標。


福萬寺
真宗高田派の福萬寺。


常念寺
阿弥陀如来を本尊にする天台真盛宗の常念寺。元は同村内の別の場所にあり、安政元年(1818年)の大地震で倒壊。元々ここにあって倒壊を免れた平建寺を買収し移転した。平建寺は延命地蔵尊を本尊とし、中富田の氏仏として信仰されてきた。現在は同寺の地蔵堂に祀られている。


旧東海道 中富田町
中富田の集落を行く旧東海道。


中富田川俣神社
中富田の川俣神社。


従是西亀山領の領界石と中富田一里塚跡碑
川俣神社境内にある中富田一里塚跡碑と「従是西亀山領」を刻む領界石。中富田一里塚は川俣神社境内東隣にあり、塚上に榎の大木があったと云われるが、現在遺構は全く残っていない。江戸日本橋から103里目(約404km)、京三条大橋からは22番目(実測で約91km地点)となる一里塚。一里塚の更に東隣、中富田村と汲川原村の境にこの領界石が立てられていた。長らく歩いてきた亀山藩領もここまで。領界石から先は神戸藩領である。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター