庄野宿

【2014年3月9日(日)旧東海道 庄野宿】
亀山藩領から神戸藩領に入り旧汲川原村(現 鈴鹿市汲川原町)を過ぎれば庄野宿の町並みに。江戸日本橋から数えて45宿目、京都三条大橋からならば9宿目となる庄野宿。その成立は東海道五十三次の中で最も遅い1624年(寛永元年)。元々この地にあった36戸に、鈴鹿川対岸の34戸を移転させて加え、「草分け36戸、宿立て70戸」と言われる小さな宿場を成立させたのがはじまり。天保14年(1843年)当時の宿内町並南北8町(約872m)、京方より上町・中町・加茂町で構成、人口855人、家数211軒、本陣1、脇本陣なし、旅籠15軒。

宿駅成立から200年余りを経た天保期には3倍の家数に膨らんでいるが、近世の東海道にあっては小規模の宿場町だったため、幕末に臨時の大通行が度々あった折には周辺一帯の助郷だけでは人馬継立を賄いきれず、美濃・河内・摂津国まで助郷村を広げている。名物は俵焼米、江戸時代に携行食として重宝された焼米を、こぶし大の俵に詰めて売っていた。歌川広重は「東海道五十三次之内 庄野」に「白雨」の副題を付け、夕立の中、宿場外れの街道を往来する駕籠かきや通行人を浮世絵に描いてる。


より大きな地図で 庄野宿 を表示


旧東海道 汲川原
亀山藩領から神戸藩領の旧汲川原村(現 鈴鹿市汲川原町)へ。


旧東海道 汲川原江戸方入口付近
汲川原集落京方入口付近に立つ神戸藩領界石と女人堤防碑(写真奥)。領界石は道の両側それぞれにある。女人堤防碑裏手の空地は真福寺の薬王院跡。


従是東神戸藩領碑と山神碑
神戸藩領界石と山神碑。この山神碑は江戸時代からここにあるといい、手水石は文化10年(1813年)のもの。


従是東神戸藩領碑
神戸藩領界石には「従是東神戸領」と刻む。こちらの領界石は京側から見て左手(北側)にあるもので、こちらの方が古そうな感じ。「是」と「領」の部分に凹形の加工が見られ、その役目を終えた後、何かに再利用されていたのだろうか。


従是東神戸藩領碑
京側から見て右手(南側)の領界石。明らかにこちらの方か新しく、廃藩置県まで領界に立てられていたのはこちらだろう。元々はもう少し西寄りの中富田と汲川原の境界にあった。


女人堤防碑
旧東海道と直角に交差して南北に延びる女人堤防。その堤防上に女人堤防碑が立つ。
汲川原村は鈴鹿川と安楽川の合流部にあたり、村人は度々の水害に悩まされていた。その対策として築堤の許可を神戸藩に願い出たが、堤防ができると鈴鹿川下流域右岸の城下に浸水するとして藩の許可は得られず、そこで村の女衆は男より罪が軽くすむだろうと、極刑を顧みず6年の歳月をかけて堤防を築き上げてしまう。その功績を後世に残すべく、昭和32年(1957年)この碑が建立された。


真福寺
浄土真宗本願寺派の真福寺。本堂前のソテツがいいね。


豊田畳店
平野道旧道との分岐点付近、汲川原の豊田畳店前を行く旧東海道。


旧東海道 汲川原
汲川原集落を過ぎ、庄野宿へ向かう。


旧東海道 汲川原
国道1号と三重県道637号の幹線道路が交差する汲川原町交差点付近。旧東海道の道筋はその両幹線道によって分断され消失。その消失地点にあたる汲川原町交差点付近には下写真の旧東海道ルート図が掲示されている。


汲川原交差点付近掲示の旧東海道ルート図
実際の旧道は点線で示されている直線状の道筋ではなく、直角に近いS字カーブを描く道筋だったことが古い航空写真や地形図から確認できる。


旧東海道 庄野町
汲川原交差点付近、庄野宿側の旧東海道が現れる地点。写真左側の道が庄野宿へ向かう旧東海道。


庄野宿京方入口
庄野宿京方入口。「東海道 庄野宿」の石標が置かれる。


庄野川俣神社とスダジイ
庄野の川俣神社とスダジイ。このスダジイは庄野宿が成立する以前から自生しているといい、幹回り6メートルを超える巨木。庄野宿の変遷を今に見続ける古木、もし語ることができるならば、どんな話を聞けるのだろう。


庄野宿郷会所跡
いとう理容の辺りは庄野宿郷会所跡。庄野宿に割り当てられた助郷村の庄屋等が集会した。


庄野宿脇本陣・高札場跡
庄野宿脇本陣跡(写真右手前民家)と高札場跡。本陣南隣が脇本陣の楠与兵衛家跡で、その間辺りに高札場が置かれていたらしい。庄野宿資料館に江戸時代の高札5枚が現存している。


庄野宿本陣跡
庄野集会所の敷地は庄野宿本陣跡。沢田家が江戸期を通して明治5年(1872年)の廃止まで庄野宿本陣を務めた。


庄野宿
夕闇に暮れゆく庄野宿。


庄野宿資料館(旧小林家住宅)
庄野宿資料館(旧小林家住宅)。油問屋を営んだ旧小林家住宅の主屋を改修復元し、平成10年(1998年)に開館。江戸期の高札5枚をはじめ、本陣・脇本陣の古文書等、宿場関係の資料を保管展示する。


庄野宿資料館(旧小林家住宅)
訪れた時間が遅かったため庄野宿資料館は既に閉館。内部を見学することなく資料館を後に。次回の機会に再び訪ねることにしよう。


善照寺
庄野宿の江戸方端付近にある善照寺。日は沈み、門は固く閉じられ・・・。


庄野宿
庄野宿の江戸方端付近、日没を迎えて宿場は静まりかえる。


庄野宿江戸方入口
庄野宿江戸方入口にあたる庄野町西交差点へ。旧東海道はここを鉤の手に右へ曲がるのだが、本日の旧東海道歩き旅はここで終い。直進して加佐登駅へ向かおう。


加佐登駅
JR加佐登駅。


加佐登駅にて
加佐登駅から帰途につく。栄寿堂で購入した3色だんごを食べならがら 、四日市・名古屋方面への列車を待つ。


みそかつ&えびふりゃー弁当
名古屋駅から東京駅へ向かう新幹線の車内にて。”みそかつ&えびふりゃー弁当"を夕食に。お疲れ様でした。


【旧東海道歩き 第7日目】ホテルルートイン第2亀山インター→亀山宿→庄野宿→JR加佐登駅 歩行距離約17km
FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター