清州城

桶狭間古戦場を散策する前に、桶狭間の戦い当時に織田信長が居城としていた清州城(清須城とも書く)を訪ねた。敵将今川義元を討つべく桶狭間への出陣に先立ち、織田信長が「人間五十年 下天の内をくらぶれば 夢幻の如くなり 一度生を得て 滅せぬ者の あるべきか」と幸若舞”敦盛”を謡い舞う。桶狭間の戦いを描くドラマ等によく使われる一場面で、この場所が清州城である。清州城を出陣した信長は熱田神宮に拠り戦勝祈願、軍勢を整えて桶狭間へ向かう。信長公記によれば、今川勢は4万5千の大軍、織田勢はわずか2千足らずの寡兵。信長は梅雨時の豪雨に乗じて今川勢に気づかれることなく義元本隊に接近、谷間の隘路で休憩する義元本陣を崖上から急襲し今川義元を討ち果たす。桶狭間の戦いについては諸説あって不明な点が多く、古戦場を見て回ったうえでの見解を次の記事に書きたい。

清州城は室町時代前期に尾張守護で室町幕府管領、斯波義重が守護所下津城(現 稲沢市下津高戸町)の別郭として築城。応仁元年(1467年)応仁の乱が起こり斯波家は没落、尾張守護代織田家が下津城を居城としたが、織田家の内紛で下津城が焼失すると、代わって清州城が守護所に定められ、尾張の中心地は清州へ移った。弘治元年(1555年)織田家に再び内紛があり、織田信長と組む織田信光が守護代織田信友を殺害、信長は那古屋城から清州城に居城を移す。以来、小牧山城に移るまでの約10年間に渡って信長の本拠となり、桶狭間の戦いに勝利し、徳川家康と清州同盟(織徳同盟)を結ぶ等、戦国の覇者はここで天下布武を初動させるのである。天正10年(1582年)明智光秀の謀反(本能寺の変)により信長が討たれ、信長の嫡男信忠も二条御所で明智勢に敗死。僅か11日後に光秀も山崎の戦いで敗死すると、織田家有力家臣の柴田勝家、丹羽長秀、羽柴秀吉、池田恒興は清州城に集まり、後継者を巡って論争する。世に言う清州(清須)会議である。

清州会議により織田家の後継者と推挙されることなく、尾張・伊賀・南伊勢を領するに至った信長次男の織田信雄は、天正14年(1586年)居城としていた長島城が天正地震により甚大な被害を受けたため、清州城へ居城を移す。この時に大小の天守や居館を建造、城郭の大改修を行っている。関ケ原合戦後には清州藩が立藩、清州城は藩庁として機能していたが、慶長15年(1610年)徳川義直が藩主の時、徳川家康の命によって清州から名古屋へ藩庁をはじめ武家屋敷、神社仏閣や町家等の移転がはじまる。この大規模な城下移転は3年をかけて完了、”清洲越し”と呼ぶ。清州越しによって清州藩は廃藩、清州城は廃城となり、新たに名古屋城を藩庁として尾張藩が立藩する。清州城の古材は名古屋城の築城資材に転用、名古屋城の西北隅櫓は清州城の天守を移築したものと伝わり、清州櫓とも呼ぶ。城下町の全てを失った清州城下はいったん野に帰したが、寛文8年(1668年)一場桑名町(現 清須市市場)にあった美濃路の宿駅が旧城下に移り、清州は宿場町として大きく変革を遂げていく。

思いがけない名古屋ができて 花の清洲は野となろう

清州越し当時にその有様を見て庶民が唄ったという。




清州城模擬天守と大手橋
五条川に架かる大手橋を渡って清州城へ登城しよう。


清州城模擬天守と大手橋
鮮やかな朱色の欄干が印象的な大手橋。平成元年(1989年)清州城の模擬天守が建設され、付属して五条川に大手橋が架けられた。清州城模擬天守と清州古城跡を繋ぐ。


清州城模擬天守
清州城模擬天守は”ふれあい郷土館”として、織田信長をはじめとする郷土文化や歴史をテーマに展示室を設け、最上階を展望室にする。


清州城模擬天守
清州城模擬天守。


柴田勝家公と濃姫
清州城を守る城代、清州城武将隊の柴田勝家公と濃姫。詳細は公式サイトやブログがあるので、そちらを参照していただければ。


清州城下模型
城内に展示される清州城下の模型。織田信雄による清州城大改修後、城下を取り囲むように3重の水堀が巡らされ、町の繁栄ぶりを実感。往時は6万人もの人口を擁する城下町だったという。


清州城天守内清州会議コーナーにて
清州会議コーナーでは濃姫により清州会議の紙芝居を実演。


清州城展望室
清州城展望室より大手橋と清州古城跡を望む。


清州城展望台より清州古城跡を望む
五条川の対岸、清州城本丸跡を分断する東海道新幹線。


清州城展望台より名古屋城を望む
清州城展望台より名古屋城方面を望む。清州越しの距離感を実感できるはずだったが、この悪天候では…。全く視認できず。


清州城の石垣
清州古城跡公園(清州城本丸跡北東側)に展示する清州城の石垣。平成8年(1996年)護岸工事の際に実施された遺跡調査により、清州公園(清州城本丸跡南西側)に隣接する五条川右岸で発掘された。


清州城内堀跡
清州古城跡公園北東側の駐車場は、かつての内堀跡。


織田信長公お社
清州古城跡公園の小高い場所にある織田信長公お社。小社殿に併せて清洲城跡を顕彰する2基の石碑を置く。かつて天守が設けられていた場所と思われる。


清州城古城跡碑
本丸跡に立つ清州城古城跡碑2基。いずれも江戸末期の建立。


清州城本丸跡(清州公園)
清州城本丸跡南西側の清州公園。


織田信長像と濃姫像02
織田信長公と濃姫の銅像。信長像は昭和11年(1936年)地元篤志家からの寄付によるもので、桶狭間に出陣する信長の姿を表現、濃姫像は平成4年(1992年)に加藤製作所より寄贈されたもので、元は清州城模擬天守の敷地にあったが、平成24年(2012年)現在地へ移された。これにより夫婦の絆、立身出世、必勝祈願のパワースポットになっているそうな。


清州城と新幹線
清州城と新幹線。さすがの信長もこの光景を見たら腰を抜かして驚くのだろうなあ。


川上神社
清州城本丸南端に鎮座する川上神社。この辺りは馬出にあたる。


五条橋
美濃路の五条川渡河地点に架かる五条橋。室町時代前期、斯波氏の時代から架けられていたが、清州越しの際に名古屋堀川へ移された。


清凉寺
清州宿の中心部、札の辻にある清凉寺。寛永年間(1624年~45年)に土田(現 清須市土田)からこの地に移ったというから、清州越しから清州宿移転の間に移ってきたことになる。山門上の鐘撞堂には、清州宿の人々に時を告げた時の鐘が今も残る。


清州宿札の辻
清州宿札の辻。高札場が置かれていた。


清州宿本陣跡
林惣兵衛家が代々本陣を務めた清州宿本陣跡。美濃路最大の建坪を誇る豪壮な本陣で、尾張名所図会にも描かれる。明治24年(1891年)濃尾地震で建物が倒壊、被災を免れた正門のみが縮小して再建された。


撮影日:2014年11月1日(土)
FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今年も楽しく拝見しています!

清須城はジョグで行く(いや最近はサボってて行ってないや)
なじみの場所です。
新幹線より隣の工場が目立ちすぎなのが惜しいのです。

No title

ビール党さん、コメント有難うございます。
清州城は新幹線から一瞬だけ見えていたので、いつか行ってみたいと思っていました。桶狭間古戦場跡を散策する前に、まずは信長が出陣した清州城へ登城しておくのが筋だろうと、ようやく念願が叶った次第です。予想外に柴田勝家公と濃姫を見ることができ、行った甲斐がありました。
遅ればせながら本年もよろしくお願いします。
プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター