添牛内

ソバの花が咲き誇る8月上旬の幌加内町、昨年末に訪れた添牛内地区を約8ヶ月ぶりに訪れた。冬場には見ることができなかった添牛内という地名の由来地”早雲内の滝”や旧深名線の添牛内駅跡をはじめ、添牛内新市街と旧市街、両隣に位置する大曲と新富地区を歩き回ってみた。添牛内については前に書いた記事「深名線 添牛内駅跡」に書いているので、こちらを参照してほしい。まずは早雲内の滝と添牛内新市街と旧市街の様子から。




政和そばの花展望台
旭川から江丹別峠を越えてまずは政和そばの花展望台へ。


そばの花
そばの花の見ごろは7月中旬から8月上旬。可憐な白い花を咲かせる。


政和そばの花展望台にて
幌加内町のゆるキャラ”ほろみん”。ちょうど”幌加内町新そば祭り”PR用の写真撮影中。顔がそばの実というそばの妖精で、「身(実)を粉にするいきおいでがんばっちゃう努力家。」とのプロフィールが上手い。今年のゆるキャラグランプリにエントリーしているので、清き1票を投じよう。


ほろみん
撮影を終えて一休みの”ほろみん”。暑い中お疲れ様です。


政和のそば畑
展望台よりそば畑を一望。幌加内町はそばの作付面積、生産量とも日本一。


そば処きたむら
展望台に併設する”そば処きたむら”。


そば処きたむらのもりそば
そば畑を眺めながら食べる幌加内そばは格別。腹ごしらえを終えたところで政和そばの花展望台より国道275号を北上、添牛内へ向かう。


添牛内跨線橋
国道275号と国道239号(観月国道)の分岐点付近、添牛内跨線橋を渡り観月国道を霧立峠方面へ向かう。


ソーウンナイ川
観月国道横を流れるソーウンナイ川。


滝の上覆道
滝の上覆道の左下にソーウンナイ川があり滝があるはずなのだが…。


ソーウンナイ川
急斜面に藪が覆い川まで降りるのはちょっと厳しい。覆道を歩いて滝上へ行ってみることに。


早雲内の滝
覆道から早雲内の滝が見れた。ソーウンナイの川名はアイヌ語の「ソー・ウシ・ナイ」にあり、滝のある川という意味を持つ。添牛内という地名の由来はこのアイヌ語にあるという。


早雲内の滝
流木が掛かり激しく水しぶきをあげる早雲内の滝。


添牛内駅跡
早雲内の滝を見終え添牛内跨線橋まで戻る。跨線橋上より雑草に覆われた深名線廃線路と添牛内駅跡を望む。


添牛内駅跡
添牛内駅跡構内。雑草に覆われ旧駅舎が確認できるだけ。


旧添牛内駅
旧添牛内駅駅舎。平成7年(1995年)深名線の廃止に伴い廃駅に。


旧添牛内駅
駅前に残るのは1軒の民家のみ。旧駅舎はこの民家の物置として使われたことで残存していたのだが、現在民家が無住になっており、今後の動向が心配。この景観が見納めにならなければよいが。


旧添牛内駅駅舎
旧添牛内駅駅舎と左奥に農業倉庫。


旧添牛内駅構内
旧添牛内駅構内。藪に埋もれているがホームが残存しているらしい。


旧添牛内駅
駅舎南側に残る引き込み線の遺構。


添牛内跨線橋
添牛内駅跡より廃線跡と添牛内跨線橋を望む。


旧添牛内駅前通り
旧添牛内駅前通り。駅舎から50m程で国道に突き当たる。昭和29年(1954年)の地図によれば左角に森脇商店、突き当り国道向こうに右から阿部旅館、ツバキ理容院、モナコパチンコが並んでいた。


添牛内新市街
添牛内新市街。添牛内駅が開業して新たに市街が発達、従来からの市街(旧市街)に対して駅周辺は新市街と呼称された。


霧立亭
添牛内地区唯一の飲食店、新市街の国道沿いにある霧立亭。平成13年(2001年)に閉鎖された旧添牛内郵便局で、建物を改装して開店した手打ちそば処。


霧立亭
営業中だったので早速店内に。


霧立亭のざるそば
太めでこしがあり、そばの香りと味を堪能できる私好みのそば。美味しく頂きました。


旧農協倉庫
霧立亭より旧農協倉庫を望む。


旧添牛内農協と国道239号
旧添牛内農協。


故歳桃訓導殉職彰碑・故大川榮子弔碑
故歳桃訓導殉職彰碑(写真右)と故大崎榮子弔碑(写真左)。昭和13年(1938年)8月26日、雨竜川での水泳授業中に生徒の大崎榮子が溺れ、指導にあたっていた歳桃多吉先生が助けに行くが、二人とも溺死してしまったという。3回忌の昭和16年(1941年)に建立。


雨竜川
供養碑の裏手を悠々と流れる雨竜川。77年前にここで起きた教師と生徒の悲劇を思い、冥福を祈ろう。もし大川榮子さんがこの水難事故に遭わなければ、90歳近いお婆ちゃんだろうか。


添牛内踏切跡
添牛内駅の名寄側に残る踏切跡。線路部分が未舗装のため水溜りができている。左奥に旧市街を延びる国道。
添牛内旧市街
添牛内北東側の旧市街へ。


添牛内バス待合所
ジェイ・アール北海道バスの添牛内バス待合所。昭和29年の市街図を見ると、この辺りは高田呉服店をはじめ数軒の民家があったようだ。


添牛内バス待合所
待つ人もなくひっそりとした待合所内。


添牛内コミュニティ公園
待合所裏手は添牛内コミュニティ公園に整備されている。


添牛内旧市街
待合所より旧市街を望む。写真奥、車の停まっている所が旧国道入口。


旧杉浦商店
旧杉浦商店。昭和29年の市街図によれば有限会社添牛内共同販売所、後に個人商店になったようだ。近年まで農協と共に添牛内地区の貴重な小売店だったが、杉浦商店は廃業し農協も無くなっている。


旧添牛内小学校門柱
開校88年目の平成12年(2000年)に廃校となった旧添牛内小中学校。入口にはレンガ造りの門柱が残る。


旧添牛内小学校門柱と旧杉浦商店
旧添牛内小学校門柱と旧杉浦商店。


旧添牛内小中学校跡にて
小中学校跡に残る二宮尊徳像と「我らが母校」碑。たくさんの卒業生の成長を見届けてきたのだろう尊徳像、その役目を終えて誰もいない校庭で少し寂しそう。劣化のためか左手は失われ、本が足元に置かれていた。


旧添牛内小学校跡にて
雑草が茂る花壇。昭和61年(1986年)添牛内小学校PTAより贈られた。


添牛内コミュニティセンター
旧体育館は添牛内コミュニティセンターに。


添牛内コミュニティセンターの花壇
添牛内コミュニティセンター横には素敵な花壇があり、訪れた人の目を楽しませる。


旧添牛内小中学校跡
旧添牛内小中学校跡。ここは添牛内周辺の開拓時に設置された駅逓所跡とされ、添牛内一帯で最も古くに開けた場所である。


浄念寺と旧国道
旧市街より旧国道を入り浄念寺前へ。浄念寺前より現国道方向を望む。


浄念寺
真宗大谷派浄念寺。本尊は阿弥陀如来。大正2年(1913年)照元義信氏が同地に説教所を設立したのがはじまり。大正11年(1922年)子息義導氏が名跡を継ぎ、大正15年(1926年)本堂が建立された。


添牛内神社鳥居
添牛内神社参道入口に立つ鳥居。平成25年(2013年)に再建されたばかり。


添牛内神社参道
急勾配の参道階段を登って。


添牛内神社社殿
添牛内神社社殿。祭神は天照皇大神。創始は大正初期とされるがはっきりしない。昭和10年(1935年)社殿が建立された。毎年7月に例祭が行われている。


添牛内神社社殿
添牛内神社を参拝。例祭のときに使われるのだろうか、拝殿前には御神燈の看板が…。


添牛内神社参道
急勾配の参道階段を降り。


添牛内神社参道
添牛内神社参道。


添牛内神社の忠魂碑
参道から少し外れた場所にある忠魂碑。


添牛内の旧国道
添牛内神社裏手に残る旧国道。


添牛内の旧国道
旧国道は神社から少し行ったところで通行止め。この先は大曲地区まで続いており徒歩なら行けそうだが、車移動なのでここで引き返すことに。次は大曲地区へ移動しよう。


撮影日:2015年8月4日(火)
【 参考サイト 】
添牛内Web同窓会

FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター