函館東照宮(権現台場)と四稜郭

今夏の北海道の記事は函館で締めくくろう。昨年末に函館を訪れた際、次に行きたいと思っていた四稜郭を中心に五稜郭北部の史跡を巡ってみた。函館五稜郭から北へ直線距離で約3.5km、五稜郭を一望する高台に知る人ぞ知る四稜郭がある。戊辰戦争の最終決戦となった箱館戦争において、五稜郭を本拠にする旧幕府脱走軍が背後の備えとして築いた防御陣地で、小規模ながら四隅に稜堡を設ける稜堡式城郭だったことから四稜郭と称する。明治2年(1869年)旧幕府脱走軍の兵士約200名、付近の村民約100名が昼夜兼行で急造、数日のうちに完成させたと伝わり、高さ3mの土塁と深さ70cmの空壕を回らし郭内四隅の稜堡に砲座を設けて新政府軍の進攻に備えた。設計は陸軍奉行大鳥圭介との説も。

四稜郭から南方約1km、五稜郭と四稜郭の間に設けられていたのが権現台場。東照大権現(徳川家康)を祭神に祀る函館東照宮の地に築かれたことから権現台場と称した。函館東照宮は元治元年(1864年)五稜郭が完成したことを機に、その鬼門(北東)にあたる上山村(現 函館市神山)の地に創建、日高様似の等澍院より東照大権現を分霊して祭神とした。これを機に”上山”は”神山”へと地名を改める。明治2年(1869年)旧幕府脱走軍は四稜郭と共に函館東照宮に砲台を設けて権現台場を築造、同年5月11日に新政府軍の箱館総攻撃を受けて権現台場が陥落、退路を断たれた四稜郭は僅か数時間の戦闘で呆気なく陥落してしまう。同年5月18日に五稜郭開城、旧幕府軍幹部の榎本武揚らが降伏して戊辰戦争は函館で終結する。函館東照宮は戦火を受けて焼失、後に祭神は青柳町や谷地頭町、宝来町などを転々とし、平成3年(1991年)陣川町に移って北海道東照宮に改称した。




五稜郭駅
五稜郭駅よりタクシーに乗車、陣川町の北海道東照宮へ向かうよう告げる。


北海道東照宮
タクシーの運転手も北海道東照宮に客を運ぶことはまず無いようで、陣川町で右往左往しながら何とか北海道東照宮に辿り着く。


北海道東照宮
函館東照宮を前身にする北海道東照宮。平成3年(1991年)現社殿が完成、宝来町より陣川町の地に遷座した。訪れた時に観光客や参拝客がいなかったが、紛れもないここが日本最北の東照宮である。


北海道東照宮の手水石
境内にある手水石。元治2年(1865年)函館奉行の小出大和守秀実が奉納したもの。


手水石弾痕
手水石は函館戦争の戦火を潜り抜けてきた函館東照宮の名残。戦争当時の弾痕が見られる。


北海道東照宮
北海道東照宮社殿。平成3年(1991年)の完成だけあって新しい。


北海道東照宮にて
参拝を終えて、せっかくなのでおみくじを引く。中吉、「誰でも明日の自分は明日にならなければ分からない。先のことばかり心配して大事なことを決断できないようでは、人生は何も出来ずにあっという間に終わってしまう。(以下略)」。ごもっともなアドバイス。


北海道東照宮拝殿
社殿内部を少々拝見。


純忠碧血神社
境内社の純忠碧血神社。志半ばに倒れた旧幕府方の錚々たる面々を祭神に祀る。


純忠碧血神社
葵御紋の台座に置かれる純忠碧血神社の小社殿。


北海道東照宮参道
北海道東照宮参道。


北海道東照宮参道
参道入口には鳥居や石灯籠ではなく、他に類を見ない洒落た灯籠が立つ。


陣川町より函館山を望む
陣川町より函館山を望む。


陣川町 高野寺バス停付近
高野寺バス停付近、陣川町の町並み。


神山教会
陣川町にある高野山真言宗神山教会。


神山教会の石仏群
神山教会の石仏群。麦わら帽子を被ったお地蔵様が何とも粋な感じ。


神山教会の石仏群
神山教会の境内に並ぶ石仏群。明治後期から昭和初期にかけて建立されたものが多くみられる。


陣川町にて
陣川町で突如現れたキジ。北海道で見かけるのは珍しく、慌てて写真を撮影。私の存在に気付いたのか、そそくさと小走りで草むらの中に消えた。元々北海道にキジは生息しておらず、狩猟用に放鳥され野生化したらしい。


四稜郭付近
陣川町内を南西へひたすら進み四稜郭付近に。


四稜郭付近より函館山を望む
四稜郭付近より函館山を望む。


四稜郭
四稜郭の敷地入口。現在は東側の道からアクセスするが、往時は枡形虎口(郭内入口)より五稜郭や権現台場方面の南へ向かって道が付けられていたようだ。


四稜郭
敷地入口に立つ案内板の向こうに土塁が見える。


四稜郭案内図
四稜郭平面図。函館市教育委員会設置の案内板より。郭の四隅に稜堡を設け、蝶が羽を広げたような形状。


四稜郭にて
四稜郭に設置の東屋にて。こんな所にもヒグマが出るのかよ!


四稜郭
四稜郭の郭内入口。函館市と文部省(現在の文部科学省)設置の解説板が立つ。。


四稜郭
郭内入口(虎口)に設けられる小規模の枡形。外から内部が見えないうようにするための工夫である。


四稜郭
枡形虎口より郭内を望む。郭内の面積約2300平方メートル、サッカーフィールドの3分の1程度の面積しかない。300名程度が数日で急造した防御陣地だけに、こんなものだろう。郭内に建造物は無かった。新政府軍の攻撃開始から僅か数時間で陥落したことも頷ける。


四稜郭
北西角の稜堡より枡形虎口を望む。


四稜郭
四稜郭北側の土塁と空堀。


四稜郭
北東角の稜堡より郭内を望む。四隅の稜堡には大砲を上げ下ろしするためのスロープが設けられている。


四稜郭
北東角の稜堡と空堀。


四稜郭のアジサイ
四稜郭土塁の傍らに咲くアジサイ。梅雨といえばアジサイの季節であるが、梅雨のない北海道にあっては8月初旬でもアジサイがまだまだ元気な感じ。


四稜郭
四稜郭の郭外には見頃を終えたスズランの群生地。


函館山
四稜郭付近より望む函館山と五稜郭タワー。


四稜郭付近にて
四稜郭付近の路傍に咲くアザミ。


四稜郭付近より函館山を望む
四稜郭がある高台から函館市街へ下りて行こう。


神山より五稜郭タワーを望む
神山地区、道の突き当りが東照宮旧地に鎮座する神山稲荷神社。権現台場跡である。その北側に付けられるこの道は、権現台場へ出入するために使われていたと思われる。


神山稲荷神社
神山稲荷神社境内。


神山稲荷神社
神山稲荷神社社殿。倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)を祀る神山稲荷神社は、上山村の鎮守であり産土神として崇敬を集めた。寛政8年(1796年)に初めて社殿を建立したというから、函館東照宮より歴史が古い。


神山稲荷神社の忠魂碑
神山稲荷神社境内にある陸軍大将渡辺錠太郎書の忠魂碑。


権現台場跡
神山稲荷神社境内(権現台場跡)は五稜郭と四稜郭間の傾斜地にある小さな平地ながら五稜郭を眼下に望め、ここに台場が築かれたことが頷ける。当時ここにあった函館東照宮にとっては災いだったのだろうが…・


神山稲荷神社にて
神山稲荷神社にて。北海道の短い夏を謳歌し、土に還ろうとするエゾゼミ。7年間も土中で暮らし、ようやく地上に這い上がり日の目を見て僅か1週間で一生を終えてしまうのか。そう考えると何か切ないなあ…。


神山稲荷神社
神山稲荷神社参道。


神山稲荷神社参道
参道入口に立つ石鳥居。「元治二年乙丑」と刻む。箱館戦争の戦火を潜り抜けてきた函館東照宮の名残であろう。


権現台場跡より函館山を望む
権現台場跡より函館市街に聳える五稜郭タワー、その向こうに臥牛の如き山稜をなす函館山を望む。戦時には五稜郭をはじめ函館市街の戦況が望めたことだろう。


権現台場跡より函館山を望む02
函館山と市街をズーム、写真左端に五稜郭タワーが見える。ここから五稜郭まで約2.5km、旧幕府軍の本丸五稜郭へ向かおう。つづく。


撮影日:2015年8月2日(日)
FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター