夜道慎むべし

【旧東海道歩き 第17日目】二川駅→二川宿→白須賀宿→新居宿→新居町駅



【2016年2月20日(土)旧東海道 二川宿→白須賀宿】
江戸時代の東海道は二川宿を抜けると、一里山立場までの約4kmは全く家の無い見事な松並木が連なる街道だった。そのため盗賊などが度々出没したのだろう、江戸道中記に「夜道可慎(よみちつつしむべし)」と書かれ、夜間の通行は避けるよう注意を促していた。現在も当時を彷彿するが如く、国道沿道の大半は畑地で、その途中にコンビニがあるものの廃棄物リサイクル会社や運送会社などがある殺風景な様相、味気の無い国道歩きが延々と続く。これに終止符を打つのが現存する一里山(細谷)一里塚、付近に下細谷村の街村にあたる一里山立場の茶屋が点在した場所だが往時の面影は薄い。ここを過ぎれば間もなく三河国(現 愛知県)と遠江国(現 静岡県)の境をなした境川を渡河する。境川の東側が猿ヶ馬場(猿が番場)と呼ばれた地で、広重が二川宿の題で名物かしわ餅の看板を掲げる茶屋の様子を描いた場所である。




二川駅
二川駅から旧東海道歩きの旅を再開。前日とは打って変わって生憎の空模様、本日は雨中のウォーキングとなりそうだ。


二川宿東の枡形
二川宿本陣前を通り抜けて東の枡形へ。


瀬古道
商家駒屋横に延びる瀬古道。東の枡形で旧東海道と交差し、ここから松音寺門前に続く。路面が石畳できれいに舗装され古道の雰囲気を醸し出している。


商家駒屋
瀬古道沿いの商家駒屋入口。


瀬古道
商家駒屋横、旧東海道に向かって延びる瀬古道。


瀬古道
東の枡形から南側に延びる瀬古道。この行く先は東海道本線・新幹線に分断されるが、梅田川まで道筋を残している。


新橋
新橋町・東町の境をなす新橋川に新橋が架かる。


二川八幡神社
二川八幡神社で道中の安全を祈願。


二川宿東町
新橋東詰、二川宿東町の町並み。


妙泉寺
東町の中程より道を延ばす妙泉寺参道。


取付屋本店
妙泉寺参道入口にあるお食事処とりつきや(取付屋)本店。


妙泉寺本堂
妙泉寺本堂。山号を延龍山、日蓮宗の寺院。貞和年間(1345年~50年)日台上人が建立した小庵にはじまり、江戸時代初期に日意上人が荒廃していた寺を現寺号に改称して再興、万治3年(1660年)旧地より現在地に移転して現山号へ改めたという。


紫陽花塚
妙泉寺境内の紫陽花塚。寛政10年(1798年)建立の芭蕉句碑を残す。

紫陽花や 藪を小庭の 別座敷


妙泉寺にて
妙泉寺境内にて。明らかに不審者を見る目。


川口屋
二川宿江戸方(東側)端の川口屋。かつての旅籠屋で現在は二川宿案内所となっている。


二川一里塚跡
川口屋の軒先には「一里塚跡」碑。付近に二川一里塚があったことを示すが遺構は全く現存していない。江戸日本橋から72里目(約283km)、京三条大橋からは46番目(実測で約226km地点、七里の渡しを27.5kmとして測定)の一里塚。


第二東海道踏切
二川宿を出て間もなく、第二東海道踏切で東海道本線を渡る。踏切の向こうに二川宿の町並み。

二川宿東外れから江戸方の一里山立場までの旧東海道は、江戸道中記に「夜道可慎(よみちつつしむべし)」、東海木曽両道中懐宝図鑑(天保13年出版)に「両方の並松見ものなり 二川までの間、家なし」と書かれ、人家が無い松並木が延々と続いていた。

筋違橋
二川宿東外れ、梅田川に架かる筋違橋。沿道の建物は疎らに。


旧東海道 筋違橋東詰
筋違橋東詰から江戸方へ向かう旧東海道。左に分かれる道が本来の東海道であるが、新幹線の線路に阻まれて消失。ここは右の道に。


立岩
筋違橋東詰付近、旧東海道から北東へ目を向けると山頂に岩肌を晒す奇岩が見える。これが立岩、天保13年(1842)出版の東海木曽両道中懐宝図鑑に「立岩山上木岩大明神社あり 八畳敷の鏡石あり」と紹介されている。 


四畝町橋梁
東海道新幹線のガード下を潜り抜け。


国道1号 豊橋市三弥町
旧東海道は殺風景な国道1号になって東へ延びる。


国道1号 豊橋市三弥町
「夜道慎むべし」の延々と続いた松並木も、今では殺風景な国道に。ひと気を感じない寂しい様は当時と変わらない。


源吾坂バス停
源吾坂バス停。源吾坂がどこの坂を指しているのか不明。


源吾坂バス停
源吾坂バス停の時刻表。平日に1度しかバスが来ない…。「夜道慎むべし」が真実味を帯びよう。


豊清町籠田のキャベツ畑
国道沿いに広かるキャベツ畑。


立岩
キャベツ畑の奥に立岩。


国道1号 精進川
精進川を渡る国道1号。


精進川
豊清町の畑地帯を北上する精進川。


豊清神社
豊清町茶屋ノ下、国道1号北側の台地に鎮座する豊清神社。


豊清神社
豊清神社は誉田別神(ほむだわけのかみ)と倉稲魂神(うかのみたまのかみ)を祭神に祀る。明治25年(1892年)豊清の開拓者斉藤清助が稲荷社を祀ったことに始まりがあると云う。


キャベツ畑と国道1号
国道1号沿道にはキャベツ畑が多く見られる。


一里山の一里塚
殺風景な国道1号を歩き抜き、一里山交差点手前で一里塚跡に辿り着く。


一里山の一里塚
一里山の一里塚。豊橋市東細谷町にあることから細谷一里塚とも。江戸日本橋から71里目(約279km)、京三条大橋からは47番目(実測で約230km地点、七里の渡しを27.5kmとして測定)の一里塚で、草木に覆われてわかり難いが、東塚のみ現存している。


一里山の一里塚
一里山一里塚付近の沿道は江戸時代後期に茶屋が点在し立場を形成していたようだ。


一里山一里塚近くの神社
一里塚近くにある神社。境内のどこを見ても神社名を示すものがない。立場の鎮守だったのかもしれない。


国道1号 豊橋市東細谷町
一里山東交差点で国道1号から県道173号湖西東細谷線が分岐。この県道が旧東海道にあたる。


一里山バス停
一里山バス停。


一里山七本松
一里山東交差点には一里山七本松と称する若松が並ぶ。


県道173号 境川付近
一里山東交差点から境川に向かって延びる旧東海道(県道173号)。


県道173号 境川
堺川に架かるこの橋を渡れば愛知県豊橋市から静岡県湖西市へ。


境川
かつて三河国と遠江国の境をなした境川。現在は愛知県と静岡県の県境である。


県道173号 境川
境川に架かる橋の西詰、道路上に愛知県と豊橋市の道路標識を掲げる。
三河国の歩き旅はここで終わり、愛知県とはここでお別れ。ここから静岡県に。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター