fc2ブログ

旅籠紀伊国屋と芸妓置屋小松楼

新居宿には関所もさることながら、旅籠と芸妓置屋の建物が現存している。紀伊国屋と小松楼だ。紀伊国屋は宝永期の新居全町移転前より新居宿で営業を続けてきた旅籠、創業者は紀州出身で江戸初期に新居へ移り住み、はじめは茶屋を営んだという。後に旅籠へ転業して代々疋田弥左衛門を名のり、元禄16年(1703年)徳川御三家の一つ紀州藩の御用宿に指定、正徳6年(1716年)紀伊国屋の屋号を掲げ、昭和30年代に廃業するまでの約250年にわたり旅館業を営んだ。今に残る建物は明治7年(1874年)大火後に再建されたもので、この時2階建てに建て替えられた。現在は旅籠紀伊国屋資料館として内部を一般公開する。

明治末期から新居町は歓楽街としての様相を示した。大正・昭和初期にかけて俵町・船町界隈には芸妓置屋が次々と開業し、最盛期には芸妓置屋が11軒、80人もの芸妓を抱えていたという。そんな時流にのり小松楼は大正期に松井米吉が紀伊国屋の南側にあった平屋を俵町へ移築、2階部分を増築して小料理屋を兼ね芸妓置屋を開業した。人気の芸妓を抱えていたのだろうか、新居で一二を争うまでに繁盛し、最盛期には12、3人の芸妓を抱えていたという。多くの男衆を楽しませてきた芸妓置屋も、時代の流れに抗うことはできず、今や新居の地に芸妓置屋は存在しない。しかし、この小松楼の1軒だけが建物を残し往時を偲ぶ。現在は国の登録有形文化財に指定され、”小松楼まちづくり交流館”として地域住民や旅行客の交流拠点に活用されている。かつての芸妓置屋を見学できる所はそうそう無いだろう、新居を訪れた際には是非とも立ち寄ってほしい。




旅籠紀伊国屋
旅籠紀伊国屋と新居宿旧泉町の町並み。


旅籠紀伊国屋
宿場町に相応しい佇まいを残す旅籠紀伊国屋。


旅籠紀伊国屋
旅籠紀伊国屋の建物内入口部分、店の間。


旅籠紀伊国屋
主屋1階奥に上の間と次の間が並ぶ。


旅籠紀伊国屋の夕食
紀伊国屋の夕食。秘伝のたれを用いた鰻の蒲焼は東海道筋でも評判の一品だった。新居の鰻の蒲焼は関東風の背開き、豊橋より以西は腹開きだったらしい。


旅籠紀伊国屋・たたき土間と台所
客をもてなす食事を作ったのがここ、たたき土間と台所。


旅籠紀伊国屋・風呂場
風呂場はいかにも旅籠らしい雰囲気、時代劇に迷い込んだよう。


旅籠紀伊国屋・風呂場
時代劇の風呂場と言えば、やっぱ”かげろうお銀”でしょ。


旅籠紀伊国屋・中庭
主屋西側に設けらる庭。これを眺めながら一献、旅の疲れも癒されよう。


旅籠紀伊国屋・奥座敷と次の間
主屋最奥部、奥座敷と次の間。


水琴窟
奥座敷の縁側に据える水琴窟。これは地中に甕を埋め、そこに滴り落ちる水の反響音を竹筒で聞く仕組み。琴の音色のように聞こえることから水琴窟と呼ばれる。江戸時代の庭師によって考案された技法。百聞は一見に如かず、是非とも耳を澄ませて聴いてみてほしい。


旅籠紀伊国屋の蔵
紀伊国屋敷地の裏手にある板張りの蔵。


旅籠紀伊国屋
階段を上がって2階へ。小松楼の2階部分は大正期に芸妓置屋を開業するにあたり増築された。


旅籠紀伊国屋二階・客の間
旅籠紀伊国屋の2階、客の間。


旅籠紀伊国屋二階・客の間
2階の客の間は広々とした感じ。


旅籠紀伊国屋裏口
旅籠紀伊国屋を裏口から出て。次は小松楼へ。


俵町往還
俵町を縦断する俵町往還。


小松楼0
俵町往還筋に建つ小松楼。置屋の看板は昭和33年(1958年)まで、戦前に芸妓抱えはやめたという。建物前には俵町の秋葉山常夜灯があり、旧芸妓置屋の佇まいにひと花添える。


小松楼
小松楼の1階座敷。1階の建物は明治38年(1905年)の建築、大正期に移築された建物なのだろう。


小松楼
階段を上がって2階客間のお座敷へ。


小松楼
2階部分は大正期に芸妓置屋となって増築された。


小松楼
2階に設ける三間続きの座敷。写真手前が上座、最奥で芸妓が歌や舞踊を披露したという。当時の芸者遊びがどんなものだったのか、今となっては体験することは難しいが、その場に居れば想像もしやすく興味深い。


小松楼
小松楼の古写真集。


てまりさん
写真集中央に据えるのが”てまり”さん。昭和10年(1935年)頃に新居町ナンバーワンの芸妓だったという。仮に当時20歳として存命ならば、金さん銀さん級の100歳。この写真を撮影した後、どんな人生を辿られたのかに興味が湧く。


小松楼
小松楼2階の特別室。主に常連客等をもてなす部屋だったらしい。ここでどんなドラマがあったのか、今や知ることはできないが、ここで芸者遊びに興じてみたいと思うのは私だけではないはず。


小松楼
客座敷の障子襖には小松楼のロゴ入りガラスをはめる。


小松楼
廊下壁には客座敷から漏れる光で小松楼のロゴが浮かび上がる粋な計らい。


小松楼
小松楼2階から俵町往還を眼下に。ここに生きた芸妓さんたちは、どんな思いで今の風景を眺めることだろう。


撮影日:2016年4月2日(土)
FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
北海道旭川市出身。18歳で実家を出て千葉県に移り住んで約30年、2022年11月転勤をきっかけに千葉県柏市から茨城県土浦市へ引っ越し。今は茨城県民として筑波山を仰ぎ見ながら日々を過ごす。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター