間の宿菊川と菊川坂石畳

【2016年7月17日(日)旧東海道 日坂宿→金谷宿】
小夜の中山を越えれば菊川、山間を流れる同名の菊川を跨いで東海道筋に町家が軒を連ね、間の宿として往来する旅人で賑わった。菊川は近世東海道では宿駅になることは無かったのだが、中世以前は菊川宿と称した宿駅で、鎌倉期には源頼朝が上洛の途次に宿泊をしている。承久3年(1221年)に起きた承久の乱で、鎌倉幕府方に敗れ捕縛されたれる後鳥羽上皇方の中御門中納言藤原宗行は、鎌倉に護送の途次で菊川に宿泊し、宿の柱に「昔南陽県菊水 汲下流而延齢 今東海道菊河 宿西岸而失命」という辞世の漢詩を書き残したという。それから110年後の元弘元年(1331年)、後醍醐天皇が鎌倉幕府の倒幕を企んだ元弘の変で、首謀者の廷臣日野俊基は捕らえられ、鎌倉へ護送の途次に菊川を通り、宗行の故事に追懐して一首の歌を詠み残した。

いにしへも かかるためしを 菊川の おなじ流れに 身をやしづめん

東海道宿村大概帳に書かれる菊川は次の通り。
「下菊川村矢根鍛冶有之、此所立場にて餅水飴を商ふ、此所之名物也」
矢根(やのね)鍛冶とは矢尻を作る職人のことで、菊川には硬くて鋭利な矢尻を作る優秀な鍛冶がいることで知られ、江戸時代初期より五條才兵衛家が菊川で矢根鍛冶を生業にしていたが、元禄年間に断絶。跡を清次郎という者が継ぎ”五條鍛冶”の名を残したという。「此所之名物也」と書かれる餅水飴は”飴の餅”とも呼ばれ、小さくちぎり平たく丸めた搗き餅を焼き、竹の皮にその焼き餅五個並べ水飴を添えて客に出したという。近いうちに元祖扇屋で買った子育飴を使って飴水餅を再現してみたい。




四郡橋
箭置坂(青木坂)を下りきったところで横に折れ、四郡(よこおり)橋を渡って間の宿菊川へ。


箭置坂(青木坂)石畳
箭置坂(青木坂)上り口より坂上方向を望む。少しだけ石畳が復元されている。


間の宿菊川
旧東海道筋の家並みは静かな佇まい。


宗行卿詩碑・日野俊基歌碑
宗行卿詩碑と日野俊基歌碑。生きた時代は違えど鎌倉幕府の倒幕を企んだ藤原宗行と日野俊基、両者ともここで死を前にし、無念の思いで眠れぬ夜を過ごしたのだろう。


菊川由来の石
菊川由来の石。昔、付近の川から菊花紋の石が数多く出たことから川は菊川と名付けられ、地名の由来にもなったという。


間の宿菊川
菊川の中心部、旧東海筋に残る字は”町”と言う。かつて写真右手前から塗師屋房吉、桶屋直吉と続き、その隣りに掛川藩藩医戸塚順伯の屋敷があった。順伯の屋敷は現存しないが、生活用水や投薬用に使っていたとされる井戸を残しているらしい。渇水期にも水を満々と湛え、覗くと乳白色に濁って見えたことから柳井戸と呼ばれたという。乳白色=柳というのが腑に落ちないが、猫柳であれば合点がいく。


井村製茶
現地設置の町割り図によれば井村製茶の場所が菊川本陣跡らしい。菊川は近世東海道で宿駅ではなかったので茶屋本陣だったと思われる。


昔の菊川町割り図
因みにこれが現地設置の菊川の町割り図。3~5代前の人名だという。本陣の他に問屋場や脇本陣の記載も見られ、正式な宿場ではなかったが、それなりの機能は備えていたようだ。


高麗橋
菊川の集落を分断して流れる菊川。そこに架かるのが高麗橋で、昔は菊川橋と称する土橋だった。菊川から東側の字は”川向”。


菊川の辻
菊川の辻。三差路の分岐点に岩松寺への道を示す道標がある。岩松寺は遠江三十三ヶ所の二十五番所。


菊川の辻の道標
菊川の辻の道標。上部を復元して付け足している。「みぎ 二十五ばん道 下菊川村」と刻む。


菊川坂上り口
菊川坂の上り口に。ここから石畳の上り坂がはじまる。


オタマジャクシ
菊川坂上り口付近、民家の水溜めにて。オタマジャクシがいっぱい。


マツモムシ
オタマジャクシに混じってマツモムシの姿も。オタマジャクシを獲物に狙っているのだろう。


菊川坂上り口
石畳の菊川坂を少し登って振り返り。


菊川坂石畳
菊川坂石畳と菊川の町並み。


菊川坂石畳
菊川坂旧道。


菊川坂石畳
菊川の上り口から約160mは江戸時代後期に敷かれた石畳。


菊川坂石畳
江戸時代後期の石畳は上に見える解説板のところまで。その先は平成13年(2001年)に復元された石畳が続く。


菊川坂石畳
菊川坂の復元石畳。


菊川坂石畳
路傍に石畳復元事業協力者の芳名板を設置する。


菊川坂石畳
アスファルトの舗装路に並行して石畳が敷かれる。


菊川坂石畳
往時を偲ぶ菊川坂石畳。


菊川坂石畳10
石畳はこの先で終わり。菊川坂上は諏訪原城跡。


旧東海道 諏訪原城跡付近
諏訪原城跡の南側を通る旧東海道。


二の曲輪大手馬出
二の曲輪大手馬出(写真右手)と空堀。諏訪原城は天正元年(1573年)、武田勝頼が遠江侵攻の拠点として馬場信房に命じて築かせた山城。戦国時代に築かれた縄張りの遺構をよく残している。特に空堀の深さは圧巻。


諏訪神社
二の曲輪大手馬出に鎮座する諏訪神社。城名の由来となった武田家の守護神を祀る。


内堀とカンカン井戸
二の曲輪大手馬出と二の曲輪を隔てる外堀。堀底にはカンカン井戸が残る。


カンカン井戸
カンカン井戸。石組みされた古そうな井戸、何ゆえ”カンカン”なのかが分からない。


大手曲輪
諏訪原城の前線、大手曲輪。ほぼ跡地は茶畑に化す。


今福浄閑戦死墓塚
茶畑の中に佇む今福浄閑戦死墓塚の碑。


二の曲輪中馬出
二の曲輪中馬出。武田流築城術の特徴といわれる半円形の丸馬出と空堀の遺構をよく残す。


二の曲輪中馬出
中馬出から二の曲輪を繋ぐ二の曲輪虎口。


二の曲輪
諏訪原城二の曲輪。


本曲輪虎口02
二の曲輪と本曲輪を繋ぐ本曲輪虎口。


内堀
本曲輪と二の曲輪を隔てる内堀。その深さには圧巻、見応えあり。


本曲輪虎口
本曲輪虎口。奥が二の曲輪。発掘調査から薬医門を設けていたと考えられている。


本曲輪
最重要区画の本曲輪。


諏訪原城より金谷・大井川を望む
本曲輪より金谷市街と大井川を望む。


アルム珈琲店
諏訪原城跡の旧東海道沿いにある”アルム珈琲店”。佇まいに旧街道の雰囲気があっていい。ちょっと休憩に寄りたいところだが、日没まで時間がない。先を急ごう。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター