島田宿

【旧東海道歩き 第24日目】ホテルセレクトイン島田駅前→島田宿→藤枝宿→上伝馬停留所



【2016年10月9日(日)旧東海道 島田宿】
Tokaido23_Shimada_20170107215122972.jpg
東海道五十三次之内嶋田 大井川駿岸
ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「島田宿」より引用


島田大祭御本祭当日の10月9日、前日に行われた御夕祭の余韻を残しつつも島田宿は静かに雨模様の朝を迎える。人もまばらな宿内を散策しつつ、11:40正午から始まる大名行列を見物してから次の藤枝宿へ向かうことに。それまで時間が空いたので、午前中は世界一長い木造歩道橋の蓬莱橋を渡ってみることにした。蓬莱橋については追記に書くとして、まずは島田宿から。

島田宿は江戸日本橋から東海道五十三次を23宿目、京都三条大橋から31宿目、駿河国の西側入口にあたる宿場。大井川が増水で川止めともなると、行き場を失った京方面への旅人は島田宿に留まるしかなく、旅籠や遊興場はそんな旅人相手に随分と繁盛したらしい。天保14年(1843年)当時、町並み長さ東西9町40間(約1053m)、人口6727人、家数1461軒、うち本陣3、脇本陣0、旅籠屋48軒。本陣は村松九郎次家(上本陣)、大久保新右衛門家(中本陣)、置塩藤四郎家(下本陣)の三家が務めた。名物は小饅頭。江戸時代に若い娘たちに人気の髪結い”島田髷”を考案した遊女”虎御前”の出身地と伝わり、島田髷発祥の地とされる。島田髷の派生から更に発展したのが”文金高島田”、今も神前結婚式で新婦の髪型に見られ、現代人には最もなじみ深い日本髪だろう。毎年9月の第3日曜日に島田髷祭りが行われている。




大井神社
まずは早朝の大井神社に参拝。


大奴と鹿島踊三番叟の銅像
大奴と鹿島踊三番叟の銅像。3年に1度しか開催されない島田大祭だけに、実際の踊りを見ることができたのは、つくづくよかった。


大井神社境内
大井神社境内にて。


大井神社の神橋
境内にある神橋。石の太鼓橋は神輿が渡る神橋で、正徳3年(1713年)造営。両脇の平橋は安政3年(1856年)川越連中が奉納した。


帯塚
安産祈願に使用済の帯を奉納した帯塚。


宿西入口枡形跡
境内入口前は宿西入口の見付跡。街道南側(写真正面の民家辺り)に枡形が設けられていた。


正覚寺
西見付跡の南側にある正覚寺。


正覚寺小路
正覚寺より本通りに向かって延びる正覚寺小路。左手民家が枡形跡。


島田宿
大通りと駅西通りの交差点。駅西通りは面影なないが宮小路と半十郎小路の名残。南西角に江戸後期に島田随一の素封家、桑原家があった。四代目の伊右衛門宣之は画人であり、隠居後に地誌「駿河記」を著す。


大村屋
大村屋酒造場。屋根上には鬼がでんと構える。”若竹鬼ころし”、”おんな泣かせ”が代表銘柄。


島田宿
前日の賑わいが嘘のように静かな朝を迎える。


島田宿
ブルーシートに覆われる屋台。何番街の屋台だろうか。


塚本如舟屋敷跡
塚本如舟屋敷跡(現 静岡銀行島田支店)。塚本家は代々孫兵衛を名のり、元禄9年(1696年)から川庄屋を任命され、六代目からは問屋を務めるなど、代々宿役人を務めてきた家。三代目は”如舟”と号して俳諧を嗜み、松尾芭蕉と親交があった。元禄4年(1691年)と元禄7年(1694年)に芭蕉がここに宿泊している。


上本陣・中本陣跡
塚本家の向かいには、村松九郎次家(上本陣)と大久保新右衛門家(中本陣)が並び建っていた。


中本陣跡
中本陣・大久保新右衛門家跡の一角、天野屋呉服店。


下本陣跡
下本陣・置塩藤四郎家跡。


問屋場跡
問屋場跡(写真左手)。現在はマンション建設中。


林入寺小路
林入寺に向かって延びる林入寺小路。宿場時代の建物が残っていない島田宿では、こういった小路に往時の面影を見るしかない。


島田大祭ポスター
島田大祭の案内ポスター。


片岡医院
昨日、大奴のお門入りが行われた片岡医院。


島田宿一里塚跡
島田宿一里塚跡。両塚とも現存しないが、跡地に解説板を置く。江戸日本橋から52里目(約204km)、京三条大橋からは63番目で実測約308km地点(七里の渡しを27.5km、天竜川池田の渡し迂回分を+2kmとして測定)にあたる。


島田宿
ここで島田宿をいったん離れ、蓬莱橋へ向かう。

明治12年(1879年)大井川に架橋された蓬莱橋は、一部の橋桁がコンクリート製になりながらも、架橋当時の姿を残す木造歩道橋。その全長が897.4mにも及び、世界一長い木造歩道橋としてギネス認定されるほど。島田市を代表する観光スポットであり、最近ではNHKの朝ドラ”とと姉ちゃん”のロケ地にもなった。

蓬莱橋
島田宿から浜小路に入り、とぼとぼ歩いて蓬莱橋へ。


蓬莱橋
延々と続く木造橋は圧巻の長さ。凄いの一言。


蓬莱橋
通行料金100円を支払って蓬莱橋を渡ろう。


大井川
大井川の上流方向、約3.5km先に大井川の川越し場跡がある。


蓬莱の島台
蓬莱橋を渡り切れば島台があり、その入口で蓬莱吉祥天女が迎える。


蓬莱の島台02
徐福が不老不死の薬を探しに来たとの伝説がある島台。多くの石仏をはじめ、長寿の鐘が設けられている。


大ミミズ
島台にいた大ミミズ。長さ40cmはありそうな大物。幼少期にミミズ採りを日課にしていた私でも、このサイズは見たことがない。


大ミミズ
捕まえると半分くらいに縮んだ。


蓬莱橋05
島台より蓬莱橋を望む。


蓬莱橋より牧之原へ続く道
島台から”七福神の小径”を進み牧之原大茶園へ向かおう。


福禄寿尊天
”七福神の小径”だけに沿道の所々に七福神像を祀る。写真は福禄寿尊天。


蓬莱橋より牧之原へ続く道02
”七福神の小径”はそれなりの山道。


中條金之助景昭の像
中條金之助景昭の像。この人は幕臣の精鋭隊(後の新番組)隊長で、大政奉還の後、徳川慶喜に従い駿府へ移住、後に牧之原の開拓に従事した。今に見る大茶園の貢献者なのである。


牧之原大茶園
牧之原大茶園の壮観な眺め。静岡県の茶生産量の約4割を栽培する大茶園で、全国にその名を知られる”やぶきた茶”はここで生産されている。蓬莱橋はこの大茶園に従事する人たちの便を図るため、明治12年(1879年)に架橋された。


蓬莱橋
島台に戻り蓬莱橋を望む。天候が回復し、橋を往来する人が増えている。


大井川と富士山
橋を渡っているとき、川下に目を向けると。


大井川と富士山
富士山だ!ありがたや、ありがたや。


大井川にて
橋下に目を向ければカモ軍団。


蓬莱橋北詰
蓬莱橋北袂。戻ってきました。


蓬莱橋
ススキが秋の到来を感じさせる。


蓬莱橋北詰
多くの観光客で賑わう蓬莱橋の料金所。


蓬莱橋
最後に世界一の木造歩道橋を目に焼き付けて。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター