根室本線 島ノ下駅

2017年3月3日、ダイヤ改正に伴って旅客扱いを廃止した根室本線の島ノ下駅。JR北海道の”ご利用の少ない駅”に指定された10駅のうちの一駅で、千歳線の美々駅(千歳市)、根室本線の稲士別駅(幕別町)と上厚内駅(浦幌町)、釧網本線の五十石駅(標茶町)、函館本線に至っては東山駅・姫川駅・桂川駅(森町)、北豊津駅・蕨岱駅(長万部町)と共に路線図から姿を消した。赤字の泥沼から抜け出せないJR北海道が、維持費の削減を目的に首を切った格好だ。利用客がいなければあっさりと廃止する。これでいいのか、北海道の鉄道は。そんな思いを胸に、廃止から1週間を経た旧島ノ下駅と、「104年間ありがとう!島ノ下駅展」を開催する”ハイランドふらの”を訪ねることに。

島ノ下駅は大正2年(1913年)釧路本線(後の根室本線)の一般駅として開業。昭和初期から島の下温泉の開発が進んで湯治客が増え始め、昭和30年頃には島ノ下駅を利用する旅客数は年間10万人を超えてピークを迎える。しかし、モータリゼーションが到来した昭和40年代、温泉の中心的存在だった五楽園が昭和49年(1974年)に火災で全焼して廃業。島ノ下地区の過疎化が進んだうえ、同56年に石勝線が開通し根室本線の滝川駅~新得駅間は、札幌と帯広・釧路を繋ぐ主要路線の座を奪われ島ノ下駅の利用客は激減、昭和57年(1982年)に無人駅となり現駅舎へ建て替えられた。それから26年後の2017年3月3日、この日の旅客営業を最後に島ノ下駅は104年間の歴史に幕を閉じる。




島の下会館
旧島ノ下駅前通りの小路。その入口には島の下会館が建つ。


旧島ノ下駅
島の下会館から小路を下った突き当りに旧島ノ下駅がある。


旧島ノ下駅
旧島ノ下駅舎。JR貨物のコンテナを駅舎横に置く。廃止から1週間しか経っていないので原形を留めている。


旧島ノ下駅
”JR島ノ下駅”の駅名標示は撤去されているが、しっかりその文字が読み取れる。


旧島ノ下駅
駅構内は立入禁止。


旧島ノ下駅
ホーム上の駅名標は撤去され、枠組みだけが残る。


旧島ノ下駅
キハ40形気動車が何事もなかったように通過。1週間前まで島ノ下駅を12:58に発車していた滝川行である。


旧島ノ下駅
島ノ下駅から線路沿い、もう1本の駅前通り。こちらが本通りのようで、車両の通行可。



島ノ下神社
雪に埋もれる島ノ下神社。島ノ下の盛衰を今日まで見守ってきたのだろう。


ハイランドふらの
島ノ下駅を最寄りとした宿泊・温泉施設の”ハイランドふらの”。かつて賑わった島ノ下温泉はここに引き継がれる。


島ノ下駅展
ハイランドふらの1階ロビーでは「104年間ありがとう!島ノ下駅展」を開催する。


島ノ下駅展
富良野駅の旧運賃表や国鉄時代の制服を展示。


島ノ下駅展
島ノ下に関する写真や新聞記事など、小規模ながら興味深く拝見。


島ノ下駅の無人化を報じる北海タイムス記事
島ノ下駅展のパネル展示より引用
昭和57年2月12日の北海タイムス記事。島ノ下駅の無人化を報じている。


滝里駅の廃止を報じる北海道新聞記事
島ノ下駅展のパネル展示より引用
滝里駅の廃止を報じる平成3年(1991年)10月12日の北海道新聞記事。滝里駅は島ノ下駅と野花南駅の間にあった駅で、滝里ダムの建設により水没し廃駅となった。ここは倉本聰の「北の国から’89」の舞台、蛍と勇次が滝里駅で降り、空知川河畔に立つ木の幹に、二人のイニシャルYとHを刻むシーンを覚えている方も多くいることだろう。このドラマシーンをきっかけに各地から多くの若者が訪れた。


旧島ノ下駅舎 正面
「旧島ノ下駅舎 正面」島ノ下駅展のパネル展示より引用
昭和40年頃の島ノ下駅。


改築直前の旧島ノ下駅舎
「改築直前の旧島ノ下駅舎」島ノ下駅展のパネル展示より引用
昭和57年(1982年)7月11日撮影の島ノ下駅。先代駅舎が取り壊される直前の写真。


旧島ノ下駅事務室にて駅員の仲間たちと
「旧島ノ下駅事務室にて駅員の仲間たちと」島ノ下駅展のパネル展示より引用
昭和29年頃の撮影。旧駅舎で働いてきた人たちの様子を垣間見る1枚。


ラジウム温泉松寿園
「ラジウム温泉松寿園」島ノ下駅展のパネル展示より引用
昭和4年頃撮影の富良野ラジウム温泉・松寿園。昭和3年(1928年)島の下地区の現市有林の沢で発見された鉱泉を元に開業した温泉。旭川第七師団の傷病者療養施設の指定を受け、軍関係者の湯治客で賑わったという。師団指定を解除され同16年(1941年)廃業。


島の下温泉みゆき荘
「島の下温泉みゆき荘」島ノ下駅展のパネル展示より引用
島の下温泉の”みゆき荘”。昭和6年(1931年)泉地区の中央部に開業した不動閣温泉がはじまり。後に経営者が転々と変わり昭和42年(1967年)佐々木温泉を受け継ぎ開業したのが”みゆき荘”である。滝里ダム建設に伴う根室本線の付替え工事により立ち退きを迫られ、昭和62年(1987年)廃業した。


島の下温泉五楽園
「島の下温泉五楽園」島ノ下駅展のパネル展示より引用
昭和40年頃に撮影された五楽園。ここは明治41年(1908年)に開業した渡辺温泉を前身とし、大正から昭和にかけて堀川温泉、坂田温泉と経営者を変え、昭和38年(1963年)旅館建物を改築して五楽園が開業。昭和49年(1974年)に焼失するまで島の下温泉の中心的存在だった。


坂田温泉(旧堀川温泉)の宿泊・温泉施設
「坂田温泉(旧堀川温泉)の宿泊・温泉施設」島ノ下駅展のパネル展示より引用
坂田温泉時代の五楽園。昭和30年頃の撮影。


旧ホテル万景
旧五楽園へ至る道入口にあるホテル万景。廃業してしまっているようだ。


ホテル万景付近
旧ホテル万景から山へ入って行く道。この先がかつて温泉客で賑わった五楽園跡。3月初旬だけに道は雪に埋もれ車でこれ以上進むことはできない。


撮影日:2017年3月11日(土)
FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター