三井芦別鉄道

芦別市街から芦別川に沿って南下し、西芦別から炭山川の上流部に入った山中、石炭需要が増大する昭和初期に三井芦別炭鉱は第一抗の開発をはじめ、昭和14年(1939年)に開抗する。翌年に石炭輸送を目的として芦別~西芦別間に三井鉱山芦別専用鉄道を開業させ、更に翌年には沿線の西芦別地区に炭住街が形成されたことで旅客営業を開始した。同19年(1944年)頼城地区西側山中に第二抗が開抗、三井鉱山芦別専用鉄道は頼城まで延伸し、同24年(1949年)三井鉱山芦別鉄道として地方鉄道に。昭和28年(1953年)石炭景気に湧く芦別市の人口は7万人を越えて全盛期を迎えるが、国内の石炭需要は減少をはじめ、昭和33年(1958年)三井鉱山芦別鉄道はで経営の持続を図るべく、高校通駅や山の手町駅など、6駅を開業させて石炭輸送から旅客営業へ本業の舵を切り、同35年(1960年)三井芦別鉄道を設立して鉄道部門を譲渡した。同38年(1963年)明治鉱業明治上芦別鉱業所の閉山を皮切りに、三菱鉱業芦別鉱業所、芦別高根炭鉱高根鉱業所、油谷鉱業油谷芦別炭鉱が相次いで閉山し、芦別の石炭産業は縮小の一途を辿る。時流に逆らえず平成元年(1989年)三井芦別鉄道は廃止、同4年(1992年)三井芦別炭鉱も後を追うように閉山した。




芦別駅構内
芦別駅構内より富良野方面。雑草が生い茂る島式ホームのこちら側が、三井芦別鉄道の旧ホーム。更に右手の草むらと化す場所には三井芦別鉄道の石炭貨物の列車が停車していた。
昭和47年(1972年)当時の同アングルで撮影された写真が『芦別物語』から見れるので参照を↓
http://aatama.saloon.jp/ashibetu/image/big-ashibetsu-fornishiashi-pano1972.jpg


芦別駅構内
三井芦別鉄道の芦別駅構内跡。城春にして草木深し。


南12号踏切
芦別駅から根室本線を富良野方面へ約700m、南12号踏切。かつては南12号踏切の西側(写真左奥)に三井芦別鉄道が根室本線に並行して通り、高校通駅を設けていた。


空中写真_高校通駅_1977年
空中写真データ:国土地理院 整理番号CHO7728-C10-16を基に作成

昭和52年(1977年)撮影の空中写真で高校通駅付近を見てみよう。左上隅が芦別駅、高校通駅から東側に駅名の由来となった芦別高校があり、駅から高校を東西に繋ぐ直線道(じぞうまち通)は通学路として利用されたのだろう。


高校通駅跡
高校通駅跡西側より”じぞうまち通”を望む。左手に見える白系の建物辺りが高校通駅跡。高校通駅は簡易な乗降ホームが設けられる停留所の扱いだった。


三井芦別鉄道跡・高校通駅跡付近
高校通駅跡付近より三井芦別鉄道跡(頼城方面)。


芦別隧道
高校通駅~山ノ手駅間、三井芦別鉄道に唯一あったトンネルの芦別隧道。写真左手の山に隧道が通されていた。


芦別隧道
芦別隧道の頼城口側。道路から少し上の山腹にトンネルらしき遺構が見えた。


芦別隧道
薮をかき分けて芦別隧道を間近に見る。立入禁止となって中には入れないが、しっかりと遺構を残している。


芦別隧道
芦別隧道内部。このトンネルは山裾が芦別川に迫る場所に鉄路を通すために設けられた。中には入れないが70m程の短いトンネルだけに向こう側の出入口が見える。


芦別隧道
芦別隧道より頼城方面。現在は隧道の頼城口側に桜ケ丘霊園や芦別市斎場に至る道が開削して通され、路盤跡は分断。


三井芦別駅前
三井芦別駅前通りより駅方向。最奥の建物が旧駅舎で、現在は芦別資源商の産廃保管施設。


三井芦別駅前
駅前通りより1本南側の通り。奥が三井芦別駅方向。西芦別は三井芦別駅を中心に大規模な炭住街を形成した町で、駅前には様々な商店が並び賑わった。


西芦別郵便局
西芦別郵便局。西芦別には再訪して近々に詳しく現況を見てみたい。


炭山川橋梁
炭山川の小さな流れが山間に渓谷をつくり芦別川へ注ぐ。その手前、入山駅跡と中の丘駅跡の間に三井芦別鉄道の炭山川橋梁が架けられ、今も鋼製6連プレートガーター桁橋とコンクリート造2連アーチ橋が残存、国の登録有形文化財に指定される。炭山川はその名が示す通り、上流部には三井芦別炭鉱の第一抗があった。


炭山川橋梁
橋梁上には石炭貨車をけん引したDD501ディーゼル機関車が展示され、往時を彷彿させている。


炭山川橋梁
炭山川橋梁の南詰(頼城・中の丘駅側)。


炭山川橋梁
石炭車セキ3000の後ろ姿が美しい。


炭山川橋梁南詰
炭山川橋梁南詰に残る鉄路と路盤跡。


頼城駅跡
三井芦別鉄道の終着だった頼城駅跡。駅前のロータリーがその跡地を示す。駅舎はロータリーの左手奥辺りにあった。


頼城駅跡
頼城駅跡構内。


頼城駅跡
頼城駅駅舎跡より駅前ロータリーを望む。


頼城駅北側の架道橋跡
頼城駅北側の架道橋跡。


頼城駅北側の架道橋跡
架道橋跡にはコンクリートの路盤を残す。


頼城(仲町)商店街
頼城(仲町)商店街。往時の活気は消え失せ。


頼城共同浴場
頼城共同浴場。かつては芦の湯という共同浴場があった場所で、裏手に芦の湯駅が存在した。


芦の湯駅跡
道路脇に草むらと化す芦の湯駅跡。道路に三井芦別鉄道の路盤跡が確認できる。


らいじょうストリート
国道452号と頼城本通の交差点角、頼城郵便局の隣りにある”らいじょうストリート”の看板。


坑夫の像
そして看板横、国道452号沿いに建つ坑夫の像。これは二代目、初代は昭和19年(1944年)の製作で、西芦別町の三井芦別石炭労務課外勤詰所前にあった。老朽化が著しく平成9年(1997年)にこの複製像が作られた。


芦別市青少年会館
芦別市青少年会館。元は映画や演劇を楽しむ娯楽施設のニ抗会館があった場所で、ヤマの娯楽の殿堂として親しまれた。昭和45年(1970年)にニ抗会館は解体、新たにこの青少年会館が建てられた。


頼城東町の公園
頼城東町の公園。朽ち果てゆく遊具が寂しい。


旧頼城小学校
旧頼城小学校。手前が旧体育館で、裏手に煉瓦造2階建の校舎(昭和29年築)を残す。頼城小学校は平成13年(2001年)に西芦別小学校へ統合されて廃校となり、現在は星槎大学校舎として利用されている。


旧頼城小学校
頼小っ子碑と旧頼城小学校体育館。


旧頼城小学校
旧体育館入口上には”星印に頼”の校章。


旧頼城小学校
体育館横壁には第59回卒業生一同が寄贈した掛け時計。14時35分で止まっている。


頼覚山大興寺
頼城市街東側の山手にある頼覚山大興寺。


頼覚山大興寺
大興寺本堂。廃寺になってしまったようで、本堂はがらんどう。近々建物も解体されてしまうのでは、という状況。


ペット霊碑
本堂横のペット霊碑。


頼覚山大興寺
お地蔵さんも台座を残してどこかへ移されてしまっている。


頼城神社
大興寺境内に鎮座する頼城神社。


頼城神社社殿
頼城神社社殿。今は参拝する人もいないようだ。


頼城神社鳥居
頼城神社鳥居。参道は雑草に覆われ。


大興寺境内にて
大興寺境内にて。


大興寺境内にて
ルールルルル…、呼びかけも空しく去りゆく。


玉川駅跡前
頼城駅から南へ約800mにあった玉川駅跡前。ここは頼城駅構内扱いで正式には停留所、三井芦別鉄道の南端にあたり、転車台が設けられていた。


玉川駅跡前
玉川駅跡前、国道からの駅跡入口に横たわる道路標識。おそらく”川岸”と書かれていたはず。


玉川駅跡
玉川駅跡前に残る横断歩道を示す道路標識。


玉川駅跡転車台跡
玉川駅南側の転車台跡。ここが三井芦別鉄道の末端にあたり、蒸気機関車を反転させる転車台を設けていた。


撮影日:2017年6月19日(月)

【参考サイト】
芦別物語
http://aatama.saloon.jp/index.html

FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター