清見潟

【旧東海道歩き 第28日目】清水駅→江尻宿→興津宿→由比駅



【2017年8月6日(日)旧東海道 江尻宿→興津宿】
江尻宿から江戸方へ向かって隣りの興津宿までの東海道は、駿河湾に浮かぶ三保の松原を望みながら海岸沿いを進む。特に清見潟には数多くの奇岩があって風光明媚な景勝地だったことから、明治から大正にかけて東海道筋には伊藤博文や松方正義、井上薫、西園寺公望といった明治政府を支えてきた元老の別荘があった。現在、清見潟はすっかり埋め立てられてしまい見る影もなくなっているが、西園寺公望の別荘「坐漁荘」が復元されて往時を偲ばせる。また、古代の清見潟には大和朝廷が東北の蝦夷に備えて清見関が設けられていた。その鎮護のため建立された仏堂を前身とするのが清見寺で、鎌倉期から江戸期にかけて隆盛を誇って天下十刹に数えられ、今も古代からの歴史に培われた風格を漂わせている。




ほそいの松
早いもので前回の歩き旅から3ヶ月、梅雨の季節を越えて日本列島は夏真っ盛り。江尻宿江戸方外れにある”ほそいの松”から旧東海道歩きを再開しよう。


西久保原交差点
西久保原交差点。かつては街道筋に松原が広がっていたはず。


松原観音堂・津島神社
西久保原交差点南西側にある松原観音堂・津島神社。


片側橋
国道1号に架かる片側橋。その名の通り片側にだけ欄干がある。


愛染川橋
片側橋から国道1号を北東へ約120m、愛染川橋。


愛染川橋
国道下を流れる愛染川。


袖師生涯学習交流館
袖師生涯学習交流館。夢舞台東海道「袖師ヶ浦」道標が立つ。


袖師交差点
袖師交差点。この辺りの東海道筋はかつて鈴木島という地名。静岡鉄道清水市内線(1975年廃止)に鈴木島停留所が設けられていが、今に鈴木島の地名を見ることは無い。


木嶋こうじ店
木嶋こうじ店。江戸時代後期に甘酒茶屋として開業、今は6代目が手作りこうじ味噌を製造販売している。

木嶋こうじ店
http://kijimakoujiya.com/


蜆川
袖師町と横砂西町の境を流れる蜆(しじみ)川。昔は蜆が多く採れたという。


横砂西町の名残り松
横砂西町の名残り松。


庵原川
横砂西町と横砂中町の境を流れる庵原川。江戸時代には橋を架けず、旅人は徒歩渡しで渡河していた。


庵原川
庵原川で憩うシラサギとカモたち。


横砂中町
横砂中町を行く東海道(国道1号)。


医王山東光寺
医王山東光寺。臨済宗妙心寺派の禅寺で、薬師如来(伝 行基作)を本尊とする。


横砂自治会館
横砂自治会館と大平山。


蘆崎神社
大平山麓に鎮座する蘆崎神社。横砂の氏神様。


横砂東町
横砂東町より国道1号東方向。右に分かれる道が旧道で、分岐点に横砂延命地蔵尊が祀られている。


横砂延命地蔵尊
横砂延命地蔵尊を安置する地蔵堂。


横砂踏切
横砂踏切で東海道本線を越え。


横砂東町
横砂東町の東外れで国道1号に合流し波多打(はたうち)川を渡る。高架橋は静清バイパス。


横砂東町
波多打川橋南詰より横砂東町の町並み。


波多打川
国道1号に並行して流れる波多打川。


波多打川橋
波多打川橋。


波多打川02
波多打川は古く角田川などと称し、歌枕の名所だった。南北朝時代に薩埵峠の戦いの際、足利尊氏が旗を立てたことから、旗打川と呼ばれるようになったと伝わる。


清見潟バス停
国道1号(東海道)、清見潟バス停付近。波多打川から東は静岡市清水区の興津清見寺町、かつて清見寺門前町として東海道往来の旅人と清見寺の参詣客で賑わった。万病に効くとされた万能膏を扱う店があり、店前に化粧をし着飾った男児を置いて万能膏を売らせ評判を得ていたという。


興津坐漁荘
興津清見寺町の国道1号(東海道)沿いにある興津坐漁荘。


興津坐漁荘
西園寺公望が大正時代に建てた興津坐漁荘。昭和45年(1970年)に博物館明治村(愛知県犬山市)に移築され、旧地に建てられているこの建物は平成16年(2004年)に復元されたもの。


興津坐漁荘玄関
興津坐漁荘出入口の玄関。


興津坐漁荘玄関
玄関では小さな”かぐや姫”がお出迎え。


興津坐漁荘女中室
女中さんたちが寝起きしていた女中室。


女中頭お綾さん
この笑顔が素敵な女性が女中頭の”お綾さん”。大正13年(1924年)西園寺家の小間使いとして入り、昭和3年(1928年)女中頭に。西園寺公望公の身辺を世話して最期を看取った。


興津坐漁荘女中室
広くはないが女中室にも品格が漂う。


興津坐漁荘台所
台所。女中さんたちが忙しく働く姿が目に浮かぶ。


興津坐漁荘応接室
来客をもてなした応接室とテラス。


興津坐漁荘テラス
こんなテラスでのんびり過ごす休日。贅沢なひと時。


興津坐漁荘テラス
かつては窓越しに清見潟の海岸を望めていた。


興津坐漁荘2階居間
興津坐漁荘の2階に上がって。畳敷きに床の間を設ける純和風な居間。


興津坐漁荘庭
2階より清見潟を望む。庭の先は清見潟の海岸跡。埋め立てられて昔を偲ぶのが難しい。


興津清見潟風景
清見潟の古写真。こんな海岸が坐漁荘裏に広がっていたのだ。


興津坐漁荘
興津坐漁荘を後に。


清見寺門前町の中心をなした清見寺へ↓

清見寺の正式名は巨鼇山清見興国禅寺(こごうさんせいけんこうこくぜんじ)。寺がある地は海岸に山が迫る要害地で、天武天皇の時代に清見関を設け東北の蝦夷に備えていた。鎌倉時代になると統治の中心が東国に移り、関所や清見寺は重要性が低下して衰退。鎌倉時代中期に関聖上人が寺を再興して足利尊氏の帰依を受け、室町時代になると駿河を領する今川家が外護した。徳川家康が幼少期に今川家の人質として駿府に居た頃、ここ清見寺で住職の太原雪斎に師事。江戸時代になってからは幕府より二百余石の朱印地を与えられ、約260年に渡り徳川家の帰依を受けた。

清見寺総門
国道1号に面して建つ清見寺総門。


清見寺門前町
清見寺参道より門前を行く国道1号(東海道)。


清見寺
東海道本線が境内を分断。


清見寺山門
慶安4年(1651年)建築の山門。右手に東海道本線が通っているため、山門から下ってきた石段が半ばで消失している。


清見寺仏殿
清見寺仏殿。


清見寺五百羅漢
仏殿左隣りの斜面には多くの石造仏が草むらから身を出す。清見寺の五百羅漢は天明8年(1788年)に彫造されたもの。


清見寺本堂
清見寺本堂。


清見寺本堂
拝観料300円を納めて本堂内部に。


清見寺本堂
清見寺は江戸期を通して朝鮮通信使の休憩所として利用され、書画や漢詩を通して通信使と地域住民との文化交流の場となった。本堂には朝鮮通信使が残した扁額や懸板を掲げる。平成6年(1994年)朝鮮通信使遺跡として国史跡に指定。


徳川家康手習いの間
本堂にある徳川家康手習いの間。柱や欄間、床、違い棚等は当時のものだという。


清見寺庭園
本堂裏手の清見寺庭園。江戸時代初期に山本道斉によって築庭されたと伝わる。国指定の名勝。


清見寺書院
書院の縁側に腰を下ろし日本庭園を眺めて、静かにゆっくりと流れる時を。


清見寺書院玉座
書院にある明治天皇御成りの間。玉座を設ける。書院は慶応3年(1867年)の建築。


清見寺潮音閣
休憩所となっている潮音閣。海岸線が遠のいて清見潟の波音は聞こえないが、彼方に三保松原を望める。


潮音閣より三保松原を望む
潮音閣より三保松原を望む。


清見寺裏門
潮音閣から眼下には東海道本線の列車が走り抜ける。


清見寺踏切
裏門へ通じる裏参道。境内に踏切があるのは珍しい。


大正天皇海水浴御成道
総門から海岸に向かって延びる大正天皇海水浴御成道。明治22年(1889年)皇太子だった後の大正天皇が清見寺に行啓し、清見潟へ海水浴に行く際に通られた道。正面奥の横断歩道辺りで道に勾配があり、ここが海岸線だったことがうかがえる。


大正天皇海水浴御成道
大正天皇海水浴御成道から清見寺。大正時代なら撮影場所のここは海の中。


清水清見潟公園
かつて海岸に大小の様々な岩が点在し、大正天皇も海水浴を楽しんだ清見潟。今となっては埋め立てられて公園に整備され、往時を偲びようもない。


FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター