FC2ブログ

蒲原宿

【2017年11月4日(土)旧東海道 由比宿→蒲原宿】
Hiroshige_nuit_de_neige_à_Kambara
東海道五十三次之内蒲原 夜之雪
ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典「蒲原宿」より引用

由比宿から江戸方に向かって約4kmも行けば蒲原宿、普通に歩けば1時間程度の距離で、この短い宿間に神沢・堰沢・中・小金といったい街村が町家を連ねていた。蒲原宿は元々海寄りの古屋敷と呼ばれる地にあったが、元禄12年(1699年)の大津波によって壊滅、山側の現在地に移転した。宿内町並み東西14町33間半(約1.6kmm)、天保14年(1843年)当時の人口2480人、家数509軒、うち本陣1、脇本陣3、旅籠屋42軒。京方より西町・柵(しがらみ)町・本町・天王町・八幡町・諏訪町と続く町並み。産物は海魚・食塩・魚油・藍・サメ等、名物は蒲原と吉原宿間の岩淵にあった茶屋で売られた栗の粉餅。広重は「東海道五十三次之内蒲原 夜之雪」の題で、しんしんと雪が降り積もる宿場町の情景を描いている。しかし、蒲原は太平洋駿河湾に面した温暖な地域にあり、雪が降り積もることが皆無に近いという。そのため、広重が描いた蒲原宿が何ゆえ雪景色だったのか、いまだ謎のままで答えは本人にしか知らぬことろなのである。




旧東海道 由比
由比宿を出て東へ。


神沢川酒造場
神沢川酒造場。大正元年(1912年)創業、代表銘柄は”正雪”。

神沢川酒造場
http://www.kanzawagawa.jp/


神沢川橋
神沢川酒造場横の神沢川に架かる神沢川橋。


神沢交差点
神沢交差点で旧東海道は静岡県道396号に合流。


神沢バイパス信号
神沢バイパスの下を潜り抜け。


旧東海道 蒲原神沢
蒲原神沢を行く旧東海道。


神沢バス停
県道396号、神沢バス停。


蒲原駅
由比宿と蒲原宿の中間地点に位置するJR蒲原駅。


伊豆川酒店
蒲原中の県道396号、伊豆川酒店付近。


一乗院北向不動尊
蒲原中の県道396号沿いにある一乗院北向不動尊。


県道396号 由比小金
由比小金を行く県道396号。


向田川橋
蒲原新田に入り向田川橋を渡る。


和歌宮神社参道
蒲原宿京方出入口の西木戸跡付近から和歌宮神社参道が延びる。


和歌宮神社
和歌宮神社は万葉歌人三十六歌仙の一人、山部赤人が創建したと伝わる。

田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ

山部赤人が詠んだ短歌、小倉百人一首にあり、知る人も多いことだろう。


西木戸跡・茄子屋の辻
蒲原宿京方出入口の西木戸跡。手前が京方の県道396号、旧東海道は横断歩道の先を左折、直進方向が元禄12年(1699年)以前の古道で、沿道一帯に古屋敷の字が残っている。また、江戸時代初期に青木の茶屋(茄子屋)があったことから、ここは”茄子屋の辻”とも呼ばれた場所で、承応2年(1653年)高松藩の槍の名人大久保甚太夫と、薩摩藩の大名行列の間で乱闘事件が起きている。


古屋敷
右の小路が古屋敷の古道。


蒲原宿西町
蒲原宿西町の町並み。


蒲原宿西町
西町で鉤の手に曲がる旧東海道。


増田家
西町にある増田家。”美しい格子戸の家”として解説板を掲げる。


蒲原宿柵町
府中屋付近、柵(しがらみ)町の町並み。


志田家住宅主屋
柵(しがらみ)町にある志田家。かつて”ヤマロク”という屋号で味噌・醤油を醸造する商家で、主屋は安政の大地震(1854年)直後に再建、国登録文化財に指定される。


志田家住宅主屋
”通り土間一列型”と呼ばれる町家形式の典型が見られる主屋1階。店の間にあたる。ここの御主人、志田威さんから話を聞く機会を得たのだが、志田さんは志田家住宅主屋を管理される一方で、東海道は53次ではなく、江戸日本橋から大坂高麗橋までの57次だったとの説を主張、本を発行し講演会を開催するなど精力的に活動されている。旧東海道を歩く私にとって志田さんの話はとても興味深く、志田さんが執筆された”東海道57次”を購入し読んでみた。日本橋に到着した後は、大津から大阪まで歩いて見たい。

国登録有形文化物・志田邸
http://kanbarasyuku.com/index.html


志田家醤油・味噌醸造場
志田家の醸造場も見学させてもらいました。


志田家住宅主屋
夕暮れを迎える志田家。


旧五十嵐歯科医院
このモダンな洋風建築は旧五十嵐歯科医院。元々の町家を洋風に増改築した建物で、こういった建築様式を擬洋風建築と呼ぶという。大正3年(1914年)に開業した歯科医院で、元宮内大臣の田中光顕伯爵も通院していた。平成12年に国登録有形文化財に指定。


御殿道跡
旧五十嵐歯科医院付近から海側に延びる道は御殿道跡。蒲原宿が元禄12年(1699年)の大津波で現在地へ移転する以前、この辺りには徳川家専用の休泊所である蒲原御殿があったとされる。御殿道は食料や生活用品を湊から運ぶために使われた直通の道だった。蒲原御殿の正確な位置はわかっていないが、海を背にして山を御殿山、ここから海に向かって下る道を御殿道と呼び名残を留める。蒲原御殿は寛永11年(1634年)の徳川家光上洛以降、使われなくなったという。


高札場跡
若宮神社参道入口左側、柵区会館のある場所が高札場跡。


磯部家
”手づくりガラスと総欅の家”を見出しにする解説板を置く磯部家。この建物は明治42年(1909年)建築で、高級木材の欅を柱や梁に存分に使い、二階の窓ガラスは当時最先端だった建築用材の板ガラスを使用、当時の高級住宅といえよう。


本町会館
蒲原宿の中心、本町を行く旧東海道。右手前が本町会館、その奥に続く板塀の場所に西本陣平岡家があった。


西本陣平岡家跡
西本陣平岡家跡。平岡家は明治11年(1878年)に京都へ転居しており、当時の建物を残していないが、跡地に大名が駕籠を置いたとされる御駕籠石が残っているらしい。ここより100m程東に東本陣(多芸家)もあったが江戸時代中期に途絶え、西本陣だけが幕末まで残った。


本陣跡と旅籠和泉屋跡
西本陣平岡家跡(右手前)の向かいには旧旅籠和泉屋(左)が残る。和泉屋は江戸時代に上旅籠で、現存する建物は天保年間(1830年~44年)の建築。


蒲原宿本町・天王町境
蒲原宿本町と天王町の境、用水路が流れている。


椙守稲荷神社
蒲原宿本町・天王町境の用水路上流に椙守稲荷神社が鎮座している。


問屋場跡
天王町に入って京方に振り返り。天王町の京方端には問屋場(写真右手)が設けられていた。


しまづふとん店
天王町にある”しまづふとん店”。


吉田家
僊菓堂(せんかどう)という屋号で和菓子を作る商家だった吉田家。”商家の面影を残す「塗り家造り」”として解説板を掲げる。なまこ壁を残す家の旧商家の佇まい、美しいの一言。


蒲原宿天王町
吉田家前、天王町を行く旧東海道。夕暮れ時の旧宿場は情緒があっていい。


佐藤家
八坂神社参道入口横にある佐藤家。こちらも”なまこ壁”が旧商家らしい雰囲気、元は佐野屋と称する商家だった。防火効果が高い”塗り家造り”という建築様式で、町家に多く見られた。


八坂神社
御殿山麓に鎮座する八坂神社。ここから登山道が延びているので、ちょっとだけ登ってみよう。


御殿山より眺望
御殿山中腹より蒲原市街を望む。


さくら吊り橋
登山道に架けられる”さくら吊り橋”。


蒲原宿夕景
蒲原宿に戻って。11月だけに日が暮れはじめると夜の訪れが早い。


渡邊家土蔵
渡邊家の土蔵(三階文庫)。渡邊家は「木屋」という屋号で材木商を営み、江戸時代末期に問屋職を務めていた。現存する土蔵は棟札から天保9年(1838年)の建築とされる。


東木戸跡
蒲原宿江戸方出入口の東木戸跡。ここで本日の旧東海道歩きは終い。


蒲原夜之雪記念碑
新蒲原駅へ向かう前に旧東海道を戻り蒲原夜之雪記念碑を見学。ここは広重が描いた蒲原の浮世絵を記念して整備された小公園になっている。


新蒲原駅
すっかり日が暮れた新蒲原駅から帰途につく。


【旧東海道歩き 第29日目】由比駅→由比宿→蒲原宿→新蒲原駅 歩行距離約10km
FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しまむー

Author:しまむー
自称りーまんな旅人。
千葉県在住。

Flashカレンダー
現在の行程

東海道 東海道を歩いてます。


1日目(2013/5/19)三条大橋→大津宿 MAP
2日目(2013/7/13)大津宿→草津宿 MAP
3日目(2013/7/14)草津宿→石部宿 MAP
4日目(2013/8/3)石部宿→水口宿 MAP
5日目(2013/8/4)水口宿→土山宿 MAP
6日目(2013/10/13)土山宿→坂下宿→関宿 MAP
7日目(2014/3/9)関宿→亀山宿→庄野宿 MAP
8日目(2014/5/3)庄野宿→石薬師宿→四日市宿 MAP
9日目(2014/5/4)四日市宿→桑名宿→七里の渡し跡 MAP
10日目(2014/6/8)七里の渡し跡→宮宿→鳴海宿 MAP
11日目(2014/11/2)鳴海宿→池鯉鮒宿 MAP
12日目(2015/4/4)池鯉鮒宿→岡崎宿 MAP
13日目(2015/5/23)岡崎宿→藤川宿 MAP
14日目(2015/7/19)藤川宿→赤坂宿→御油宿 MAP
15日目(2015/9/22)御油宿→吉田宿 MAP
16日目(2015/11/29)吉田宿→二川宿 MAP
17日目(2016/2/20)二川宿→白須賀宿→新居宿 MAP
18日目(2016/4/3)新居宿→舞坂宿→浜松宿 MAP
19日目(2016/5/6)浜松宿→見付宿 MAP
20日目(2016/5/7)見付宿→袋井宿 MAP
21日目(2016/6/25)袋井宿→掛川宿 MAP
22日目(2016/7/17)掛川宿→日坂宿→金谷宿 MAP
23日目(2016/10/8)金谷宿→島田宿 MAP
24日目(2016/10/9)島田宿→藤枝宿 MAP
25日目(2016/12/24)藤枝宿→岡部宿 MAP
26日目(2017/3/19)岡部宿→丸子宿→府中宿 MAP
27日目(2017/5/6)府中宿→江尻宿 MAP
29日目(2017/11/4)由比宿→蒲原宿 MAP
30日目(2018/2/11)蒲原宿→吉原宿 MAP

高札場
【川越街道 旅の報告】
2013年1月13日(日)
武蔵国板橋宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、川越城本丸御殿に到着しました!
川越時の鐘
【成田街道 旅の報告】
2012年7月8日(日)
下総国新宿を発ってから…
約5ヶ月の月日をかけて、成田山新勝寺・寺台宿に到着しました!
新勝寺大本堂と三重塔
【会津西街道街道 旅の報告】 2012年1月22日(水)
下野国今市宿を発ってから…
約1年6ヶ月の月日をかけて、
会津鶴ヶ城に到着しました!
鶴ヶ城
【 水戸街道 旅の報告 】 2010年5月5日(水)
武蔵国千住宿を発ってから…
約3ヶ月の月日をかけて、
水戸の銷魂橋に到着しました!
水戸弘道館
【 日光街道 旅の報告 】 2010年1月10日(日)
江戸日本橋を発ってから…
8ヶ月の月日をかけて、
東照大権現が鎮座される
日光東照宮に到着しました!
日光東照宮陽明門
【 中山道 旅の報告 】
2008年10月13日(月)
江戸日本橋を発ってから…
1年10ヶ月もの月日をかけて、 ついに京都三条大橋に到着しました!
京都三条大橋

応援のコメントありがとうございました。(^人^)感謝♪
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ブログ内検索
RSSフィード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター